初めての方におすすめな消費者金融TOP3
プロミス フリーキャッシング
モビット
アコム

生命保険などの契約者貸付制度

もし、貯蓄性の生命保険(養老保険)や学資保険、個人年金保険に加入しているのなら、「契約者貸付」という制度を利用できるはずです。

契約者貸付とは

今解約すれば返ってくるはずのお金(解約返戻金)を担保に、お金を借りる制度です。

定期保険のような掛け捨てタイプの保険は対象外では利用できません。
養老保険や終身保険、個人年金保険、学資保険といった契約途中で解約すると解約返戻金が支払われるような貯蓄性の保険に加入していると利用することができます。

なお、契約者貸付を利用しても生命保険の保障内容は変わることなく、そのまま継続されます。

契約者貸付における貸付限度額は、一般的に解約返戻金の70〜90%となっているため、保険の加入期間が長ければ長いほど、借りられる金額も大きくなります。

実際に借入できる金額

借入可能額は、解約返戻金の7〜9割程度となります。
解約返戻金と総払込額は全く別のものです。

解約返戻金とは、保険を今解約すれば返ってくるお金のことです。
もし、途中で保険を解約してもそれまで払い込んだ金額が戻ってくると思っているのなら、それは間違いです。

保険を途中で解約した場合、戻ってくるお金(解約返戻金)は7割弱です(こちらを参照)。
さらに、借り入れできる額は解約返戻金の8割とすると、結果、払い込んだ総額の5〜6割程度(0.7×0.8)ということになります。
契約して間もないならそれほど大きな借入はできないということになります。

ちなみに、何故この割合になるかというと、保険は保険料を払い込んだ時点で、先に経営のための経費として一部が差し引かれ、残りが運用に回されているためです。
この運用に回されている部分が解約返戻金になるためです。
経費として徴収された部分が返ってくることは、契約に保険会社の瑕疵があった場合などでない限り、まずありません。

契約者貸付の利率

貸付利率は保険会社によって異なります。

通常、保険料の運用基準である「予定利率」を若干上回る程度に設定されています。
そのため、保険の契約開始時がいつであるかによって、現在自身が借りる場合と、別の人が借りる場合では利率が異なるのです。

下記は、明治安田生命の契約者貸付の利率です(詳しく)。
契約日利率
平成6年4月1日以前5.75%
平成6年4月2日〜平成8年4月1日4.75%
平成8年4月2日〜平成11年4月1日3.75%
平成11年4月2日〜平成13年4月1日(旧安田生命契約)3.00%
平成13年4月2日〜平成16年1月1日(旧安田生命契約)2.75%
平成11年4月2日〜平成13年10月1日(旧明治生命契約)3.00%
平成13年10月2日〜平成16年1月1日(旧明治生命契約)2.50%
平成16年1月2日〜平成25年4月1日2.50%
平成25年4月2日以降2.15%
例えば、平成6年5月に契約した保険で契約者貸付を利用した場合、利率は4.75%になります。
平成14年1月に契約した保険で契約者貸付を利用した場合、利率は2.50%になります。

たった今同じように契約者貸付を利用しても、利率が異なるということに納得がいかない方もいると思います。
しかしこのような規約にしておかないと、運用利率が貸付利率を上回る事態が発生するかもしれません。

例えば銀行でローンを組んでいて、ローンの利率より預金利率の方が高いという状態です。
これでは商売になりません。

どの契約時期の利率であっても、カードローンの契約初期の利率が20.0%程度であることを考えると、大変お得ということになります。

返済期間は任意

返済期間は保険期間が満了(保障が終了)するまでであり、返済方法もローンのような返済日にいくら支払うというような制約がなく、いつでも任意の金額を返済するだけでよいです。

ただ、利息は1年の複利で計算されていくので、資金に余裕の出た時には早めに返済するのが得策です。

ちなみに、借入金を完済しないうちに保険の満期を迎えたり、生命保険の場合で被保険者が亡くなったりした時は、満期保険金や死亡保険金から借入額を引かれた金額が受取人に支払われることになります。

継続的な借入を必要とするのでないなら、カードローンより契約者貸付を利用した方が賢明です。

返済の見込みがなければ解約を

契約者貸付を行い当初は返済を計画していたが、残念ながら無理そうだ・・・、そのような時は大変残念ですが、保険を解約しましょう。

そのまま置いておいてもいずれ契約失効となり解約になりますが、なるべく早く解約することで利息の発生をストップすることができます。

まとめ

保険会社によっては即日融資も可能となっており、手続きが早く進めば数日で口座にお金が振り込まれます。

借入可能額が解約返戻金の7〜9割であることから、返済期間は借入額に利息を含めた額が解約返戻金に達するまでが、大体の期間といえます。

返済できない場合は、保険が解約となります。
この場合、借入金と解約返戻金が相殺されるため、ほぼ返ってくるお金はなく、お釣り程度となります。

解約返戻金は上述の通り、払い込んだ総額の7割程度です。
中途解約となった場合、いわゆる元本割れの状態となります。
せっかく契約して払い込んできた保険ですので、計画的に借入と返済を行いましょう。

大手カードローン一覧

1位:プロミス フリーキャッシング

・平日はもちろん、土日祝日も即日融資が可能
・家族に知られたくない
・在籍確認について
・「フリーキャッシング」、「レディースキャッシング」がカードローン商品です
・初めて方にはプロミスがおすすめ
・プロミス申込に必要な書類
・一般的な申込みフロー

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
4.5%〜17.8%最短30分最短1時間融資も可能SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

2位:アイフル

・平日はもちろん、土日祝日も即日融資が可能
・家族に知られたくない
・アイフルにも無利息サービスがあります
・女性向けの「SuLaLi」もあります
・アイフル申込に必要な書類
・定期的な収入があればパート・アルバイト・派遣社員の方も借入可能です

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
4.5%〜18.0%最短30分可能アイフル株式会社

3位:アコム

・平日・土日祝日ともに即日融資が可能
・郵送NO!必要書類もアップロードでOK!
・「むじんくん」と提携ATMは全国に多数あります
・30日間金利0円サービスがあります
・アコム申込に必要な書類
・便利なアプリ「アコムナビ」が使えます

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
3.0%〜18.0%最短30分可能アコム株式会社

4位:プロミス レディースキャッシング

・平日はもちろん、土日祝日も即日融資が可能
・家族に知られたくない
・在籍確認について
・「フリーキャッシング」、「レディースキャッシング」がカードローン商品です
・初めて方にはプロミスがおすすめ
・プロミス申込に必要な書類
・一般的な申込みフロー

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
4.5%〜17.8%最短30分最短1時間融資も可能SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

5位:モビット

・19時までに申込完了、20時頃までに審査通過連絡をもらえれば即日融資可能。土日もOK
・在籍確認で勤務先への電話連絡がない「WEB完結」申込とは
・利用明細書の発行を会員専用サービス「Myモビ」からストップできます
・ATMを利用するなら、三井住友銀行がお得
・モビット申込に必要な書類
・借入れ金額は1万円から〜最大800万円まで可能です
・モビット公式のスマホアプリがダウンロード出来ます

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
3.0%〜18.0%最短30分可能
※1. 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※2. 14:50までの振込手続完了が必要です。
※3. 審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。
株式会社モビット

6位:オリコ クレスト

・個人向けのカードローンです
・即日融資は不可能、借入まで最短5営業日かかります
・オリコ クレスト申込に必要な書類
・選べる返済方法
・借入方法は銀行振込とATMの2つ
・所得証明書が必要なケースについて
・「eオリコサービス」により、明細書の送付も停止できます

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
4.5%〜18.0%可能(平日なら13時30分までの受付で即日審査)不可。最短5営業日。株式会社オリエントコーポレーション

7位:新生銀行カードローン レイク

・即日融資も可能
・ほとんどの借入・返済手段が手数料無料です
・レイクには無利息期間があります
・レイク申込に必要な書類
・レイクもカードレスが可能
・レイクを利用すれば、新生銀行での振込手数料が無料になる

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
4.5%〜18.0%審査結果をすぐに画面上で確認できます可能株式会社新生銀行

8位:オリコ事業主ローン「CREST for Biz」

・個人事業主専用のローンカードです
・審査は数日かかります
・利用中の銀行振込なら最短即日で対応できます
・”返済”時のATM手数料は無料
・明細書の送付も停止できる

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
6.0%〜18.0%不明不明株式会社オリエントコーポレーション

9位:ビジネクスト

ビジネクストはあまり聞きなれない名前ですが東京都にある2001年に設立された、 アイフル グループのビジネスローン専門会社です(三井住友信託銀行との合弁による)。 資金使途は事業用のみとなっていますので、 総量規制 の対象外です。 一般個人の方の申込は不可能となっています(自営業者はOK)。 つなぎ資金などの資金繰りに利用される方が多いです。 商品は多岐にわたりますが、代表的なものは無担保・有・・・

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
8.0%〜15.0%(利用限度額100万円以上)
13.0%〜18.0%(利用限度額100万円未満)
不明不可(3日程度(土日祝日を除く))ビジネクスト株式会社

スポンサーリンク

<<前のページへ   次のページへ>>