消費者金融系TOP3
プロミス フリーキャッシング
モビット
アイフル

学生が消費者金融からお金を借りるには

消費者金融のカードローンにおける利用条件はどこでも「規定の年齢枠と安定した収入」です。
従って、学生であってもアルバイトなどで安定した収入があれば、どの消費者金融でも申込が可能です。
ただし、総量規制があるため、利用枠は収入(年収)の3分の1以下の額に限定されます。

年齢は20歳以上

年齢枠においてはどのカード会社も20歳以上を条件としているため、いくら収入があっても未成年の学生には貸出をしていません。
その理由は民法において、未成年者による法律行為は法定代理人の同意を得なければならず、また、同意を得ないでした法律行為は取り消すことができる、と定められているからです。

従って、法律行為となるカードローンの契約を未成年者と交わすには法定代理人(親)の同意を得なければならないという手間が掛かるため、管理面との費用対効果の観点から未成年者との取引はしていません。

ちなみに、消費者金融の中には「学生ローン」と呼ばれる大学生を対象とした貸出を専門に行う業者もありますが、それでも20歳以上が条件になっており、未成年の大学生に貸出をする業者はほんの一部でしかありません。

アルバイトは必須

学生といえど総量規制は適用されるため、収入元であるアルバイト・パートでの勤務が必要になります。
審査の際には、カード会社からバイト先へ実際に勤務しているか確認される”在籍確認”が電話で行われます。

在籍確認で、カード会社の担当者が会社名を出して名乗ることはあり得ません。

カード会社担当者:「もしもし、○○(カード会社担当者個人名)と申しますが、××さん(申込者名)はいらっしゃいますか?」

申込者本人が電話を取った場合、
「個人名で失礼しました。△△(カード会社名)の○○です。この度はお申込みありがとうございました。これにて在籍確認は終了です」

という感じで終わります。
店長や他の方が電話を取った場合は、「また後日かけなおします」という内容で電話を切ります。

この後日かけなおします、ですが、在籍が確認できた場合であればかけなおしはおそらくありません。
会話から在籍がはっきり確認できなかった場合は、かけなおしてくる可能性があります。

実際バイトあてに電話がかかってくる職場というのは、仕事にもよりますが少ないと思いますので、在籍確認であることはばれてしまうかもしれません。

学生というだけで申込できないところは少ない

消費者金融系であろうと銀行系であろうと、学生を申込み対象から外しているところは少ないです。

銀行系は総量規制には縛られませんが、実質最低年収を設けているところが多く、普通のアルバイトの年収では審査通過は難しいです。
となると消費者金融系がターゲットとなります。

後述しますが、もし申込時点で20歳未満であるならクレジットカードの申込が可能です。
さらにクレジットカードを延滞などの事故なくしっかり利用していれば、信用情報機関にその利用実績が残りますので、カードローンの申込時にもプラスに働きます。

その理由は、信用情報機関に申込者の情報を照会したとき、契約しているカードやその限度額、事故歴などを見ることができます。
このとき何の金融履歴がないよりも、クレジットカードの利用歴があった方がいわゆる”カードの経験者”と見られ、審査がプラスに働く面もあります。
但し、他社カードローンを現在も持っているならマイナスになります。

上限額は低い

学生ローンの場合はいくら収入があったとしても50万円あたりを上限とするのが一般的です。
金利は業者によってまちまちですが、学費として使うことがあるため、一般社会人に対する金利より低くなっているケースが少なくありません。

申込方法は店頭窓口よりインターネットの利用が増えており、即日融資も可能になっています。

クレジットカードから始めるのが吉

クレジットカードではなく、現金が入用だからカードローンが必要なんだ!と言われれば元も子もないですが、クレジットカードであればカードローンとは違い、審査もパスしやすいです。
年齢枠も18歳からがほとんどで(ゴールドカードは20歳からが多い)、ポイントを貯めることでお得な面もあります。

例えば飲み会や洋服であれば、今ではほとんどの店舗でクレジットカードが使えるためカードローンではある必要はありません。
飲み会であれば全員の料金を現金で徴収しあなたがカードで支払えば、ポイントも多く貯まりますし、いわゆるショッピング枠の現金化(巷の現金化は違法です!)のような使い方もできます。

親にばれることはまずない

親にばれるとするなら電話か郵便物になるでしょう。
家族バレはサラリーマンの方でも多い要望で、大手消費者金融は既にその対応策を用意しています。

電話

申込後の本人確認でまず1回目の電話がかかってきます。
カード会社名を名乗ることなく、個人名でかけてきます。
家族がしつこく誰かを問い詰めたとしても、本人に直接話したいと言って切ります。
通常は携帯電話にかけてきますが、固定電話の番号しか申告していなければ固定電話にかけてきます。

一般的に、固定電話の番号を申告していた方が審査にはプラスです。
返済が遅れた場合などに連絡がつきやすくなりますし、親元である、引っ越しの可能性が低い、その地域に長く住んでいる可能性があるなどが考えられるからです。
おそらく学生や20歳ほどの若い方であれば、審査による判断項目が少ないことから、固定電話の印象良好の傾向は顕著だと思われます。

そのような固定電話ですが、どうしても心配であれば書かないということも良いでしょう。

審査に通過した場合も連絡は電話になります。
その後の手続きや流れを説明するためです。
ちなみに審査に落ちた場合は、大体メール連絡になります。

郵便物

郵便物は契約初期のカード・契約書と、カード利用中の利用明細書に分かれます。
大手の消費者金融なら、このどちらも家に届くことがないようにすることができます。

その方法は、カード・契約書は自動契約機に取りに行くことでまず郵送がなくなります。
利用明細書は月1回送付されるものと、ATM利用ごとに送付されるものがあります。

ATM利用ごとに送付されるものは、実はATMがその場で利用明細書を発行すれば郵送されません。
その場で発行されないATMを利用してしまったり、振込融資を利用した場合、家に郵送されます。
ようするに、領収書と同じで利用明細書は利用したら必ず発行されることになるのです。

ATMによって発行されるかされないかわからないのですが、インターネット会員画面から郵送停止の手続きをすることで完全に止めることができます。
電子媒体による発行になり、郵送自体する必要がなくなるためです。

以上の方法は下の4社がほぼ共通して行っています。
他の消費者金融やクレジットカードのキャッシングはこの設定ができないことが多いので、家族バレを何とか防ぎたいかたはこの中から選ぶことをおすすめします。

プロミス利用を家族に知られたくない
モビット利用を家族にばれないようにするには
アイフル利用が家族にばれると困る方向け
アコム利用で家族にバレることを防ぐには

カードローンで借金があることが就職活動に影響することはありません

カードローンを持っている、延滞を起こしたことがあるなど、これだけで就職活動に影響することはまずありません。
ただ、事故を起こしたカード会社に面接に行くならば、全くないとも言い切れません。

採用する側もできる範囲内で簡単な身元調査を行います。
名前でグーグル検索したり、事故を起こした顧客情報を照会したり行う会社もありますので、合致してしまった場合は内定は難しくなるでしょう。

基本的に就活先の会社が、学生の借金歴や借金事故歴を信用情報機関に照会して調べることはできません。
信用情報機関は加盟している会社のみ情報を照会して調べることができます。
法人(会社)というだけで、どんな会社でも調べることができるわけではないのです。

それよりも借金が理由でバイトに明け暮れて就活の時間がなかった、留年してしまったとならないようにしましょう。

大手カードローン一覧

1位:プロミス フリーキャッシング

・平日はもちろん、土日祝日も即日融資が可能
・家族に知られたくない
・在籍確認について
・「フリーキャッシング」、「レディースキャッシング」がカードローン商品です
・初めて方にはプロミスがおすすめ
・プロミス申込に必要な書類
・一般的な申込みフロー

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
4.5%〜17.8%最短30分最短1時間融資も可能SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

2位:アイフル

・平日はもちろん、土日祝日も即日融資が可能
・家族に知られたくない
・アイフルにも無利息サービスがあります
・女性向けの「SuLaLi」もあります
・アイフル申込に必要な書類
・定期的な収入があればパート・アルバイト・派遣社員の方も借入可能です

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
4.5%〜18.0%最短30分可能アイフル株式会社

3位:アコム

・平日・土日祝日ともに即日融資が可能
・郵送NO!必要書類もアップロードでOK!
・「むじんくん」と提携ATMは全国に多数あります
・30日間金利0円サービスがあります
・アコム申込に必要な書類
・便利なアプリ「アコムナビ」が使えます

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
3.0%〜18.0%最短30分可能アコム株式会社

4位:プロミス レディースキャッシング

・平日はもちろん、土日祝日も即日融資が可能
・「フリーキャッシング」、「レディースキャッシング」がカードローン商品です
・初めて方にはプロミスがおすすめ
・プロミス申込に必要な書類
・一般的な申込みフロー

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
4.5%〜17.8%最短30分最短1時間融資も可能SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

5位:モビット

・19時までに申込完了、20時頃までに審査通過連絡をもらえれば即日融資可能。土日もOK
・在籍確認で勤務先への電話連絡がない「WEB完結」申込とは
・利用明細書の発行を会員専用サービス「Myモビ」からストップできます
・ATMを利用するなら、三井住友銀行がお得
・モビット申込に必要な書類
・借入れ金額は1万円から〜最大800万円まで可能です
・モビット公式のスマホアプリがダウンロード出来ます

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
3.0%〜18.0%最短30分可能
※1. 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※2. 14:50までの振込手続完了が必要です。
※3. 審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。
株式会社モビット

6位:オリコ クレスト

・個人向けのカードローンです
・即日融資は不可能、借入まで最短5営業日かかります
・オリコ クレスト申込に必要な書類
・選べる返済方法
・借入方法は銀行振込とATMの2つ
・所得証明書が必要なケースについて
・「eオリコサービス」により、明細書の送付も停止できます

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
4.5%〜18.0%可能(平日なら13時30分までの受付で即日審査)不可。最短5営業日。株式会社オリエントコーポレーション

7位:新生銀行カードローン レイク

・即日融資も可能
・ほとんどの借入・返済手段が手数料無料です
・レイクには無利息期間があります
・レイク申込に必要な書類
・レイクもカードレスが可能
・レイクを利用すれば、新生銀行での振込手数料が無料になる

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
4.5%〜18.0%審査結果をすぐに画面上で確認できます可能株式会社新生銀行

8位:オリコ事業主ローン「CREST for Biz」

・個人事業主専用のローンカードです
・審査は数日かかります
・利用中の銀行振込なら最短即日で対応できます
・”返済”時のATM手数料は無料
・明細書の送付も停止できる

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
6.0%〜18.0%不明不明株式会社オリエントコーポレーション

9位:ビジネクスト

ビジネクストはあまり聞きなれない名前ですが東京都にある2001年に設立された、 アイフル グループのビジネスローン専門会社です(三井住友信託銀行との合弁による)。 資金使途は事業用のみとなっていますので、 総量規制 の対象外です。 一般個人の方の申込は不可能となっています(自営業者はOK)。 つなぎ資金などの資金繰りに利用される方が多いです。 商品は多岐にわたりますが、代表的なものは無担保・有・・・

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
8.0%〜15.0%(利用限度額100万円以上)
13.0%〜18.0%(利用限度額100万円未満)
不明不可(3日程度(土日祝日を除く))ビジネクスト株式会社

<<前のページへ   次のページへ>>