消費者金融系TOP3
プロミス フリーキャッシング
アイフル
アコム

クレジットカードの現金化(メルカリの現金化)

クレジットカードの現金化とは

まずクレジットカードの仕組みについて

クレジットカードにはショッピング枠(以下、S枠)とキャッシング枠(以下、C枠)があります。

ショッピング枠は様々な店舗でクレジットカード払いを行った時に使用される部分であり、その支払いはカード会社ごとで異なり、翌月か翌々月になります。
いわゆる「ツケ」に当たる部分です。

キャッシング枠はATMを利用したり、カード会社に振込を依頼すれば、すぐに現金を手にできる部分です。
機能はカードローンと同じです。

ショッピング枠を現金にするのが「現金化」

カードにもよりますが、一般的にクレジットカードはカードローンより発行ハードルが低いのです。
その理由はキャッシング枠をなしにしてショッピング枠のみで発行できるためです。

そのため、カードローン審査に通らないような人でもクレジットカードなら持つことができてしまいます。

そしてショッピング枠を利用して現金を手に入れることを「クレジットカードの現金化」と言います。
通常、ショッピング枠を利用した場合、手に入るのは商品そのものです。

クレジットカードの現金化を謳っている業者は、次のような手順を踏みます。

主な一例

1.商品を売買する
対面でもネット取引でも同じですが、まず現金化業者と利用者で商品を売買します。
この点は通常の売買と同じです。

ただ、決済はクレジットカード決済となることと、商品がおもちゃのようなものになります。
商品は形だけですので、何でも良いのです。

ここでの売買額は10万円としましょう。
2.現金化業者が商品を買い取る
たった今売買が成立した商品を業者が買い取ります。
買取額はおよそ8割前後という業者が多く、今回の例でも8割とします。

商品は業者の手に渡り(正確には戻って)、現金8万円が利用者の手に渡ります。

商品がおもちゃのようなもの、形だけというのはこの為です。

利用者は即時8万円という現金が手に入りました。
3.クレジットカード利用額支払日に返済しなければいけません
利用者は、次回のクレジットカード利用額支払日に10万円の請求が来ることになります。
業者は、カード会社から約10万円弱(カード会社の売り上げとなる手数料を引いた額)を受け取ります。

リスクを背負うのはカード会社です。

現金化業者が逮捕されたケースもある

一見するとどこが違法な点か分かりづらいのですが、感覚的には明らかにモラルを逸脱しています。

まだ少ないですが現金化業者が逮捕されたケースもあります。
逮捕された理由は「貸金業法の違反」と「出資法の違反」です。

貸金業法の違反としては、の一連の流れがお金を貸す行為と認定されたためです。

業者としてお金を貸すには貸金業者として登録しなければならないと貸金業法で定められており、これに違反したとされました。

出資法の違反は、8万円貸して10万円を返済させたという上限金利の違反になるとされました。

クレジットカード決済から返済までが二か月とすると、金利はおよそ年760%になります。
法で定められた上限金利が年20%ですので、38倍にもなるのです。

利息制限法による上限金利

なお、この現金化業者逮捕のケースで利用者が逮捕されたことはまだ一度もありません。

メルカリのケースも同じ

メルカリで現金が販売されるケースが続発しています。
現金のほかにも換金性の高い図書券やギフトカードが額面より高く出品されています。

実際に現金4万円を出品し、約5万円で販売しているケースです。
金額は様々で、もっと高額なケースもあります。

のケースでは対面での状況としましたが、ネットでの商品購入・利用者の個人口座への直接振込という場合もあり、これがメルカリで使われている手段です。

ヤフオクなどでは考えられませんが、新興のネットオークションなどでは監視や取締りがまだまだ甘く、その隙を縫ってこのような売買が行われています(以前からメルカリはオンラインギフト券の出品を禁止しています)。

これに対してはクレームや問い合わせがあるようです。
しかし対応はしているものの、次は電子マネー(Suicaなど)などに対象が移っているようです。

現金化の方法が不明なケースも

電子マネーは現金をチャージできるプリペイドカードとほぼ同じようなもので、名義なしでも発行できることから今回目を付けられたようです。

現金化を目論む利用者はこの電子マネーを現金化しようとするはずです。

となると次は電子マネーの現金化業者が現れる頃だと思いますが、今のところ「電子マネー 現金化」で検索してもそのような業者やサービスは見当たりません。

もし電子マネーの現金化業者が現れると、ショッピング枠を電子マネー化し、さらに電子マネーを現金化するという手順になるため、結局元の金額から何割の金額になるのでしょうか。

現金化に手を出すと泥沼にはまる

その人の信用度と、貸付金利は反比例します。
収入や勤務先がしっかりしていれば金利は低くなる傾向がありますし、その逆も然りです。

こうなる理由は、信頼の低い人は未収(未返済)リスクが高く、そのリスクを金利でヘッジ(回避)するためであり、金銭などの貸借取引では自然にこのような流れになるのです。

現金化に手を出す方・または検討している方は既にカードローンの審査落ちが続いている方でしょう。
信用情報の面でも事故の記載がある方が多いと思います。

そのような方は先に述べた流れに乗ると、自然に金利が高い取引に行きつくことになります。
合法・脱法・違法、関係なくです。

どこかで踏みとどまって別の改善策を練る必要があります。

1位:プロミス フリーキャッシング

・平日はもちろん、土日祝日も即日融資が可能
・家族に知られたくない
・在籍確認について
・「フリーキャッシング」、「レディースキャッシング」がカードローン商品です
・初めて方にはプロミスがおすすめ
・プロミス申込に必要な書類
・一般的な申込みフロー

>>詳細ページへ<<

即日融資利用可能額即日審査企業名
最短1時間融資も可能1万円〜500万円最短30分SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

2位:アイフル

・平日はもちろん、土日祝日も即日融資が可能
・家族に知られたくない
・アイフルにも無利息サービスがあります
・女性向けの「SuLaLi」もあります
・アイフル申込に必要な書類
・定期的な収入があればパート・アルバイト・派遣社員の方も借入可能です

>>詳細ページへ<<

即日融資利用可能額即日審査企業名
可能500万円最短30分アイフル株式会社

3位:アコム

・平日・土日祝日ともに即日融資が可能
・郵送NO!必要書類もアップロードでOK!
・「むじんくん」と提携ATMは全国に多数あります
・30日間金利0円サービスがあります
・アコム申込に必要な書類
・便利なアプリ「アコムナビ」が使えます

>>詳細ページへ<<

即日融資利用可能額即日審査企業名
可能1万円〜800万円最短30分アコム株式会社

4位:モビット

・19時までに申込完了、20時頃までに審査通過連絡をもらえれば即日融資可能。土日もOK
・在籍確認で勤務先への電話連絡がない「WEB完結」申込とは
・利用明細書の発行を会員専用サービス「Myモビ」からストップできます
・ATMを利用するなら、三井住友銀行がお得
・モビット申込に必要な書類
・借入れ金額は1万円から〜最大800万円まで可能です
・モビット公式のスマホアプリがダウンロード出来ます

>>詳細ページへ<<

即日融資利用可能額即日審査企業名
可能
※1. 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※2. 14:50までの振込手続完了が必要です。
※3. 審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。
1万円〜800万円最短30分株式会社モビット

5位:プロミス レディースキャッシング

・平日はもちろん、土日祝日も即日融資が可能
・「フリーキャッシング」、「レディースキャッシング」がカードローン商品です
・初めて方にはプロミスがおすすめ
・プロミス申込に必要な書類
・一般的な申込みフロー

>>詳細ページへ<<

即日融資利用可能額即日審査企業名
最短1時間融資も可能1万円〜500万円最短30分SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

6位:オリコ クレスト

・個人向けのカードローンです
・即日融資は不可能、借入まで最短5営業日かかります
・オリコ クレスト申込に必要な書類
・選べる返済方法
・借入方法は銀行振込とATMの2つ
・所得証明書が必要なケースについて
・「eオリコサービス」により、明細書の送付も停止できます

>>詳細ページへ<<

即日融資利用可能額即日審査企業名
不可。最短5営業日。10万円〜500万円可能(平日なら13時30分までの受付で即日審査)株式会社オリエントコーポレーション

7位:楽天銀行カードローン

・最短で即日融資も一応可能ですが、ほとんどの場合、審査が数日かかります
・300万円までなら収入証明書が原則不要です
・消費者金融系よりも低い金利が特徴です
・楽天銀行カードローン申込に必要な書類
・借入方法は口座振込とATMの2つです
・返済は手数料のかからないこまめなATM返済がおすすめです
・入会で楽天ポイントがもれなく1,000ポイントはもらえます
・専業主婦でもOK、楽天会員ならさらにお得に利用可能です
・おまとめや借り換えにも使えます

>>詳細ページへ<<

即日融資利用可能額即日審査企業名
可能(カード受け取り前に振り込みで可能)10万円〜500万円最短即日楽天銀行株式会社

8位:じぶん銀行カードローン

・即日融資の方法
・借り換えとして利用することもできます
・じぶん銀行カードローン申込に必要な書類
・借入・返済方法
・利用明細書は発行されません
・消費者金融各社の即日融資における締切時間の一例

>>詳細ページへ<<

即日融資利用可能額即日審査企業名
可能10万円以上800万円以内(10万円単位)
※借り換えコースの場合、100万円以上800万円以内(10万円単位)
可能株式会社じぶん銀行

9位:新生銀行カードローン レイク

・即日融資も可能
・ほとんどの借入・返済手段が手数料無料です
・レイクには無利息期間があります
・レイク申込に必要な書類
・レイクもカードレスが可能
・レイクを利用すれば、新生銀行での振込手数料が無料になる

>>詳細ページへ<<

即日融資利用可能額即日審査企業名
可能1万円〜500万円審査結果をすぐに画面上で確認できます株式会社新生銀行

10位:オリコ事業主ローン「CREST for Biz」

・個人事業主専用のローンカードです
・審査は数日かかります
・利用中の銀行振込なら最短即日で対応できます
・”返済”時のATM手数料は無料
・明細書の送付も停止できる

>>詳細ページへ<<

即日融資利用可能額即日審査企業名
不明10万円〜300万円不明株式会社オリエントコーポレーション

11位:ビジネクスト

・無担保・有担保、それぞれのローン商品があります
・申込から契約までの流れ
・無担保ローン
・有担保ローン
・利用可能ATMはセブン銀行もあります

>>詳細ページへ<<

即日融資利用可能額即日審査企業名
不可(3日程度(土日祝日を除く))1万円〜1,000万円 ※新規取引時は上限500万円-ビジネクスト株式会社

12位:中央リテール株式会社

・一本化することで返済額が軽減されます。
・素早い審査で、最短では翌日に借り入れ可能です。
・おまとめローンのメリットについて
・困ったら…まずは相談からが基本です。

>>詳細ページへ<<

即日融資利用可能額即日審査企業名
不可(翌日なら可能)最高500万円可能中央リテール株式会社

13位:ビジネスパートナー「個人事業主向けビジネスローン」

・スモールビジネスローン
・不動産担保ローン
・ファイナンスリース
・割賦
・アイフルなら即日融資可能

>>詳細ページへ<<

即日融資利用可能額即日審査企業名
不可50万円〜500万円不可株式会社 ビジネスパートナー

-

<<前のページへ   次のページへ>>