消費者金融系TOP3
プロミス フリーキャッシング
アイフル
アコム

モビットの「WEB完結」とは

カードローン利用者には、借入を秘密にしておきたい方と、勤務先への在籍確認で申込を躊躇する方が多いのです。

この要望を解決したのが、モビットの「WEB完結」型申込サービスです。

電話連絡も郵送物も一切無しで借入可能な「WEB完結」型申込サービス

モビット」の最大の特徴は、誰にも知られずに借入可能なサービス「WEB完結」です。

「WEB完結」申込を利用すればカードローン作成で必要な電話連絡や郵送などの手続きを原則なしで借入れが出来ます(電話連絡は入力不備があった場合にはかかってくることがあります)。

また在籍確認も社会(組合)保険証などの書類で行い、勤務先への電話連絡は行いません。
これは、他の消費者金融には無い画期的なシステムです。

「WEB完結」申込では、申込時に画像送信や専用アプリから必要書類を提出して、審査結果も電話ではなくメールで来ますので郵送など余分な手間を必要としません。

契約後は、借入れや返済も全てネット上の手続きから行うようになっています。
カード自体発行されないためです。

借入はこちらの所有している口座への銀行振込となります。
返済は口座振替での返済となります。
また、モビット指定口座への振込でも返済可能です(手数料が必要なのでおすすめしない)。

モビットの「WEB完結」は在籍確認の方法が”書類”

カードローンの在籍確認は、通常は電話により行います。
カード会社の担当者が個人名を名乗り申込者の勤務先へ電話を行い、在籍しているかを確認するのです。

かけられる方としては可能なら回避したい在籍確認ですが、カード会社からすれば返済原資の確認となるので、絶対に行わなくてはならない作業なのです。

モビットの「WEB完結」は、その在籍確認を書類で行うことができます。
書類による在籍確認はアイフルアコムが有名です。
しかしこの2社は、申込後にこちらから書類による在籍確認の希望を申し出なければいけません。

その際、確実にOKの返事をもらえる保障はなく、申込者の申告情報の良し悪し、信用情報、書類による在籍確認を希望する理由などを元に判断されます。

書類による在籍確認は偽造等のリスクをカード会社が抱えることになるため、慎重になるのも仕方ないのですが、申込者としては面倒なのと相談というハードルの高さを感じます。

モビットの「WEB完結」は在籍確認方法を最初から書類のみと限定しており、電話確認は行っておりません。

アイフルアコムは相談が必要でしたが、モビットは相談の必要すらないのです。
社会(組合)保険証を持っている方で、勤務先への電話連絡を回避したい方にはおすすめです。

申込には条件があります

とても便利ですが、WEB完結申込を利用する為には下の条件を2つとも満たしている必要があります。健康保険証の条件から、自営業の方は申込ができないことになります。
アルバイトや派遣社員の方は社会保険加入者なら申込できますが、少数派になるでしょう。
結果的にサラリーマンか公務員が対象のサービスとなっています。

三井住友銀行だけではなく三菱東京UFJ銀行の口座も利用出来るのは、少し前まで株式会社モビットは三菱東京UFJ銀行(MUFG)グループだった為です。

土日祝日は借り入れできません

なお、この「WEB完結」はカードが発行されませんので、借入がこちらの銀行口座への振込のみとなっています。

そのため土日祝日は銀行が休みであるため即日融資は不可能となっています。

土日祝日に借り入れする予定があるならば、WEB完結ではなく通常のカード発行型の申込み方法を選択しなければいけません。

プロミスはカードレスでも、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座があれば土日祝日の銀行振込も対応できます。

モビットは入力項目が少ない

申込時の入力項目が多いと途中で嫌になることがあります。
他社の入力項目数は40項目前後となっていますが、モビットの場合は「カード申込」、「WEB完結」申込ともに20項目ほどの入力数となっています。

数が少ないですが、入力ミスがあると審査に時間がかかってしまいます。
審査に時間がかかる最も多い原因は入力ミスですので、ここだけは注意しましょう。

プロミス、モビット、アイフル、アコムの申込項目を比較

利用明細書の郵送が困るなら、忘れずに「Myモビ」の登録をすること

「WEB完結」は申込時に電話連絡がない、在籍確認の方法が書類である、契約手続きもネット上で可能であることはわかりました。

では利用中に関してですが、「カード申込」、「WEB完結」申込ともに、利用明細が送られてくることがあります。

カードによる借入は、ATMで利用明細が発行されれば送られてこないのですが、発行されない場合は郵送で発行しなければならないと、貸金業法で決められているためです。

「WEB完結」による借入は銀行振込となりますが、借入のたびに郵送されます。
これは月一度ではなく、銀行振込を利用するたびに毎回送られてきますので非常に厄介です。

この利用明細の送付ですが、モビットの会員専用サービス「Myモビ」に登録することで送付が停止されます。
Myモビの画面上で利用明細が確認できるようになるため、送付の必要がなくなるわけです。

これは「カード申込」、「WEB完結」申込ともに自動で登録されるわけではなく、自分で登録しなければならないので、利用明細書の送付が困るという方は忘れずに登録しましょう。

プロミスにも「web完結」があるが…

プロミスにもweb完結があります。
こちらのweb完結は手続きがweb上だけのやりとりで終わるというものであり、カードのあり・なしも選択できます。

プロミスの在籍確認は通常通り電話連絡によって行われますので、モビットの「WEB完結」のように電話連絡なしとは異なることになります。

契約までの手続きがweb上だけで終わるのなら、アイフルアコムも可能です。
ですので、在籍確認を書類の確認だけで済ませることができるとしているモビットの「WEB完結」は、一線を画しているということになります。

プロミスの「Web完結」とは

1位:モビット

・19時までに申込完了、20時頃までに審査通過連絡をもらえれば即日融資可能。土日もOK
・在籍確認で勤務先への電話連絡がない「WEB完結」申込とは
・利用明細書の発行を会員専用サービス「Myモビ」からストップできます
・ATMを利用するなら、三井住友銀行がお得
・モビット申込に必要な書類
・借入れ金額は1万円から〜最大800万円まで可能です
・モビット公式のスマホアプリがダウンロード出来ます

>>詳細ページへ<<

即日融資利用可能額即日審査企業名
可能
※1. 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※2. 14:50までの振込手続完了が必要です。
※3. 審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。
1万円〜800万円最短30分株式会社モビット

-

<<前のページへ   次のページへ>>