消費者金融系TOP3
プロミス フリーキャッシング
アイフル
アコム

プロミスのポイントサービスとは

ポイントサービスを利用すればお得です

プロミスでは、会員向けに独自のポイントサービスを行っています。
他社カードローンを見回しても、ポイントサービスを行っているのはプロミスのみです。

カードローンを長く利用するなら、金利負担は小さい方が良いですし、ATM手数料もできれば払いたくないに決まっています。
様々なアクションでポイントが貯められ、そのポイントを利用して、次回の借入時や返済などが手数料いらずでできる仕組みになっています。

なお、ポイントサービスは別途、申込を行わなければいけません。
カード発行しただけでポイントサービスを利用できるわけではないので注意しましょう。
インターネット会員画面より申込を行いましょう。

ポイント獲得の方法

ポイントの獲得要件は下のようになっています。ポイント獲得手段は概ねこのようになっています。
返済期日をしっかり守ることを意識すれば、おのずと会員サービスにログインしたり、お知らせに目を通す機会が増えると思います。

貯まったポイントは、提携ATMの手数料無料や無利息サービスに利用可能です。

1.提携ATM手数料の無料サービス

ではポイントを貯めたら何ができるのかというと、一つ目はATMの手数料無料サービスです。
そもそも、プロミス自社ATMと三井住友銀行のATMなら元々手数料無料となっています。

ではどのATMが手数料を必要とするかというと、プロミス自社ATMと三井住友銀行ATM”以外”のATMです。
下のようになります。プロミスのATMについて

手数料のかかるATMを頻繁に利用する、またはそのようなATMしか近隣にないという方は、このサービスにポイントを使いましょう。

40ポイントで”申し込んだ日”から”翌月の末日”までATM手数料が無料になります。
ということは、月末に申し込むと損となってしまいますので、申し込むなら月の初めあたり(1日が最善)に申し込みましょう。

プロミス自社ATMと三井住友銀行ATMが近隣にある方は、次に述べる「無利息サービス」でポイントを使うことをおすすめします。

無利息サービスの復活

2つ目のポイント特典は、「無利息サービス」です。
プロミスは次のポイント数を貯めることで、再度この無利息期間を復活させることができるのです。
ポイント数と無利息期間の適用分は以下の通りです。無利息期間はアイフルアコムも行っていますが、契約初期のみとなっています。

また、この2社は”契約日”が無利息期間のスタートですが、プロミスは”借入日”がスタートなのです。

どういうことかというと、カードを作っただけで借入を行わなくても無利息期間は消化されていくのです。

一方でプロミスは、例えばカードを作ってから数日後に借入を行っても、借入を行った日が無利息期間のスタートになるので無駄がないのです。

プロミスの無利息サービスを詳しく

1位:プロミス フリーキャッシング

・平日はもちろん、土日祝日も即日融資が可能
・家族に知られたくない
・在籍確認について
・「フリーキャッシング」、「レディースキャッシング」がカードローン商品です
・初めて方にはプロミスがおすすめ
・プロミス申込に必要な書類
・一般的な申込みフロー

>>詳細ページへ<<

即日融資利用可能額即日審査企業名
最短1時間融資も可能1万円〜500万円最短30分SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

2位:プロミス レディースキャッシング

・平日はもちろん、土日祝日も即日融資が可能
・「フリーキャッシング」、「レディースキャッシング」がカードローン商品です
・初めて方にはプロミスがおすすめ
・プロミス申込に必要な書類
・一般的な申込みフロー

>>詳細ページへ<<

即日融資利用可能額即日審査企業名
最短1時間融資も可能1万円〜500万円最短30分SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

-

<<前のページへ   次のページへ>>