消費者金融系TOP3
プロミス フリーキャッシング
アイフル
アコム

アコムの借入・返済方法

アコム自社ATMが近隣になくても手数料がかかることを心配する必要はありません。
銀行振込や口座引き落としなど、手数料を必要としない取引方法があります。

なお、ここではATM取引以外について説明します。
ATM取引については下記ページを参照してください。

アコムのATMについて

アコムの様々な借入方法

銀行振込による借入

アコムにweb上から、あるいはフリーダイヤルから依頼することで、こちらの銀行口座に振込で借り入れをすることができます。
振込をしてもらうわけですが、手数料はかかりません。

もし楽天銀行の口座をもっているなら、ほぼ24時間平日休日関係なく振込依頼を受け付けており、依頼から1分ほどで振込してもらえます(日付のかわる前後10分や月曜明け方はメンテナンス等で受付不可)。

楽天銀行以外の銀行やゆうちょ銀行なら、14時30分までに受付完了すれば当日中に振り込んでもらえます(過ぎると翌営業日扱いになります)。
金融機関曜日受付時間振込実施の目安
楽天銀行いつでも0:10〜23:50受付完了から1分程度
銀行・信用金庫平日0:10〜9:00当日 9:30頃
9:00〜14:30受付完了から1分程度
14:30〜23:50翌営業日 9:30頃
土日祝日0:10〜23:50翌営業日 9:30頃
ゆうちょ銀行平日0:10〜9:00当日 正午頃
9:00〜14:00当日 17:00まで
14:00〜23:50翌営業日 正午頃
土日祝日0:10〜23:50翌営業日 正午頃

店頭窓口での借入

有人の店頭窓口での借入・返済も手数料は必要としません。
受付時間はほとんどの店舗で平日9:30〜18:00となっており職員対応になりますが、返済方法などで質問などがある場合、利用するついでに相談できます。

アコムの様々な返済方法

コンビニメディア端末による返済ができませんが、ペイジーによる返済が可能です。

口座引き落としによる返済

手数料無料です。

引き落とし日は6日のみとなっています。
申込から2、3か月後に引き落としが開始されることと、引き落とし後は残高画面への反映は数日後になる点に注意しましょう。
なお、実際にはちゃんと残高は減っているのですが、確認画面への反映のみ数日かかるということです。

インターネットバンキングでの返済

手数料無料です。

ペイジー(pay-easy)による返済となりますが、大手都市銀行のインターネットバンキング返済と変わりなく随時の引き落としによる返済が可能です。

なおペイジー(pay-easy)による返済はプロミスも可能です。

ペイジー(pay-easy)が使える金融機関一覧

銀行振込での返済

手数料がかかります。

アコムが指定する銀行口座へ直接振込を行うことで返済となります。
おそらく振込手数料がかかってしまうため、口座引き落とし設定か、インターネットバンキングによる返済をおすすめします。

店頭窓口での返済

店頭窓口での借入・返済も可能です(上へ戻る)

1位:アコム

・平日・土日祝日ともに即日融資が可能
・郵送NO!必要書類もアップロードでOK!
・「むじんくん」と提携ATMは全国に多数あります
・30日間金利0円サービスがあります
・アコム申込に必要な書類
・便利なアプリ「アコムナビ」が使えます

>>詳細ページへ<<

即日融資利用可能額即日審査企業名
可能1万円〜800万円最短30分アコム株式会社

-

<<前のページへ   次のページへ>>