初めての方におすすめな消費者金融TOP3
プロミス フリーキャッシング
モビット
アコム

スマホ分割払いによるクレヒスへの影響

クレジットヒストリーとは
クレジットカードの利用履歴のことです。

本来はクレジットカードの利用履歴を意味しますが、カードローンや銀行ローンなども利用履歴も同時に掲載されることから、実際にはクレジットカードだけに留まりません。

信用情報機関は現在日本で3つ存在しますが、それらに掲載されている借入に関する履歴を総称して「クレジットヒストリー」といいます。

クレヒスは必ず確認される

カードローンやクレジットカードの契約をする場合は当然、審査に通ることが前提になります。
そして、審査ではクレジットヒストリー(クレヒス)の内容が契約の可否を判断する重要な要素になります。

クレヒスに返済事故の記録があれば審査に通りません。
なお、現在進行の利用者であれば、クレヒスが信用情報機関に記録されています。

ちなみに、クレヒスに履歴が全く無いことが良いかというとそうでもなく、過去に返済事故を起こしてクレジットカードの利用を止められたのではないかと疑われます。
もしくは、長期間服役していたのでは、とも懸念されます。

つまり、現在では未成年でも無い限り、何らかのクレジットを利用しているのが当然と思われているからです。

実は、気に掛けている人はあまりいませんが、スマートフォンの支払いもクレヒスに登録されます。

電話の回線料金は滞納しても電話の利用を止められるだけで済みますが、料金の中に端末代金の分割払い分が含まれていると、クレジットで購入した商品の延滞と同じ処置がとられます。

購入したキャリアの契約書を見ると、契約内容や支払情報が信用情報機関に登録されると記載されています。

従って、きちんと返済を続けていればクレヒスに問題はないものの、返済未納の状態が続き、督促を無視しいればクレヒスにその旨が記載されます。

こうなるとカードや銀行ローンなどに申し込んでも立て続けに審査に落ちることが重なり、何か特別なリストにでも掲載されているのではないかと疑う方もいます。

これがいわゆる「ブラックリスト」の始まりであり、実際にそのようなリストはないのです。

なお、電話料金は合算して請求されるため、電話回線料金を未納にして機種代だけを返済するということはできません。

事故情報あり(ブラック)でスマホ・携帯の新規契約はできるのか

過去に携帯代金を支払わなかったり、事故情報(自己破産や債務整理などのこと)など、そのような前歴のある方が新規にスマホや携帯電話を契約することはできるのでしょうか。

携帯会社は契約時、何をみるのか

携帯会社が審査時どこを見ているかを知ることで、新規契約が可能かどうかを判断できます。

携帯会社はまず、自社・同業他社での取引状況(強制解約や未納、延滞履歴のチェック)を見ます。
そして本体の分割払いを希望している場合に限り、支払い状況に遅延などがないか信用情報機関に照会をします。

携帯会社間では事故のあった顧客の情報をやりとりするようになりました(平成11年4月から)。
昔事故を起こした会社と再度契約しようとしても、無理であることは明白です。

では昔事故を起こした会社と別の携帯会社で新規契約する場合ですが、例えばS社で未払いのまま逃げ続けた後、A社で新規契約を試みようとしても、その情報は共有されており筒抜けですので無理というです。

分割払いか、一括払いかで異なる審査項目

一括払いの場合

本体の一括払いの場合、携帯会社間でやりとりしている履歴のみを参照します。
これには過去に電話料金の未納や延滞などを起こしていないか、自社・他社での本体代金の分割払いの事故などが参照できます。

一括払いの場合、信用情報機関に照会は行いません。
その為携帯会社間での返済事故のみ考慮され、例えばカードローンの返済事故は確認されないことになります。

電話料金の未納や延滞に関しては利用者の不手際なので、マイナス材料になります。
しかし逆に事故さえなければ、複数台の携帯・スマホの契約が可能です。

分割払いの場合

現在、スマホやタブレットを購入する場合、価格がかなり高額なため分割払いを推奨する店舗が非常に多くなりました。

分割された代金は毎月の利用料金に上乗せされて、契約から数年間で支払い終える、という内容になっています。

分割払いを利用する場合は、上述した携帯会社間の履歴の参照に加えてさらに、信用情報機関に自身の金融履歴を参照されることになります。

この信用情報機関に記載されている金融履歴は携帯・スマホに関することだけでなく、住宅ローンやカードローン、クレジットカードの利用履歴も参照できます。
これらの事故と言われるものは、未納、延滞、債務整理、自己破産などです。

事故がなければそれで問題ありませんが、カードローンに関してのみは今まで無事故であったとしても、借入の”枠”を持っているだけで懸念材料とされることもありますので注意しましょう。

一括払いの時と違う点は、別の機種を持っており(自社・他社問わず)、現在それを分割払いにしていて、さらに新規契約予定の機種でも分割払いを検討している場合、懸念事項となることです。

現在原則5台まで個人では契約できますが、これは全て一括払いであったり、分割払いを終えたあとに台数を増やしていくなどの方法でしか難しいでしょう。

分割払いを同時並行して所有するとなると、事故の有無に関係なく新規契約できない可能性があります。

しかし携帯会社としては売りたいという気持ちもある

信用情報機関に延滞や債務整理などの事故情報がある場合、新規にカードローン・クレジットカードなどの契約は非常に難しくなります(無理ではありません)。
ただ、携帯・スマホの分割払い契約は、カード類の契約と比べると易しいと言えるでしょう。

この審査通過の難易度ギャップが何故存在するかというと、企業側の”売りたい気持ち”の強さにあります。
携帯会社からすると、多少の未回収リスクを背負ってでも利用者を多くしたいという気持ちがあります。
さらに現在ではスマホ本体が高額であり、分割払いを推し進めていることも拍車をかけています。

カード会社も利用者を増やしたいですが、リスクと天秤にかけると多少狭き門になってしまうのです。

まとめ

携帯会社ごとに審査内容は少しずつ異なります。

また人が判定しているのではなく、コンピュータシステムが判断しているため、詳しい第三者や店員に効いても審査の結果は分かりません。

落ちる確率が上がる項目としては、分割払い、過去の延滞や未納、あとはクレーマー認定なども挙げられます。
通過の確率が上がる項目としては、一括払い、過去の事故情報なしなどです。

これらの総合ポイントで決まるのです。

現在若い方に多いのは、新規契約後すぐに未納になるというケースです。
この場合、一括払いでしたら携帯会社だけに履歴が残り、携帯だけの契約が難しくなります。

しかし分割払いで未納になると、携帯会社に事故履歴が残るだけでなく、信用情報機関にも未納という事故履歴が通知されます。

こうなると例えば結婚後、住宅ローンや自動車ローンを組む時に非常に大きな障害となってしまい、人生設計において困った状況になっています。

どうしても支払うお金が手元にないときは携帯会社に電話したり近くの店舗へ行って相談することをおすすめします。

大手カードローン一覧

1位:プロミス フリーキャッシング

・平日はもちろん、土日祝日も即日融資が可能
・家族に知られたくない
・在籍確認について
・「フリーキャッシング」、「レディースキャッシング」がカードローン商品です
・初めて方にはプロミスがおすすめ
・プロミス申込に必要な書類
・一般的な申込みフロー

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
4.5%〜17.8%最短30分最短1時間融資も可能SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

2位:アイフル

・平日はもちろん、土日祝日も即日融資が可能
・家族に知られたくない
・アイフルにも無利息サービスがあります
・女性向けの「SuLaLi」もあります
・アイフル申込に必要な書類
・定期的な収入があればパート・アルバイト・派遣社員の方も借入可能です

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
4.5%〜18.0%最短30分可能アイフル株式会社

3位:アコム

・平日・土日祝日ともに即日融資が可能
・郵送NO!必要書類もアップロードでOK!
・「むじんくん」と提携ATMは全国に多数あります
・30日間金利0円サービスがあります
・アコム申込に必要な書類
・便利なアプリ「アコムナビ」が使えます

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
3.0%〜18.0%最短30分可能アコム株式会社

4位:プロミス レディースキャッシング

・平日はもちろん、土日祝日も即日融資が可能
・「フリーキャッシング」、「レディースキャッシング」がカードローン商品です
・初めて方にはプロミスがおすすめ
・プロミス申込に必要な書類
・一般的な申込みフロー

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
4.5%〜17.8%最短30分最短1時間融資も可能SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

5位:モビット

・19時までに申込完了、20時頃までに審査通過連絡をもらえれば即日融資可能。土日もOK
・在籍確認で勤務先への電話連絡がない「WEB完結」申込とは
・利用明細書の発行を会員専用サービス「Myモビ」からストップできます
・ATMを利用するなら、三井住友銀行がお得
・モビット申込に必要な書類
・借入れ金額は1万円から〜最大800万円まで可能です
・モビット公式のスマホアプリがダウンロード出来ます

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
3.0%〜18.0%最短30分可能
※1. 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※2. 14:50までの振込手続完了が必要です。
※3. 審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。
株式会社モビット

6位:オリコ クレスト

・個人向けのカードローンです
・即日融資は不可能、借入まで最短5営業日かかります
・オリコ クレスト申込に必要な書類
・選べる返済方法
・借入方法は銀行振込とATMの2つ
・所得証明書が必要なケースについて
・「eオリコサービス」により、明細書の送付も停止できます

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
4.5%〜18.0%可能(平日なら13時30分までの受付で即日審査)不可。最短5営業日。株式会社オリエントコーポレーション

7位:新生銀行カードローン レイク

・即日融資も可能
・ほとんどの借入・返済手段が手数料無料です
・レイクには無利息期間があります
・レイク申込に必要な書類
・レイクもカードレスが可能
・レイクを利用すれば、新生銀行での振込手数料が無料になる

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
4.5%〜18.0%審査結果をすぐに画面上で確認できます可能株式会社新生銀行

8位:オリコ事業主ローン「CREST for Biz」

・個人事業主専用のローンカードです
・審査は数日かかります
・利用中の銀行振込なら最短即日で対応できます
・”返済”時のATM手数料は無料
・明細書の送付も停止できる

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
6.0%〜18.0%不明不明株式会社オリエントコーポレーション

9位:ビジネクスト

ビジネクストはあまり聞きなれない名前ですが東京都にある2001年に設立された、 アイフル グループのビジネスローン専門会社です(三井住友信託銀行との合弁による)。 資金使途は事業用のみとなっていますので、 総量規制 の対象外です。 一般個人の方の申込は不可能となっています(自営業者はOK)。 つなぎ資金などの資金繰りに利用される方が多いです。 商品は多岐にわたりますが、代表的なものは無担保・有・・・

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
8.0%〜15.0%(利用限度額100万円以上)
13.0%〜18.0%(利用限度額100万円未満)
不明不可(3日程度(土日祝日を除く))ビジネクスト株式会社

<<前のページへ   次のページへ>>