消費者金融系TOP3
プロミス フリーキャッシング
モビット
アイフル

プロミスの「Web完結」とは

プロミスモビットは、「Web完結」という申込方法を採用しているカードローンです。
それぞれ内容は少し異なりますが、共通していることはカードなし(カードレス)であることです。

カードローンを申し込んだ方の中には、他の人、特に家族にばれたくないという希望を持った方が少なくありません。
そのような方にはカード現物は不要(邪魔)になります。

どこかに隠すことはできるものの、郵送されること自体が面倒なので、カードの発行自体をなしにしてほしいと思うのです。

プロミスの「Web完結」はその名の通りweb上だけで手続きが終わる申込方法ということなります。
契約手続きには本人確認書類の提出や契約内容の確認がありますが、これもメールによる画像送信やアプリを介して行うことができます。
カード自体をなくすことで郵送や自動契約機に出向く必要もありません。

一方でモビットの「WEB完結」もweb上だけで手続きが終わるという点は同じですが、申込条件と在籍確認の方法が限定されています。

ここではプロミスの「Web完結」を中心に、モビットの「WEB完結」と比較しながら説明していきます。
モビットの「WEB完結」については下記リンクを参照してください。

モビットの「WEB完結」とは

プロミスは一部の銀行で土日祝日でも銀行振込が可能

プロミスの「Web完結」もモビットの「WEB完結」も、申込から契約までweb上で行うことができます。
カードが発行されないため、借入は銀行振込オンリーになります。

プロミス三井住友銀行あるいはジャパンネット銀行の口座を持っているなら、土日祝日も24時間振込対応可能です。
インターネットバンキングで提携しているため可能なのです。

しかし、それ以外の銀行の口座しか持っていないなら土日祝日の銀行振込ができませんので、借入自体ができないことになります。
振込手続きを行った場合、翌営業日での振込になります。

一方でモビットプロミスのようなインターネットバンキングで提携している銀行がありませんので、土日祝日の銀行振込はどこも不可能です。

プロミスモビットともにカード発行申込であれば土日祝日でも借入可能となっています。

プロミスは「Web完結」の申込要件に制限がない

モビットの「WEB完結」は申し込むための条件があり、次のどちらも満たす必要があります。プロミスの「Web完結」にこのような条件はありません。

なぜモビットにこのような条件があるかというと、勤務先への電話連絡を行わないためです。

保険証などの書類による在籍確認になりますが、電話による在籍確認と同程度の信用を確保するため、このような書類の提出が必要となります。

電話による在籍確認には抵抗がある方が多いと思いますが、それに代わる方法となるとそれなりに手間がかかってしまうのです。

モビットは原則、電話がかかってこない

通常、どこのカード会社でも申込後は、申込の意思確認と電話番号が有効であるかの確認のために電話がかかってきます。

さらに審査通過の連絡があり、その後の手続きの説明などが行われます。
計2回、電話をかけてくるカード会社が多いです。

しかし、モビットの「WEB完結」は最初の電話も審査結果の電話連絡もなく、メールでの連絡となっています。
ただこれは申込事項に全く問題がなかったときのことで、不明な点があれば電話はかかってきます。

プロミスはそのような決まりはなく、原則、電話連絡を行います。

携帯電話の番号があれば通常はそちらにかかってきますのでそれほど厄介なものではありませんが、それすらやめてほしいという方はモビットがベターだと思われます。

モビットの「Web完結」は在籍確認を書類で行うと決まっている

プロミスモビットはじめ、どこのカード会社でも申込時の審査に在籍確認が含まれます。
オーソドックスな在籍確認は、カード会社の担当者が申込者の勤務先に電話をかけ、本当にその会社に在籍しているかを確認することです。

基本的に苗字だけ名乗り、本人が出ても出なくても、在籍していると確認がとれればそれで終わりとなります。

この在籍確認が職場環境によっては困る方がいたり、その日に急ぎで借りたいのに勤務先が休みである方には悩ましいことになります。

モビットの「WEB完結」ではこの在籍確認方法を”書類で”行うことができます。

”書類”とは社会保険証や組合保険証をはじめとしたもののことで、そのためサラリーマンや公務員のみ申込可能となっています。

社会保険証などは会社に属している方にしか発行されません。
それを確認することをもって、勤務実態があるとみなすのです。

プロミスの在籍確認は原則、電話による方法となります。
ただ前述のような職場環境や休日のため在籍確認が難しい場合は、インターネットから申込後にプロミスへ電話を行うことで相談することが可能であるとプロミスHPでも推奨されています。

借入・返済方法の手段が少なくなる

プロミスモビットともに、カードが発行されないため借入・返済の手段が限られることになります。

モビットは借入・返済ともにATMを使うことができず、そうなるとデメリットは、適時の”返済”ができないことです。
返済をこまめにできないことは支払利息を圧縮できないことになります。

プロミスはカードなしであってもプロミス自社ATMでなら返済のみ可能です。
その際は「会員番号」が必要になりますので、メモに控え持っておくとよいでしょう。

カードなしの借入方法は銀行振込のみ、返済方法は銀行引き落としが主な利用手段となります。

プロミスをカードレスで利用する

利用明細書の発行が困る場合は、会員画面から手続きが必要

プロミスはカードあり・なしかかわらず、次の場合に利用明細書が送られてきます。ちなみにカード発行の場合は提携ATMでも利用明細書が郵送される可能性があります。
プロミス自社ATMは郵送されません(その場で発行されます)。プロミスのカードレスの場合、ATM取引は返済のみ可能ですが(自社ATMのみ)、ATM取引であればその場で利用明細書が発行されます。
上記の取引の場合その場で発行することができませんので、郵送で発行することになってしまうのです。
この利用明細書は法律で発行しなければならないことが決まっており、発行自体なしにすることはできません。

家族バレを気にする方にとっては厄介なことですが、会員画面から「web明細登録」を手続きすれば、郵送されてくる明細書をweb上で確認できるようになるため、郵送をなしにすることができます。

この「web明細登録」は無利息期間スタートの条件になっていますので、契約完了後に忘れずに手続きしておきましょう。

カードなしでできることは、カードありなら全てできる

これまで説明してきたことの内容には、カードありでできて、カードなしでできないことの紹介も含まれています。
プロミスにおいては、その逆はありません。

つまり、カードなしでできて、カードありにできないことはないのです。
カードありのほうがカードは邪魔かもしれませんが、その分借入・返済方法も幅が広がります。

例えばカードなしは、三井住友銀行あるいはジャパンネット銀行の銀行口座がなければ、土日祝日の借入はできません。
その場合はカード発行申込にしておいて、普段はどこかにカードを置いておくという方法もありだと思います。

但し後になってカードが必要になった場合は、後日、カードを発行してもらうこともできます。
自身に合った使い方を考えてみましょう。

プロミス

1位:プロミス フリーキャッシング

・平日はもちろん、土日祝日も即日融資が可能
・家族に知られたくない
・在籍確認について
・「フリーキャッシング」、「レディースキャッシング」がカードローン商品です
・初めて方にはプロミスがおすすめ
・プロミス申込に必要な書類
・一般的な申込みフロー

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
4.5%〜17.8%最短30分最短1時間融資も可能SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

2位:プロミス レディースキャッシング

・平日はもちろん、土日祝日も即日融資が可能
・「フリーキャッシング」、「レディースキャッシング」がカードローン商品です
・初めて方にはプロミスがおすすめ
・プロミス申込に必要な書類
・一般的な申込みフロー

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
4.5%〜17.8%最短30分最短1時間融資も可能SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

<<前のページへ   次のページへ>>