初めての方におすすめな消費者金融TOP3
プロミス フリーキャッシング
モビット
アコム

プロミスをカードレス(カードなし)で利用する

カードローンであってもクレジットカードでも、主にカードを使用して取引します。
しかしプロミスはカードありとなしを選択することができます。

カードローンを作ったことを家族にばれたくない方や、財布にカードを入れておきたくない方は、このカードレス取引がどのようなものか気になるところだともいます。

カードがないのにお金を借りたり返したりどうやってやるのか、面倒だったらカードありでも仕方ない・・・、カードなしでもカードありと遜色のない使い方ができます。

プロミス利用を家族に知られたくない

借入は銀行振込で行うことができます

カードなしの主な取引方法は、インターネット会員サービスから行います。
借入方法は銀行振込のみで、返済もインターネットバンキングor引き落としで行うことが多くなるでしょう。

後述しますが、カードなしでも返済のみプロミス自社ATMで行うことができます。
カードなしの場合、この返済方法以外でATMの使い道はないということになります。

プロミスにはカードありなし関わらず、銀行振込が可能です。
瞬フリ」と言いますが、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座があれば24時間いつでもすぐに銀行口座に振り込んでもらえます。
このA銀行であれば土日祝日を問いません。

もちろんこの2つの銀行以外でも利用可能となっていますが、その場合は銀行営業時間内の利用のみとなります。
ようするに銀行が休みの土日祝日は利用できないことになります。

ちなみにこの銀行振込サービスはプロミスが振込元になるわけですが、振込名義人名を「プロミス」か「パルセンター」のどちらかから選ぶことができます。
「パルセンター」の方を選べば家族に通帳を見られたときにも対応できるでしょう。

銀行振込により通帳に記録が残るのは嫌だという方は、カードありで契約し、ATMから直接現金を借り入れするしかありません。
ちなみにカードありでも銀行振込は利用できます。

カードなしの場合の土日祝日融資はどうなる?

カードなしの借入はインターネットから依頼しての銀行振込のみであることは分かりました。

銀行は土日祝日が休みですが、三井住友銀行とジャパンネット銀行は対応できますので、この2つの銀行の口座を持っていれば借入可能ということになります。

これらの口座を持っていないなら銀行の翌営業日の振込になりますので、土日祝日の即日借入はできないことになります。

返済手段も豊富にあります

カードなしの返済手段は下の3つです。
どの方法をとっても手数料は無料です。

インターネットバンキング

カードなしの返済は、次の銀行のインターネットバンキングを利用しているならネットから瞬時に返済できます。利用方法はプロミス会員画面からログインして手続きを進めていきます。
銀行に並ぶ手間もなくなりますし、手数料もかかりません。

口座振替

毎月の決まった返済日に自動で引き落としされます。
上述のインターネットバンキングを利用できない方はこちらの口座振替を利用しましょう。
もちろん持っていても別途、引き落とし設定はできます。

毎月の返済が自動で行われますので、手間がかかりません。
また決まった返済額以上であれば多めに返済することもできます。
この場合はインターネット会員サービスから別途、手続きを行います。

三井住友銀行とジャパンネット銀行は反映も早いので口座を持っているならおすすめです。
登録金融機関三井住友銀行・ジャパンネット銀行その他の金融機関
(一部取扱いできない金融機関あり)
お申込み方法契約後にプロミスインターネット会員サービスにて申込み
ご返済期日5日、15日、25日、末日のいずれか毎月5日
引落開始日前日までの登録で次回返済期日より次回返済期日に間に合わない場合があります
引落し後のお借入残高への反映当日3営業日後
手数料0円
または、上述にある通り、プロミス自社ATMを利用することでも可能です。

カードレスでもプロミス自社ATMで返済はできる

ATMで借りる場合にはカードが必要です。
これはプロミス自社ATMでも提携ATMでも共通ですので、カードなしでATMからの借入はできないことになります。

しかし、返済する場合はプロミス自社ATMであれば、カードなしでも返済できるのです。
画面を見ればわかりますが、左下に「カードなし」のボタンがあります。

その後「会員番号」がわかればそれを入力しますが、わからない場合は「氏名」「生年月日」「電話番号」を入力し、手続きを進めます。

プロミス自社ATMはどの取引でも手数料無料です。
手数料がかからないATMで頻繁に返済を行えば、支払う利息総額も軽減できます。

近隣にプロミス自社ATMがあり、カードなし契約を行っている場合は「会員番号」を手元に控えておくことで手続きがスムーズに進みますのでおすすめします。

カードなしでできることは、カードありでもできる

どちらでもいいならカードありを選んだ方がいいです。
カードありなら、カードなしでできることは全てできます。
しかし、カードなしでできないことが、カードありでできるケースは多々あるからです。

カードありでも銀行振込と口座振替返済を主に利用するなら、家にカードを置いておいて問題ありません。
カードなしで上述の2つの銀行の口座を持っていない場合、土日祝日の借入はできないことになります。
しかしカードありで上述の2つの銀行の口座を持っていなくても、カードでATMを利用することで借り入れできます。

土日祝に頻繁に借入する予定だが、三井住友銀行とジャパンネット銀行のどちらの口座も持っていない方、この方はプロミスカードレスは向かないでしょう。

カードなしでもカードありでも、郵送物はなしにできる

カードありでも自動契約機に来店することにより、契約時の郵送物はなしにできます(申込からの流れ参照)。
契約後、Web明細利用をネット会員画面から登録すれば、プロミス利用中の利用明細書が送付されることはなくなります。
カードなし=郵送物なし、ではありませんので、カードありなしは自身に合った方を選ぶことをおすすめします。

プロミス

1位:プロミス フリーキャッシング

・平日はもちろん、土日祝日も即日融資が可能
・家族に知られたくない
・在籍確認について
・「フリーキャッシング」、「レディースキャッシング」がカードローン商品です
・初めて方にはプロミスがおすすめ
・プロミス申込に必要な書類
・一般的な申込みフロー

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
4.5%〜17.8%最短30分最短1時間融資も可能SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

2位:プロミス レディースキャッシング

・平日はもちろん、土日祝日も即日融資が可能
・「フリーキャッシング」、「レディースキャッシング」がカードローン商品です
・初めて方にはプロミスがおすすめ
・プロミス申込に必要な書類
・一般的な申込みフロー

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
4.5%〜17.8%最短30分最短1時間融資も可能SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

<<前のページへ   次のページへ>>