初めての方におすすめな消費者金融TOP3
プロミス フリーキャッシング
モビット
アコム

消費者金融からの借金は相続しないといけないの?

もし、父親が消費者金融からの借金を残したまま亡くなった場合、その借金は相続人である遺族が支払うことになります。

一昔前までは消費者金融には「借り手保険」と呼ばれる生命保険があり、利用者が亡くなると保険会社から借入残高と同額の保険金が支払われるため、利用者の借金が遺族に背負わされることはありませんでした。

しかし、悪徳業者が返済の滞りがちになった利用者に対し、保険金から返済するために自殺を強いるような言動をしていたことが社会問題にまで発展し、道義的見地から借り手保険は禁止されました。
その結果、借金はすべて遺産となって遺族に相続されることになります。

ただ、借金があったとしても、それを上回る額の財産があれば問題はありませんが、財産が無かった場合は遺族の生活が破綻しかねません。

そこで民法では、遺産の相続に関して相続人に選択権を与えており、相続人は相続を拒否することができます。
これを「相続放棄」と言います。

相続放棄をすると、もともと相続人では無かったことと同様になり、被相続人のあらゆる借金や相続にかかる税金を支払う義務がなくなります。

相続を放棄する場合は相続開始を知った日から3カ月以内に家庭裁判所に申し立てなければなりません。
3カ月を過ぎると相続を承認したことになり、期限を知らなかった、借金が分からなかったなどという言い逃れは法律で認められません。

なお、相続放棄で注意が必要なのは、被相続人の借金を被相続人の財産から一部でも返済してしまうと相続を承認したと看做されるため、放棄したのなら3か月間は請求があっても何もしないことが肝心です。

ところで、遺産相続を行う際に相続人が複数いた場合、借金の相続は法定相続分に則って各人が相続することになります。

仮に、被相続人の借金が300万円あり、相続人が母親と子ども2人だった場合は、母親が150万円、子どもがそれぞれ75万円を相続することになります。

この比率は預貯金などの相続比率と同じです。

ただ、遺産分割は相続人全員の総意でもって、法定相続分とは異なる分割をすることができます。
例えば、母親が借金を全部肩代わりする代わりに財産もすべて母親が相続すると言うことも法律では可能です。

母親が全部相続しても借金は法定相続が優先されることから、消費者金融から子ども達に法定相続分の借金である75万円の返済の請求が来た場合、子ども達は支払いを拒否することができず、遺産分割協議書でもって対抗することもできません。

その際は子ども達が相続分の借金を返済し、その金額を母親に求償するしかありません。
そうならないためにも、事前に消費者金融に了解を求めておくことが賢明です。

ちなみに、被相続人に財産があるのに借金の方が多いことで相続人全員が相続を放棄すると、法律上の「相続財産法人」が成立することになり、家庭裁判所から選任された相続財産管理人が被相続人の所有していた金銭債権を清算し、各債権者に分配します。

大手カードローン一覧

1位:プロミス フリーキャッシング

・平日はもちろん、土日祝日も即日融資が可能
・家族に知られたくない
・在籍確認について
・「フリーキャッシング」、「レディースキャッシング」がカードローン商品です
・初めて方にはプロミスがおすすめ
・プロミス申込に必要な書類
・一般的な申込みフロー

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
4.5%〜17.8%最短30分最短1時間融資も可能SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

2位:アイフル

・平日はもちろん、土日祝日も即日融資が可能
・家族に知られたくない
・アイフルにも無利息サービスがあります
・女性向けの「SuLaLi」もあります
・アイフル申込に必要な書類
・定期的な収入があればパート・アルバイト・派遣社員の方も借入可能です

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
4.5%〜18.0%最短30分可能アイフル株式会社

3位:アコム

・平日・土日祝日ともに即日融資が可能
・郵送NO!必要書類もアップロードでOK!
・「むじんくん」と提携ATMは全国に多数あります
・30日間金利0円サービスがあります
・アコム申込に必要な書類
・便利なアプリ「アコムナビ」が使えます

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
3.0%〜18.0%最短30分可能アコム株式会社

4位:プロミス レディースキャッシング

・平日はもちろん、土日祝日も即日融資が可能
・家族に知られたくない
・在籍確認について
・「フリーキャッシング」、「レディースキャッシング」がカードローン商品です
・初めて方にはプロミスがおすすめ
・プロミス申込に必要な書類
・一般的な申込みフロー

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
4.5%〜17.8%最短30分最短1時間融資も可能SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

5位:モビット

・19時までに申込完了、20時頃までに審査通過連絡をもらえれば即日融資可能。土日もOK
・在籍確認で勤務先への電話連絡がない「WEB完結」申込とは
・利用明細書の発行を会員専用サービス「Myモビ」からストップできます
・ATMを利用するなら、三井住友銀行がお得
・モビット申込に必要な書類
・借入れ金額は1万円から〜最大800万円まで可能です
・モビット公式のスマホアプリがダウンロード出来ます

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
3.0%〜18.0%最短30分可能
※1. 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※2. 14:50までの振込手続完了が必要です。
※3. 審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。
株式会社モビット

6位:オリコ クレスト

・個人向けのカードローンです
・即日融資は不可能、借入まで最短5営業日かかります
・オリコ クレスト申込に必要な書類
・選べる返済方法
・借入方法は銀行振込とATMの2つ
・所得証明書が必要なケースについて
・「eオリコサービス」により、明細書の送付も停止できます

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
4.5%〜18.0%可能(平日なら13時30分までの受付で即日審査)不可。最短5営業日。株式会社オリエントコーポレーション

7位:新生銀行カードローン レイク

・即日融資も可能
・ほとんどの借入・返済手段が手数料無料です
・レイクには無利息期間があります
・レイク申込に必要な書類
・レイクもカードレスが可能
・レイクを利用すれば、新生銀行での振込手数料が無料になる

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
4.5%〜18.0%審査結果をすぐに画面上で確認できます可能株式会社新生銀行

8位:オリコ事業主ローン「CREST for Biz」

・個人事業主専用のローンカードです
・審査は数日かかります
・利用中の銀行振込なら最短即日で対応できます
・”返済”時のATM手数料は無料
・明細書の送付も停止できる

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
6.0%〜18.0%不明不明株式会社オリエントコーポレーション

9位:ビジネクスト

ビジネクストはあまり聞きなれない名前ですが東京都にある2001年に設立された、 アイフル グループのビジネスローン専門会社です(三井住友信託銀行との合弁による)。 資金使途は事業用のみとなっていますので、 総量規制 の対象外です。 一般個人の方の申込は不可能となっています(自営業者はOK)。 つなぎ資金などの資金繰りに利用される方が多いです。 商品は多岐にわたりますが、代表的なものは無担保・有・・・

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
8.0%〜15.0%(利用限度額100万円以上)
13.0%〜18.0%(利用限度額100万円未満)
不明不可(3日程度(土日祝日を除く))ビジネクスト株式会社

スポンサーリンク

<<前のページへ   次のページへ>>