初めての方におすすめな消費者金融TOP3
プロミス フリーキャッシング
モビット
アコム

専業主婦が消費者金融からお金を借りるには

平成22年から施行された総量規制によって、一部の人はカードローンの利用や新規申込に影響が出ました。
しかし最も影響を受けたのは専業主婦の方でしょう。

過去には大手消費者金融でも無職の専業主婦に対して貸出をしていましたが、総量規制による年収制限によって収入の無い専業主婦への貸出を全面的に廃止しました。

消費者金融系ではほぼ借入できない

実は、総量規制には「例外」の規定があり、「配偶者貸付」と言って、夫の年収の3分の1の範囲内なら借入が許されています。
ただし、配偶者貸付をするためには次の書類を用意する必要があります。このため、大手消費者金融は事務効率の悪化から専業主婦への貸出は行っていないのが実態です。

ただ、女性への貸出を主体にしている中小消費者金融の中には専業主婦への貸出をしているところもあり、このような書類の提出を求めます。
これらの書類の提出を求めず確認しないことは違法になりますので、そのような業者がいればおそらくヤミ金業者と言えます。

もし借入できた場合、条件や内容は通常のカードローンと変わりませんが、利用限度額は50万円程度に限られます。
ただ実際のところ手間暇のことを考えると、夫に借りてもらった方がよほど効率的です。

安易に書類を代筆してはいけない

どうしても夫に内緒でカードローンを作りたいので同意書を自分で書いてしまおうか、このように考えた方もいるのではないでしょうか。

これを行ってしまうと、最悪「私文書偽造の罪」に問われかねません。
筆跡も確実に確認されますし、ご主人への確認をしてもよいか催促されることもありますのでやめておきましょう。

銀行は総量規制の対象”外”、夫に内緒で借入可能

ちなみに、銀行は銀行法の管轄になっているため、貸金業法による総量規制の適用を受けません。
そのため、都市銀行や地方銀行、ネット専業銀行、信用金庫などには専業主婦に対する貸出を行っているところが少なくありません。

しかも、夫の同意や収入証明書を不要としているのが一般的です。
ただ、利用できる金額は30万円から50万円が上限です。
いずれにしても、専業主婦が借入を行う場合は消費者金融より銀行の方が適しているといえます。

銀行でカードローンを申し込んだ場合、上述した夫の同意書や収入証明などは用意する必要はありません。
申込者である専業主婦本人の本人確認書類だけで構いません。
そのため夫に秘密で借入することも可能なのです。

夫の勤務先への在籍確認は行われません

本人が申し込んだ場合、勤務先への在籍確認が行われます。
専業主婦が銀行カードローンの申込を行った場合、夫の会社に在籍確認は行われるのでしょうか。

この答えですが、在籍確認は行われません。
行われないというか、夫の勤務先を書くことがありませんのでできないのです。

固定電話ありは未だに評価微アップ

申込後に自宅にかかってくる可能性もありますので、心配な場合は自宅の電話番号をかかないということも可能です。
その場合、自身の携帯電話番号は必須になります。

ただ聞いたことがある方もいると思いますが、現代になっても固定電話を持っていることは審査の上ではプラス査定になります。
これは延滞等があった時に申込者本人以外に連絡をすることが可能であったり、携帯のみの方より引っ越しの可能性が低い、長くその地域に住んでいる可能性があるなど良い属性の傾向があるからです。

固定電話の申告は、自身の属性と天秤にかけて判断しましょう。

カードローンの審査方法について

大手カードローン一覧

1位:プロミス フリーキャッシング

・平日はもちろん、土日祝日も即日融資が可能
・家族に知られたくない
・在籍確認について
・「フリーキャッシング」、「レディースキャッシング」がカードローン商品です
・初めて方にはプロミスがおすすめ
・プロミス申込に必要な書類
・一般的な申込みフロー

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
4.5%〜17.8%最短30分最短1時間融資も可能SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

2位:アイフル

・平日はもちろん、土日祝日も即日融資が可能
・家族に知られたくない
・アイフルにも無利息サービスがあります
・女性向けの「SuLaLi」もあります
・アイフル申込に必要な書類
・定期的な収入があればパート・アルバイト・派遣社員の方も借入可能です

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
4.5%〜18.0%最短30分可能アイフル株式会社

3位:アコム

・平日・土日祝日ともに即日融資が可能
・郵送NO!必要書類もアップロードでOK!
・「むじんくん」と提携ATMは全国に多数あります
・30日間金利0円サービスがあります
・アコム申込に必要な書類
・便利なアプリ「アコムナビ」が使えます

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
3.0%〜18.0%最短30分可能アコム株式会社

4位:プロミス レディースキャッシング

・平日はもちろん、土日祝日も即日融資が可能
・「フリーキャッシング」、「レディースキャッシング」がカードローン商品です
・初めて方にはプロミスがおすすめ
・プロミス申込に必要な書類
・一般的な申込みフロー

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
4.5%〜17.8%最短30分最短1時間融資も可能SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

5位:モビット

・19時までに申込完了、20時頃までに審査通過連絡をもらえれば即日融資可能。土日もOK
・在籍確認で勤務先への電話連絡がない「WEB完結」申込とは
・利用明細書の発行を会員専用サービス「Myモビ」からストップできます
・ATMを利用するなら、三井住友銀行がお得
・モビット申込に必要な書類
・借入れ金額は1万円から〜最大800万円まで可能です
・モビット公式のスマホアプリがダウンロード出来ます

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
3.0%〜18.0%最短30分可能
※1. 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※2. 14:50までの振込手続完了が必要です。
※3. 審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。
株式会社モビット

6位:オリコ クレスト

・個人向けのカードローンです
・即日融資は不可能、借入まで最短5営業日かかります
・オリコ クレスト申込に必要な書類
・選べる返済方法
・借入方法は銀行振込とATMの2つ
・所得証明書が必要なケースについて
・「eオリコサービス」により、明細書の送付も停止できます

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
4.5%〜18.0%可能(平日なら13時30分までの受付で即日審査)不可。最短5営業日。株式会社オリエントコーポレーション

7位:新生銀行カードローン レイク

・即日融資も可能
・ほとんどの借入・返済手段が手数料無料です
・レイクには無利息期間があります
・レイク申込に必要な書類
・レイクもカードレスが可能
・レイクを利用すれば、新生銀行での振込手数料が無料になる

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
4.5%〜18.0%審査結果をすぐに画面上で確認できます可能株式会社新生銀行

8位:オリコ事業主ローン「CREST for Biz」

・個人事業主専用のローンカードです
・審査は数日かかります
・利用中の銀行振込なら最短即日で対応できます
・”返済”時のATM手数料は無料
・明細書の送付も停止できる

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
6.0%〜18.0%不明不明株式会社オリエントコーポレーション

9位:ビジネクスト

ビジネクストはあまり聞きなれない名前ですが東京都にある2001年に設立された、 アイフル グループのビジネスローン専門会社です(三井住友信託銀行との合弁による)。 資金使途は事業用のみとなっていますので、 総量規制 の対象外です。 一般個人の方の申込は不可能となっています(自営業者はOK)。 つなぎ資金などの資金繰りに利用される方が多いです。 商品は多岐にわたりますが、代表的なものは無担保・有・・・

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
8.0%〜15.0%(利用限度額100万円以上)
13.0%〜18.0%(利用限度額100万円未満)
不明不可(3日程度(土日祝日を除く))ビジネクスト株式会社

<<前のページへ   次のページへ>>