初めての方におすすめな消費者金融TOP3
プロミス フリーキャッシング
モビット
アコム

生活保護だが、カードローンは作れるのか

生活保護の支給を受けながらカードローンの申込をする事は、社会通念的には決して褒められた事ではありません。
また、現実に多くのカード会社は生活保護者へのカード作成を実行しない傾向にあります。

ですが、果たして生活保護の人は100%カードを作る事ができないのでしょうか。
実際の審査の流れに沿って解説していきます。

職業記載の壁

カードローンを作る際に必ず求められる項目の一つに、職業欄の記載があります。

生活保護者の場合は大半が無職ですから、正直に記載すればまず間違いなく審査に引っかかってしまうでしょう。
総量規制の問題もありますが、カード会社は無職の人に審査を通す事は決してありません(専業主婦は除く)。

では、生活保護費を受給しながら働いている場合はどうなるでしょう。
働いていないわけではありませんから、職業欄にわざわざ無職や生活保護と記載する必要はありませんし、記載しなくとも嘘ではありません。

この点は全く問題なくパスできそうです。

勤務先に関する情報

社会保険や収入証明の壁

勤務先や収入が本当にあるか確認する為に健康保険証の提出を求められるケースもあります。

カードローン申込の必要書類を比較

会社員であれば協会及び組合の健康保険を所持しているのが当たり前ですし、自営業ならば国民健康保険を有しているのが通常です。

ですが、生活保護の場合は保険証は所持しておらず、医療券と呼ばれる独特の書類で医療を受ける事となります。

従って、この点においても生活保護受給者が審査をパスするのは困難になってしまうのです。

ところが、この点も働きながら受給しているケースなどでは、給与明細が提出が可能です。
もちろん、その給与明細は偽造や虚偽の書類ではありませんから、総量規制に引っかからない限りは書類上の不備はないと言えます。

生活保護とはいえ本当に働いてはいるわけですから、勤務先に対して行われる在籍確認も問題なくパスする事ができるでしょう。

健康保険も、国民健康保険に加入できないだけで、協会や組合等の職場で交付される保険には生活保護でも加入する事が可能です。

従って、働きながら受給している人の場合は、書類上の問題で生活保護の受給がカード会社にバレてしまう事はないのです。

無論、担当者によっては収入の額から警戒されるケースもあるでしょうが、そこまで論じてはキリがありませんし、あくまで担当者のセンスに異存する問題です。

ちなみにカードローンを希望する際、壁となる審査項目が収入の証明です。

50万円以上のキャッシング枠を希望する際は、全てのカード会社が必ず収入証明ができるものを求める事は周知の事実です。

また、企業によっては50万円未満であっても証明できるものの提出をキャッシング枠増設の条件としています。

無職で生活保護を受給している場合は、当然収入の証明ができませんし、一般的には生活保護費を収入と定義している企業が少ない事から、ここでも審査をパスする事ができません。

しかし、働きながら受給しているケースでは上述した通り書類の不備はないので、生活保護受給がばれないのならキャッシング枠を付けてもらえる可能性は十分あります。

信用情報の壁

最後のハードルとなるのが、信用情報の壁です。

信用情報には生活保護そのものをリストアップしているわけではありませんから、原則として信用情報の照会で直接生活保護だとバレてしまうことはありません。

ただし、生活保護を受給している人の中には、受給前に大量の消費者金融などへの申込履歴がある場合や、支払い滞納などのトラブルを抱えている(いた)ケースが珍しくありません。

当然、このような金銭トラブルは信用情報機関のあずかり知るところであり、審査において非常に不利に働くでしょう。

うまくいっても今度は支給停止のリスクが待っている

ところでカードローン作成を希望する際に、記載事項に虚偽の記載を行う、書類を偽造する、アリバイ会社を利用する等の手段で審査を受ける事は生活保護でなくとも可能ですし、100%見破られるとも限りません。

また、闇金に近い消費者金融などの場合は、生活保護の受給が容易に推察できる状況であっても、融資を実行する企業も存在します。

ですが、書類の偽造は内容によっては犯罪の構成要件を満たしてしまいますし、生活保護費の支給を受けている人がカードローン所持やキャッシングを利用している事実がケースワーカーの調査などで発覚してしまうと、今度は生活保護費の支給が停止されてしまいます。

割賦販売という形でカードローンを利用する事は見逃すケースワーカーもいますが、キャッシングは決して見逃しません。

厳しく追求されてしまうでしょう。

まとめ

完全に無職状態の生活保護の人がカードローン作成やキャッシングを行う事は、基本的には不可能です。

違法な手段を用いたり、極端に審査の甘い金融機関を利用する事で融資を受ける事は可能かもしれませんが、相応のリスクがついて回ります。

反面、働きながら収入の少なさを補填する為に生活保護を受けている人は、融資を受けられる可能性はあるでしょう。

ですが、結局保護費の支給停止など、カード作成以外の面で不利益を被る可能性は否定できません。

大手カードローン一覧

1位:プロミス フリーキャッシング

・平日はもちろん、土日祝日も即日融資が可能
・家族に知られたくない
・在籍確認について
・「フリーキャッシング」、「レディースキャッシング」がカードローン商品です
・初めて方にはプロミスがおすすめ
・プロミス申込に必要な書類
・一般的な申込みフロー

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
4.5%〜17.8%最短30分最短1時間融資も可能SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

2位:アイフル

・平日はもちろん、土日祝日も即日融資が可能
・家族に知られたくない
・アイフルにも無利息サービスがあります
・女性向けの「SuLaLi」もあります
・アイフル申込に必要な書類
・定期的な収入があればパート・アルバイト・派遣社員の方も借入可能です

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
4.5%〜18.0%最短30分可能アイフル株式会社

3位:アコム

・平日・土日祝日ともに即日融資が可能
・郵送NO!必要書類もアップロードでOK!
・「むじんくん」と提携ATMは全国に多数あります
・30日間金利0円サービスがあります
・アコム申込に必要な書類
・便利なアプリ「アコムナビ」が使えます

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
3.0%〜18.0%最短30分可能アコム株式会社

4位:プロミス レディースキャッシング

・平日はもちろん、土日祝日も即日融資が可能
・「フリーキャッシング」、「レディースキャッシング」がカードローン商品です
・初めて方にはプロミスがおすすめ
・プロミス申込に必要な書類
・一般的な申込みフロー

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
4.5%〜17.8%最短30分最短1時間融資も可能SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

5位:モビット

・19時までに申込完了、20時頃までに審査通過連絡をもらえれば即日融資可能。土日もOK
・在籍確認で勤務先への電話連絡がない「WEB完結」申込とは
・利用明細書の発行を会員専用サービス「Myモビ」からストップできます
・ATMを利用するなら、三井住友銀行がお得
・モビット申込に必要な書類
・借入れ金額は1万円から〜最大800万円まで可能です
・モビット公式のスマホアプリがダウンロード出来ます

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
3.0%〜18.0%最短30分可能
※1. 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※2. 14:50までの振込手続完了が必要です。
※3. 審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。
株式会社モビット

6位:オリコ クレスト

・個人向けのカードローンです
・即日融資は不可能、借入まで最短5営業日かかります
・オリコ クレスト申込に必要な書類
・選べる返済方法
・借入方法は銀行振込とATMの2つ
・所得証明書が必要なケースについて
・「eオリコサービス」により、明細書の送付も停止できます

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
4.5%〜18.0%可能(平日なら13時30分までの受付で即日審査)不可。最短5営業日。株式会社オリエントコーポレーション

7位:新生銀行カードローン レイク

・即日融資も可能
・ほとんどの借入・返済手段が手数料無料です
・レイクには無利息期間があります
・レイク申込に必要な書類
・レイクもカードレスが可能
・レイクを利用すれば、新生銀行での振込手数料が無料になる

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
4.5%〜18.0%審査結果をすぐに画面上で確認できます可能株式会社新生銀行

8位:オリコ事業主ローン「CREST for Biz」

・個人事業主専用のローンカードです
・審査は数日かかります
・利用中の銀行振込なら最短即日で対応できます
・”返済”時のATM手数料は無料
・明細書の送付も停止できる

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
6.0%〜18.0%不明不明株式会社オリエントコーポレーション

9位:ビジネクスト

ビジネクストはあまり聞きなれない名前ですが東京都にある2001年に設立された、 アイフル グループのビジネスローン専門会社です(三井住友信託銀行との合弁による)。 資金使途は事業用のみとなっていますので、 総量規制 の対象外です。 一般個人の方の申込は不可能となっています(自営業者はOK)。 つなぎ資金などの資金繰りに利用される方が多いです。 商品は多岐にわたりますが、代表的なものは無担保・有・・・

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
8.0%〜15.0%(利用限度額100万円以上)
13.0%〜18.0%(利用限度額100万円未満)
不明不可(3日程度(土日祝日を除く))ビジネクスト株式会社

<<前のページへ   次のページへ>>