消費者金融系TOP3
プロミス フリーキャッシング
モビット
アイフル

アコム利用で家族にバレることを防ぐには

アコム等の消費者金融を初めて利用するにあたり、家族にバレることは何とか避けたいという方は多くいます。

急な出費で仕方なく利用を検討し始める方が多く、こっそり借りてこっそり返済したいものです。

アコム発信のアクションは電話と郵送物になるのですが、この2つの取り扱いは上手くコントロールすることにより、家族にバレないようになっています。

電話連絡

電話連絡は申込者への意志確認と、申込者への職場への在籍確認があります。
在籍確認については下記リンクを参照してください。

アコムの在籍確認

電話連絡については、必ず最低1回はかかってきます。
それは申込直後の本人確認です。
電話番号が有効かの確認と、申込の意志確認の意味合いがあります。
通常、携帯電話にかかってきます。

審査に通過した場合も電話連絡になりますが、審査落ちした場合はほぼメール連絡になります。

申込者への連絡

申込後しばらくすると、携帯電話に電話がかかってきます。
この電話を回避することはできないようです。

と言っても、アコム以外のどこの消費者金融でも申込後の電話確認を行っています。
モビットの「WEB完結」のみ電話確認を回避できます(申込時に不備があると電話が来ることもあります)が、モビットの方が特別なのです。

自宅番号への電話確認は回避することができ、この場合は自宅番号を書かなければよいのですが、携帯番号が必須となります。

一方で、自宅番号があることは審査の上では若干の加点事項になりますが、そこまで大きな加点はないと考えられますので、自身で判断してください。

電話に出ると、
「もしもし、○○(アコム担当者名)と申しますが、××様(申込者)の携帯で間違いないでしょうか」

この時点では名前のみ名乗り、アコム名は名乗りません。
本人以外が電話を取ったときのことを想定してのことです。

家族が取った場合、本人に直接伝えたいので、といい、電話は切られます。
または入力事項に問題なく、特別聞きたいこともない場合はこれで電話確認が終わりのケースもあります。

もし家族がしつこく素性を尋ねてもアコムであることを白状するようなことはありません。
これは職場への在籍確認でも同様です。

本人が取った場合、申込のお礼と申込内容の確認になります。
勤務先や年収、他社の借入状況などが聞かれるかもしれません。

申込時に少しでも良い数字を書きたくなるところですが、ここのやりとりで辻褄が合わなくなることもありますので、正直に書くことをおすすめします。

在籍確認

上述の本人確認時に在籍確認を行うことを告げられるでしょう。

ただ勤務先の定休日に申し込んだ場合、在籍確認が取れないことになってしまいます。
また電話がかかってこない職場環境なら在籍確認は回避したいと考える方もいるでしょう。

即日融資を希望する場合などもそうですが、申込後にフリーダイヤルに電話するか、本人確認時の電話で勤務先が休みであることを伝えましょう。

申込内容と信用情報の双方で問題ないと判断されれば、書類での在籍確認が可能になることもあります。
この場合、社会(組合)保険証と直近1〜数か月分の給与明細を必要になります。
あるいは社員証などの提示も求められます。

社会保険証や社員証を主に必要とすることから自営業者やパート・アルバイトの方は原則利用できないことになります(パート・アルバイトでも社会保険加入者なら可能性あり、要相談)。

また、書類での在籍確認はアコム側の判断で決まることであり、申込者の希望で決まるわけではありません。

アコムの在籍確認

郵送物

郵送物ですが、契約時のものと利用中のもので大別されます。
アコムの郵送物は差出人が「ACサービスセンター」となっており、封筒を見ただけではアコムとはわかりません。

カード・契約書類

契約時のカードと契約書類受け取りは自動契約機に来店すれば郵送はされません。

郵送を選択しても時間帯指定もできるようになっていますし、差出人はもちろん「ACサービスセンター」です。

利用明細書

カードを受け取ってひと段落しても、初期設定のままでは利用明細書が郵送されます。
この利用明細書には月一回送付されるものと、次のような取引を行った時に送付されるものがあります。これは必ずしも送付されるものではなく、取引時に利用明細書が発行されなければ郵送されます。
つまり振込キャッシングや口座引き落とし返済を行った時は必ず送付されます(初期設定では)。

提携ATM(アコム自社ATM以外のATM)を利用した時は、その場で利用明細書が発行されなければ、郵送発行ということになるのです。

借入・返済を行うたびに毎回郵送されます。

郵送を嫌って一度に大きな額を借りると利息が気になりますし、かといって必要な分だけ頻繁に借りるとその都度郵送されるという大変面倒な存在になっています。

この利用明細書の送付は、アコムだけでなく他社消費者金融やクレジットカードのキャッシングでも行われます。

アコムはこの利用明細書をWeb上で閲覧できる「Web明細」を2015年からはじめました。
会員ページから「書面の受取方法(登録・変更)」をクリックし、手続きを進めていけばOKです。
この手続きを行えば延滞の除いては、郵送物が自宅に送付されることはありません。

利用明細書の郵送は困るという方は契約後、必ずこの設定にしておくよう注意しましょう。

延滞時にはこの限りではない

きちんと期日に返済していれば、連絡や郵送物は最初の希望通りの方法を守ってくれますが、延滞を起こしそれが続くようであればそうはいきません。
アコム側も回収しなければいけないのです。
といっても、消費者金融のイメージとしてありがちな怖い取り立てなどは全くありません。

最初は携帯に電話がかかってきます。
ただ見知らぬ電話番号なので無視してしまう方も多く、延滞を長引かせることになってしまいます。
そうなると郵送で知らせるという手段になるでしょう。

ちなみに滞納が90日あたりを超えてくると、信用情報機関に事故情報として記載されます。
こうなると他社消費者金融での借入はもちろん、クレジットカードの新規作成も非常に難しくなります。
銀行での住宅ローンなどにも支障がありますので、将来への大きな影響が現れます。

事故情報は延滞中は継続して記載され続けます。
完済しても約5年は記載されます。
この記録が残っている限り、全ての借入やカード作成は非常に困難になります。

返済が難しくなった時は、先手を打ってこちらからアコム側に相談してみましょう。
返済手立てを一緒に考えてくれます。

アコム

1位:アコム

・平日・土日祝日ともに即日融資が可能
・郵送NO!必要書類もアップロードでOK!
・「むじんくん」と提携ATMは全国に多数あります
・30日間金利0円サービスがあります
・アコム申込に必要な書類
・便利なアプリ「アコムナビ」が使えます

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
3.0%〜18.0%最短30分可能アコム株式会社

<<前のページへ   次のページへ>>