初めての方におすすめな消費者金融TOP3
プロミス フリーキャッシング
モビット
アコム

派遣社員がカードローンで借入するには

結論から言うと、派遣社員やアルバイト・自営業者のカードローン作成はサラリーマンと比較すると難しいです。

自営業者がカードローンで借入するには

短期的な収入目的で働いてる方が多いため、すぐに辞める方も多くいます。
その為、収入の安定面でカードローン会社から見ると不安があるのです。

しかし、カードローンを作ることができないわけではありません。
プラス評価になる条件がいくつかあります。

過去に事故がないことが望ましい

新規申込の際は、申込時の内容とともに信用情報機関に申込者の金融履歴が照会されます。
これがひとつの壁であり、突破できれば在籍確認へと移行できるわけです。

このとき、現在のクレジットカード枠やカードローン枠などの金融に関する情報と、過去に延滞や自己破産などの金融事故がなかったかチェックが入ります。

これで事故があれば、新規契約はほぼ絶望的でしょう。
この場合は派遣社員・アルバイトで元々不利だからということは関係なく、正社員でも審査に落とされます。
金融事故の記載は、それほど信用を失うことなのです。

さらに審査通過の可能性を広げるなら、クレジットカードの利用履歴が記載されていることが望ましいです。
ここでのクレジットカード利用とはショッピングに関してであり、キャッシングではありません。
クレジットカードのショッピング利用は、現代のごく普通な社会生活を送る上では便利なもので、マイナスの評価を受けずむしろプラスに評価されます。

一方でクレジットカードのキャッシング枠利用や、既に他社カードローンを持っていることはマイナスに評価されます。
これらは現金を直接借入することですので、手元に現金がない→貯金がない、と判断されます。

申込時の入力で注意すべきこと

派遣社員やアルバイト・自営業者の方は、申込時の入力画面で項目が空白になる部分が、サラリーマンの場合と比べると発生しやすいです(所属部署などの勤務先情報)。

空白のままではエラーが出て次に進めない場合が多いため、ハイフンなどを入れる方も多いですがこれはやめておきましょう。

なければ”特になし”と入力し、勤務先情報については調べられることは調べましょう。
これは必須入力でなく任意入力であっても、です。

また、年収を少し多めに書いたり借入額を少な目に書いたりする方がいますが、これも絶対ばれないという保障はありません。
もしウソがばれた場合は、その時点で審査落ちとなることが非常に多いので、あくまで正直に書くことが鉄則です。

派遣社員の在籍確認

派遣社員の場合、派遣”元”と派遣”先”、2つの勤務先のどちらを入力すべきか迷う方もいると思います。

まず勤務先には派遣”元”を入力しましょう。
その場合、その後に在籍確認に進むことができると、派遣”元”に在籍確認の電話が行われることになります。
通常は、これで在籍確認ができるはずですが、派遣”先”に電話してもらった方が確実だという方もいるでしょう。

この場合は、申込後の電話確認でその希望を伝えるか、所属部署欄があればそちらに派遣”先”を記入してもよいでしょう。
派遣”先”を勤務先欄に書くことが間違いではないですが、この場合確実に在籍確認が取れることが望ましいです。

申込時の入力事項は、カードローン会社の担当者が目を通しますので、ある程度なら臨機応変に書くことができます。

アルバイトの在籍確認

コンビニ勤務などの場合はその店舗について記入しましょう。
本社ではなく、その店舗の所在地、電話番号などです。

在籍確認の電話をかけてこないでほしいと思う方が多いのですが、これを回避できるカード会社はありません。

在籍確認の電話を回避したい

派遣社員でもアルバイトの方でも、在籍確認が派遣”元”や派遣”先”、または店舗に対して行われるため、あまり良い気持ちのしない申込者の方もいると思います。
もし社会保険に加入しているなら、在籍確認を書類で済ませることができるかもしれません。

この書類での在籍確認はモビットアイフルアコムなどの大手消費者金融で行われています。
最低でも社会保険や組合保険に加入している必要があるのですが、これらの保険の加入は一定の勤務時間を必要としているため安定収入とみなされるためです。

モビットのWEB完結のみ書類での在籍確認を初期設定で行っていますが、他2社は電話で相談が必要です。
書類での在籍確認は、電話での在籍確認に比べて信用度が必要になりますので、確実に要望を聞き入れてもらえるわけではなく、あくまでカード会社の判断によるということを理解しておきましょう。

全ての属性を総合的に判断して合否が決まる

非正規社員であれば不利であることは間違いないですが、それだけで審査で大減点となることはありません。

例えば実家に住んでおり家賃が負担がない、勤務年数が長い、カードローン初申込であったりは十分カード会社が好む属性です。

カードローンの審査方法について

また、久しぶり・初めての借入である場合は銀行系カードローンに申し込みたいところですが、消費者金融系カードローンの方が審査の通過ハードルは低いと言えます。

さらに希望額を多めに書かないことです。
総量規制では年収の3分の1まで借入可能となっていますが、多くても希望限度額10万円程度に抑えて申込をすることをおすすめします。

大手カードローン一覧

1位:プロミス フリーキャッシング

・平日はもちろん、土日祝日も即日融資が可能
・家族に知られたくない
・在籍確認について
・「フリーキャッシング」、「レディースキャッシング」がカードローン商品です
・初めて方にはプロミスがおすすめ
・プロミス申込に必要な書類
・一般的な申込みフロー

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
4.5%〜17.8%最短30分最短1時間融資も可能SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

2位:アイフル

・平日はもちろん、土日祝日も即日融資が可能
・家族に知られたくない
・アイフルにも無利息サービスがあります
・女性向けの「SuLaLi」もあります
・アイフル申込に必要な書類
・定期的な収入があればパート・アルバイト・派遣社員の方も借入可能です

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
4.5%〜18.0%最短30分可能アイフル株式会社

3位:アコム

・平日・土日祝日ともに即日融資が可能
・郵送NO!必要書類もアップロードでOK!
・「むじんくん」と提携ATMは全国に多数あります
・30日間金利0円サービスがあります
・アコム申込に必要な書類
・便利なアプリ「アコムナビ」が使えます

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
3.0%〜18.0%最短30分可能アコム株式会社

4位:プロミス レディースキャッシング

・平日はもちろん、土日祝日も即日融資が可能
・「フリーキャッシング」、「レディースキャッシング」がカードローン商品です
・初めて方にはプロミスがおすすめ
・プロミス申込に必要な書類
・一般的な申込みフロー

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
4.5%〜17.8%最短30分最短1時間融資も可能SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

5位:モビット

・19時までに申込完了、20時頃までに審査通過連絡をもらえれば即日融資可能。土日もOK
・在籍確認で勤務先への電話連絡がない「WEB完結」申込とは
・利用明細書の発行を会員専用サービス「Myモビ」からストップできます
・ATMを利用するなら、三井住友銀行がお得
・モビット申込に必要な書類
・借入れ金額は1万円から〜最大800万円まで可能です
・モビット公式のスマホアプリがダウンロード出来ます

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
3.0%〜18.0%最短30分可能
※1. 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※2. 14:50までの振込手続完了が必要です。
※3. 審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。
株式会社モビット

6位:オリコ クレスト

・個人向けのカードローンです
・即日融資は不可能、借入まで最短5営業日かかります
・オリコ クレスト申込に必要な書類
・選べる返済方法
・借入方法は銀行振込とATMの2つ
・所得証明書が必要なケースについて
・「eオリコサービス」により、明細書の送付も停止できます

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
4.5%〜18.0%可能(平日なら13時30分までの受付で即日審査)不可。最短5営業日。株式会社オリエントコーポレーション

7位:新生銀行カードローン レイク

・即日融資も可能
・ほとんどの借入・返済手段が手数料無料です
・レイクには無利息期間があります
・レイク申込に必要な書類
・レイクもカードレスが可能
・レイクを利用すれば、新生銀行での振込手数料が無料になる

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
4.5%〜18.0%審査結果をすぐに画面上で確認できます可能株式会社新生銀行

8位:オリコ事業主ローン「CREST for Biz」

・個人事業主専用のローンカードです
・審査は数日かかります
・利用中の銀行振込なら最短即日で対応できます
・”返済”時のATM手数料は無料
・明細書の送付も停止できる

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
6.0%〜18.0%不明不明株式会社オリエントコーポレーション

9位:ビジネクスト

ビジネクストはあまり聞きなれない名前ですが東京都にある2001年に設立された、 アイフル グループのビジネスローン専門会社です(三井住友信託銀行との合弁による)。 資金使途は事業用のみとなっていますので、 総量規制 の対象外です。 一般個人の方の申込は不可能となっています(自営業者はOK)。 つなぎ資金などの資金繰りに利用される方が多いです。 商品は多岐にわたりますが、代表的なものは無担保・有・・・

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
8.0%〜15.0%(利用限度額100万円以上)
13.0%〜18.0%(利用限度額100万円未満)
不明不可(3日程度(土日祝日を除く))ビジネクスト株式会社

<<前のページへ   次のページへ>>