消費者金融系TOP3
プロミス フリーキャッシング
モビット
アイフル

家族・会社に知られずカード作成は可能か

カードローンを申込む際に、家族や会社に知られたくないと思う人もいます。
カード会社もこのような申込者の希望をくみ取って、様々な利用手段を構築しています。

プロミス、モビット、アイフル、アコムの申込項目を比較

プロミスモビットではオンライン申込時に、”配偶者がカード申込を知っているか”という内容の項目があります。
この項目がないカード会社でも申込後にかかってくる電話で秘密の申込であることを告げれば、その希望に沿った手続き方法を案内してもらえます。

ここでは大手4社のプロミスモビットアイフルアコムについて比較してみます。

申込者への電話連絡

通常はどのカード会社でも、オンラインでの申込後にカード会社から連絡があります。
申込の意志確認と電話番号が有効であるかの確認です。

電話連絡を絶対に行わないと約束しているカード会社はありません。
郵送でのやりとりは時間がかかるため、電話という連絡手段を確保しておきたい(延滞時のためなど)のです。

ちなみに両親の同居は申込時にプラス評価となりますが、電話連絡がつきやすいという理由です。

固定電話の連絡先を入力しても通常は携帯電話の方にかけてくれます。
仮に家族が電話をとったとしても個人名を名乗りますし、家族がもししつこく聞いてもカード会社であることは絶対に名乗りません。

モビットの「WEB完結」

モビットの「WEB完結」はこの電話連絡を”原則”しないということになっています。
”原則”というのは、申込時の入力に不備や不明瞭な点があると確認の電話をかけてくることがあるのです。

申込から契約のやり取りが完全にWEBで完結するため、このような名前になっています。
電話連絡すら困るという方は、絶対に電話がないとは言い切れませんが、この方法を申込方法検討してみましょう。

モビットの「WEB完結」

会社への電話連絡

勤務先への在籍確認です。
これは返済原資が確実であるかを確認するためにどのカード会社でも必ず行われます。
審査手順としては、申込時の情報、信用情報で合格した方のみ行われることになり、ここをクリアすれば審査通過ということになります。

なお、在籍確認に関してですが、電話による会社への在籍確認は貸金業法によってカード会社の名前を出したり、借金の存在を知らせたりすることが禁止されています。

電話による在籍確認

カード会社担当者が直接電話をかけてきます。
個人名でかけてきて、本人が出ると
「申込ありがとうございます。在籍確認でお電話させていただきました。これで在籍確認は終了です」
で終わります。

別の人がでると、名前以外の身元や要件を告げず、本人に直接伝えたいと言い残し電話を終えます。
○時に戻ってくるというような在籍が確認できる内容であれば、次にかけてくることがないこともあります。

カード会社の担当者の性別や、フルネームで呼び出して欲しいなど簡単な要望であれば聞いてもらえる可能性がありますので、あれば相談しておきましょう。

但し、取引先の社名を名乗ったり、かなり狭い時間帯指定などはできません。
ウソをついたり、在籍確認の電話を取る人が特定されてしまうようなことは在籍確認の意味自体成さなくなります。

ただ、電話のかかってくる職場環境ではなかったり、会社の休日に申し込んだが即日で借入したい方には別の方法があります。
書類による在籍確認です。

書類による在籍確認

まず初めに、書類による在籍確認が可能なのは主にサラリーマンの方です。
理由は社会保険証をはじめとした書類で確認するためです。

アイフルアコムは申込後に相談することで可能になることがあります。
ようするに確実に要望を聞き入れてもらえるわけではないということです。

モビットの「WEB完結」は書類による在籍確認であると決まっています。
モビットの通常の申込方法は「カード申込」ですが、これは電話による在籍確認となっています。

プロミスの在籍確認
モビットの在籍確認
アイフルの在籍確認
アコムの在籍確認

郵便物

家族に知られないようにするための最も大きな心配は郵便物ではないでしょうか。
電話であれば出ても出なくても痕跡を消すことは簡単ですが、郵便物は送られたら確実にモノが残ります。

郵便物の送付についてもカード会社は策を講じていますが、カードを申し込もうとする側からすると少しわかりにくいため、申込を見送っているケースもあると思います。

ここでは郵便物の全3点である、カード、通常の郵便物、利用明細書(取引明細書)をどうすれば送付停止にできるかを説明していきます。

カード・契約書

プロミスモビットアイフルアコムどのカード会社でも自動契約機を全国展開しています。
自動契約機とはその名の通り、契約手続きを行ってくれる機械のことです。

もしこの自動契約機が近隣にあり、出向くことができれば契約段階での郵送物、つまりカードや契約書を直接受け取ることができるので、郵送をなしにすることができます。
これについては契約の手続きの中で郵送か自動契約機での受け取りかを選択できますので、後者を選択しましょう。

なお、自動契約機が近隣にないという方の場合、契約書はネット上で確認することができます。

カードについては、プロミスモビットがカードなし契約が可能となっています。
アイフルアコムは、自動契約機で受け取りできないのであれば郵送されることになります。

カードレスでの契約

プロミスモビットについては、カードを発行せずに契約方法することができます。
財布の中にカードが入っているのは嫌だという方や、少しでも物証がないようにしておきたい方が選択しています。

プロミスカードレスは借入がインターネット経由での振込、返済がインターネット経由での振込とATMと引き落としなります。
カードレスでATMというのは、取引番号か個人情報を入力すればカードが無くてもATMで取引できるようになっているのです。
但し、返済のみとなっています。

モビット「WEB完結」がカードレスとなっていますが、借入・返済ともにインターネット経由での振込・引き落としとなっています。

利用明細書(取引明細書)

利用明細書は2種類あります。
月ごとの利用明細書と、借入・返済を行った時の利用明細書です。

後者の利用明細書ですが、送付をされるときとされないときとがあります。
ATMからそのまま利用明細書が発行される場合は郵送されません。
ATMから発行されない場合に郵送されます。
口座振込時も郵送されます。

借入または返済時にお金が移動するとき、利用明細書を発行しなければならないと貸金業法で決まっているのです。

その為ATM取引等で即時発行できた場合は郵送されないのですが、利用明細書発行に未対応のATMであったり、銀行振込のときは発行されないため郵送となるのです。

しかし、最近のカード会社は、この利用明細書の郵送の可否を指定したりできるものが増えています。
電子交付といい利用明細書を郵送しないかわりに、Web上で閲覧できるように設定することです。

現在は貸金業法によって取引明細書の提示は書類ではなく電子媒体による開示が認められており、Web上で確認できるようになっています。
従って、電子媒体での開示を利用すれば取引明細書の郵送は一切なくなります(延滞時等は除外)。

どこのATMかにより利用明細書が送られてくるかどうかは異なるため、Web上で閲覧できるように設定しておけば確実なのです。
プロミスモビットアコムはインターネットから手続きを行うという点で共通しています。
アイフルは電話による申込となります。

プロミス

インターネット会員画面にログインし、Web明細を選択すれば送付されることはありません。
契約を終了しただけではだめで、自身で手続きが必要です。
手続き方法はこちらを参照してください。

モビット

プロミスと同様に、インターネット専用画面から手続きすることで郵便による送付をストップすることができます。
手続きに関してはこちらを参照してください。

アイフル

契約時に郵送の有無を選択できます。
郵送ありで契約した場合もフリーダイヤルから連絡することで、郵送がストップできます。
他社のように、会員画面から郵送ストップの手続きを行うという風にはなっていません。

アコム

プロミスモビットと同様にwebの専用画面から郵送ストップの手続きを行います。

銀行振込によるキャッシング

銀行振込によるキャッシングは通常は利用明細書が郵送されますが、上記の郵送ストップの手続きを行えば大丈夫です。
ただ、通帳に振込があったこと(カード会社の名前は使われません)が記帳されるので、配偶者の方に通帳を見られる方は注意しましょう。

現在の多くのカードローン会社では会社名以外に個人名などを振込元として記載できるところもあります。
”家族にばれたくない”という希望を持った申込者が非常に多いためです。

大手カードローン一覧

1位:プロミス フリーキャッシング

・平日はもちろん、土日祝日も即日融資が可能
・家族に知られたくない
・在籍確認について
・「フリーキャッシング」、「レディースキャッシング」がカードローン商品です
・初めて方にはプロミスがおすすめ
・プロミス申込に必要な書類
・一般的な申込みフロー

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
4.5%〜17.8%最短30分最短1時間融資も可能SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

2位:アイフル

・平日はもちろん、土日祝日も即日融資が可能
・家族に知られたくない
・アイフルにも無利息サービスがあります
・女性向けの「SuLaLi」もあります
・アイフル申込に必要な書類
・定期的な収入があればパート・アルバイト・派遣社員の方も借入可能です

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
4.5%〜18.0%最短30分可能アイフル株式会社

3位:アコム

・平日・土日祝日ともに即日融資が可能
・郵送NO!必要書類もアップロードでOK!
・「むじんくん」と提携ATMは全国に多数あります
・30日間金利0円サービスがあります
・アコム申込に必要な書類
・便利なアプリ「アコムナビ」が使えます

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
3.0%〜18.0%最短30分可能アコム株式会社

4位:プロミス レディースキャッシング

・平日はもちろん、土日祝日も即日融資が可能
・「フリーキャッシング」、「レディースキャッシング」がカードローン商品です
・初めて方にはプロミスがおすすめ
・プロミス申込に必要な書類
・一般的な申込みフロー

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
4.5%〜17.8%最短30分最短1時間融資も可能SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

5位:モビット

・19時までに申込完了、20時頃までに審査通過連絡をもらえれば即日融資可能。土日もOK
・在籍確認で勤務先への電話連絡がない「WEB完結」申込とは
・利用明細書の発行を会員専用サービス「Myモビ」からストップできます
・ATMを利用するなら、三井住友銀行がお得
・モビット申込に必要な書類
・借入れ金額は1万円から〜最大800万円まで可能です
・モビット公式のスマホアプリがダウンロード出来ます

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
3.0%〜18.0%最短30分可能
※1. 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※2. 14:50までの振込手続完了が必要です。
※3. 審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。
株式会社モビット

6位:オリコ クレスト

・個人向けのカードローンです
・即日融資は不可能、借入まで最短5営業日かかります
・オリコ クレスト申込に必要な書類
・選べる返済方法
・借入方法は銀行振込とATMの2つ
・所得証明書が必要なケースについて
・「eオリコサービス」により、明細書の送付も停止できます

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
4.5%〜18.0%可能(平日なら13時30分までの受付で即日審査)不可。最短5営業日。株式会社オリエントコーポレーション

7位:新生銀行カードローン レイク

・即日融資も可能
・ほとんどの借入・返済手段が手数料無料です
・レイクには無利息期間があります
・レイク申込に必要な書類
・レイクもカードレスが可能
・レイクを利用すれば、新生銀行での振込手数料が無料になる

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
4.5%〜18.0%審査結果をすぐに画面上で確認できます可能株式会社新生銀行

8位:オリコ事業主ローン「CREST for Biz」

・個人事業主専用のローンカードです
・審査は数日かかります
・利用中の銀行振込なら最短即日で対応できます
・”返済”時のATM手数料は無料
・明細書の送付も停止できる

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
6.0%〜18.0%不明不明株式会社オリエントコーポレーション

9位:ビジネクスト

ビジネクストはあまり聞きなれない名前ですが東京都にある2001年に設立された、 アイフル グループのビジネスローン専門会社です(三井住友信託銀行との合弁による)。 資金使途は事業用のみとなっていますので、 総量規制 の対象外です。 一般個人の方の申込は不可能となっています(自営業者はOK)。 つなぎ資金などの資金繰りに利用される方が多いです。 商品は多岐にわたりますが、代表的なものは無担保・有・・・

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
8.0%〜15.0%(利用限度額100万円以上)
13.0%〜18.0%(利用限度額100万円未満)
不明不可(3日程度(土日祝日を除く))ビジネクスト株式会社

<<前のページへ   次のページへ>>