初めての方におすすめな消費者金融TOP3
プロミス フリーキャッシング
モビット
アコム

収入が年金のみの人は消費者金融からお金を借りられるの?

収入が年金のみの場合は、借入先かなり数が限られます

日本は高齢化社会だけに、会社を定年で退職し、その後の収入は年金だけという「年金生活者」が非常に多くなっています。

その年金生活者が消費者金融にカードローンの申込をすることがありますが、大手消費者金融で年金生活者の申込を受け付けているところはほとんどありません。

消費者金融カードローンの利用条件は安定収入であり、上限年齢も70歳未満が一般的であるため、安定した収入である年金を受けている65歳の人は利用条件に抵触していませんが利用できないのが実態です。

なお、大手消費者金融4社であるプロミスモビットアイフルアコムは、収入が年金のみの場合は契約できないとしています。

そこには、「借り手保険」の廃止が影響しています。

過去、消費者金融が「借り手保険」に加入していた時は、利用者が死亡しても保険金によって残債を回収することができました。
しかし道義的な批判を受けて廃止されたため、仕事を辞めたことによる体力的な衰えから健康面でのリスクの高い年金生活者への貸出を避けている面は否めません。

ちなみに、銀行カードローンは保証会社の保証を受けていることから年金生活者への貸出を行っているところが少なくありません。
しかし、銀行カードローンの場合は上限年齢を60〜65歳としているところが非常に多く、厚生年金は60歳から受給が可能ですが、老齢基礎年金の支給年齢は65歳なので、利用したくても年齢制限のために利用できません。

年金生活者の借入は厳しいのが実状です。

公的な融資を利用する

どうしてもお金が必要な場合は、公的な融資制度を利用する手があります。
ただし、民間のカードローンと比較すると融資スピードは圧倒的に遅いです。
即日融資はほぼできませんので、入用だと思ったらすぐに申し込むことが大切です。

その分、利率は非常に低いので安心して利用することができます。

生活福祉資金貸付制度

生活福祉資金貸付制度は次にような方を対象にした融資制度です。社会福祉協議会が受付窓口となっており、「(自治体名) 社会福祉協議会」で検索すれば場所がわかります。
基本的にはそちらへ出向いて相談することになります。

不動産担保型以外は連帯保証人を原則必要としていませんが、なしの場合は年1.5%の金利がかかります。
これは民間のカードローンと比較すると破格の低さです。
連帯保証人を立てることができれば無利息です。

融資実行までの期間はおよそ1か月ほどとなっています(「緊急小口資金の場合は1週間程度)。

また返済まで民生委員の支援もありますので、借入中の疑問や生活の悩みも相談できます。
この支援・相談は拒否することはできず、融資条件の一つにもなっています。

資金使途と利息

資金使途は大きく分けて4つに分類できます。
総合支援資金
毎月の生活費や住居の賃貸契約にかかる資金、生活の立て直しに必要な資金に充てることができます。

毎月の生活費の場合、世帯人数により貸付額は変動し(二人以上なら月20万円以下、単身なら15万円以下)、最長12か月に渡って融資を受けることができます。

住居の賃貸契約に充てる場合は、新規契約時の敷金や礼金での支払いに使うことができます。
この場合一時金での融資となり、貸付限度額は40万円以下です。

生活の立て直しに必要な資金とは、就職・転職時の技能習得資金や滞納している公共料金の立て替え費用、債務整理時の必要経費などに充てることができます。
この場合貸付限度額は60万円になります。

債務整理時の必要経費ですが、実際に他にも債務(借金)がある場合、生活福祉資金貸付制度で借入を行うことは非常に困難であることが知られています。
債務整理時はほぼ弁護士などを立てて行うことになりますが、必要経費がかかれた書類や弁護士との連絡が必須になると思われますので、本人だけで借入を行うことは難しいでしょう。

利息は、連帯保証人を立てた場合は無利息になりますが、いない場合は年1.5%になります。
福祉資金
福祉資金については資金使途の範囲が広がり、一例として次のような資金として利用することができます。資金の上限額は580万円となっており、返済期間も最長で約20年ほどです。
利息は、連帯保証人を立てた場合は無利息になりますが、いない場合は年1.5%になります。
相談の際には、資金使途に関する見積書などが必要になることもあります。

また、「緊急小口資金」という緊急時の資金貸付も行っており、一時金として10万円が限度になります
教育支援資金
教育支援資金は、低所得世帯の子供の就学に関する費用に充てることができます。
入学費や定期的な学費に充てることができ、入学時の一時金の場合なら上限50万円、月々での貸付なら限度額は3.5万円から6.5万円ほどになります。

融資相談時には学校のパンフレットや合格証明・在学証明、学費がわかる資料などが必要になります。

教育資金に関してのみ保証人は不要となりますが、無利息となります。
不動産担保型生活資金
これは土地や建物を持っている方に対し、それらを担保として融資を行います。
融資利率はおよそ年3%となっています。
融資額は土地・建物の70%ほどが限度となっています。

年金を担保にすることは原則、違法です

国民年金、厚生年金をはじめとして公的年金には様々な種類がありますが、公的年金を担保として融資を行うことは法律で禁止されています。
一方で、他の法律で可能であることを定めれば違法にはならないことにもなっています。

現在、日本では公的年金を担保にして融資を行ってもよいとされている機関は次の2つになります。どちらも公的年金を担保対象としていますが、福祉医療機構は恩給と共済年金が担保対象になりません。
一方で日本政策金融公庫はそれらを担保対象としています。
利用者の数でいえば、福祉医療機構の方が多いでしょう。

それぞれ近隣に支店がないことから、申込方法がわからない方や存在すら知らなかったという方も多くいます(それぞれの申込方法は後述します)。
そのため、紹介を名目として手数料や斡旋料を取る業者や人間がいますが、これは違法行為ですので注意してください。

独立行政法人福祉医療機構(WAM)

担保対象となる年金
担保の対象となる年金を受けていることがまず条件となります。

公的年金の代表的なものとして、国民年金、厚生年金があります。
この中の種別として、老後に給付される”老齢年金”、一定の障害を受けた時に給付される”障害年金”、配偶者を亡くした時に給付される”遺族年金”がありますが、どれも担保対象となります。

なお、公的年金が対象ですので企業年金や個人年金は担保対象になりません。
また国民年金基金、厚生年金基金も対象になりません。
借入の申込方法
年金を受け取っており、「独立行政法人福祉医療機構代理店」と表示されている、銀行や信用金庫の窓口で行うことができます。
店舗に借入申込書がありますので、本人が書類に記入して窓口で申込手続きを行います。

なお、ゆうちょ銀行や農協・労金では申込ができません。
ゆうちょや農協・労金で年金を受け取っている場合は、銀行あるいは信金に受取口座を変更してから申し込むということになります。
融資金額
融資金額は10万円から200万円の範囲となりますが、上限は受給している年金の8割までとなります
@例えば年額200万円を受給しているなら、160万円が借入上限となります。
A但し、資金使途が「生活必需物品の購入」ですと、上限はさらに低くなって80万円になります。

これは民間の消費者金融や銀行融資でも同じですが、資金使途が生活費になると返済に苦労する傾向があるためです。
生活費のねん出に苦労しているということは、返済にも苦労すると考えられます。

Bまた、相談時に返済シミュレーションを行いますが、1回あたりの返済額の15倍が上限になります。

もっとも低い上限額が融資対象額となります。
資金使途
生活費から医療費、介護費、住宅改修費、冠婚葬祭費など私生活の面ではもちろん利用できます。
さらに、事業費や借金の一括整理にも利用できるため、かなり幅広い資金使途を認めています。

借入申込の際には資金使途の証明のため、見積書などの提出が必要になります。
融資利率
平成28年4月現在の利率は次のようになっています。消費者金融系のカードローンが利率18.0%で、銀行系カードローンが15%程度であることを考えると、有担保・無担保の違いはありますが、かなり低い利率となっています。
融資実行までの日数
お近くの銀行か信金で申込を行うわけですが、申込の締め切りは月に3回あり、申込から融資実行までは4週間ほどかかります(平成28年下半期の申込締切日と融資実行予定日)。
カードローンが最短当日融資であることを考えると、非常に長い期間となります。

なお、返済が始まるのは融資実行受けた月の、翌々月以降の偶数月となります。
返済方法
融資実行後は、年金の振込は全額分を独立行政法人福祉医療機構が受け取ることになります。
振り込まれた年金から返済額分を徴収し、残りの分を債務者へ渡すことになります。

民間の金融機関ではありえない返済方法ですが、国が法律で認めた金融機関であり、融資方法ですのでこのような形をとることができます。

株式会社日本政策金融公庫

担保対象となる年金
年金融資は2種類あり、それぞれ担保となる年金の対象が異なります。
借入の申込方法
申込はお近くの日本政策金融公庫の支店にて行っています(支店一覧)。
融資金額
[1]、[2]ともに250万円までですが、[1]は年金の年額3年分以内が上限となり、[2]は年金の年額の2.2年分以内が上限となります。
さらに[2]は、資金使途が生活資金の場合は、上限が100万円になります。
資金使途
基本的に資金使途は問いませんが、上述の通り[2]は生活費である場合、上限額が低くなります。
事業費に使用してもOKです。
融資利率
融資実行までの日数
およそ1か月ほどと言われています。
返済方法
返済まで日本政策金融公庫が年金を受け取ることになります。

大手カードローン一覧

1位:プロミス フリーキャッシング

・平日はもちろん、土日祝日も即日融資が可能
・家族に知られたくない
・在籍確認について
・「フリーキャッシング」、「レディースキャッシング」がカードローン商品です
・初めて方にはプロミスがおすすめ
・プロミス申込に必要な書類
・一般的な申込みフロー

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
4.5%〜17.8%最短30分最短1時間融資も可能SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

2位:アイフル

・平日はもちろん、土日祝日も即日融資が可能
・家族に知られたくない
・アイフルにも無利息サービスがあります
・女性向けの「SuLaLi」もあります
・アイフル申込に必要な書類
・定期的な収入があればパート・アルバイト・派遣社員の方も借入可能です

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
4.5%〜18.0%最短30分可能アイフル株式会社

3位:アコム

・平日・土日祝日ともに即日融資が可能
・郵送NO!必要書類もアップロードでOK!
・「むじんくん」と提携ATMは全国に多数あります
・30日間金利0円サービスがあります
・アコム申込に必要な書類
・便利なアプリ「アコムナビ」が使えます

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
3.0%〜18.0%最短30分可能アコム株式会社

4位:プロミス レディースキャッシング

・平日はもちろん、土日祝日も即日融資が可能
・「フリーキャッシング」、「レディースキャッシング」がカードローン商品です
・初めて方にはプロミスがおすすめ
・プロミス申込に必要な書類
・一般的な申込みフロー

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
4.5%〜17.8%最短30分最短1時間融資も可能SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

5位:モビット

・19時までに申込完了、20時頃までに審査通過連絡をもらえれば即日融資可能。土日もOK
・在籍確認で勤務先への電話連絡がない「WEB完結」申込とは
・利用明細書の発行を会員専用サービス「Myモビ」からストップできます
・ATMを利用するなら、三井住友銀行がお得
・モビット申込に必要な書類
・借入れ金額は1万円から〜最大800万円まで可能です
・モビット公式のスマホアプリがダウンロード出来ます

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
3.0%〜18.0%最短30分可能
※1. 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※2. 14:50までの振込手続完了が必要です。
※3. 審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。
株式会社モビット

6位:オリコ クレスト

・個人向けのカードローンです
・即日融資は不可能、借入まで最短5営業日かかります
・オリコ クレスト申込に必要な書類
・選べる返済方法
・借入方法は銀行振込とATMの2つ
・所得証明書が必要なケースについて
・「eオリコサービス」により、明細書の送付も停止できます

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
4.5%〜18.0%可能(平日なら13時30分までの受付で即日審査)不可。最短5営業日。株式会社オリエントコーポレーション

7位:新生銀行カードローン レイク

・即日融資も可能
・ほとんどの借入・返済手段が手数料無料です
・レイクには無利息期間があります
・レイク申込に必要な書類
・レイクもカードレスが可能
・レイクを利用すれば、新生銀行での振込手数料が無料になる

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
4.5%〜18.0%審査結果をすぐに画面上で確認できます可能株式会社新生銀行

8位:オリコ事業主ローン「CREST for Biz」

・個人事業主専用のローンカードです
・審査は数日かかります
・利用中の銀行振込なら最短即日で対応できます
・”返済”時のATM手数料は無料
・明細書の送付も停止できる

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
6.0%〜18.0%不明不明株式会社オリエントコーポレーション

9位:ビジネクスト

ビジネクストはあまり聞きなれない名前ですが東京都にある2001年に設立された、 アイフル グループのビジネスローン専門会社です(三井住友信託銀行との合弁による)。 資金使途は事業用のみとなっていますので、 総量規制 の対象外です。 一般個人の方の申込は不可能となっています(自営業者はOK)。 つなぎ資金などの資金繰りに利用される方が多いです。 商品は多岐にわたりますが、代表的なものは無担保・有・・・

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
8.0%〜15.0%(利用限度額100万円以上)
13.0%〜18.0%(利用限度額100万円未満)
不明不可(3日程度(土日祝日を除く))ビジネクスト株式会社

<<前のページへ   次のページへ>>