消費者金融系TOP3
プロミス フリーキャッシング
モビット
アイフル

カードローンは土日祝日も借入可能

土日祝日にカードローンに申し込むことになった場合、果たしてカード会社は営業しているのか、また借入はその日にできるのかは気になるところです。

このページでは次の消費者金融大手4社で土日祝日の対応を比較してみました。

土日祝日でも4社全てで借入が可能

どのカード会社も土日祝日でも基本営業はしており(年末年始などは除く)、申込受付から審査・カード発行まで行っています。

では平日と全く同じかというとそうではなく、異なるのは次の点です。店頭は平日は営業しているものの、休日は全社閉まっています。

ということで土日祝日の契約手続きは、インターネットによる手続きか自動契約機での手続きのどちらかになります。

銀行振込は銀行自体が土日祝日に営業していないため、振込処理も翌営業日となるのが普通です。

しかし、プロミスアコムについてはそれぞれ提携している銀行がありますので、土日祝日でもほぼ24時間振込受付、数秒で振込が完了します。

カード受け取りによる借入方法は共通しています

カードを受け取って直接ATMで借入する方法は全社で同じ手順です。
この場合次のような流れになります。
  1. 申込
  2. 審査
  3. 契約手続き
  4. カード受け取り
カードは郵送で受け取ってその後振込依頼に移ることもできますが、土日祝日に振込で借入できる可能性があるならプロミスアコムのどちらかになります(ただし振込先の銀行に指定あり、後述します)。

申込はインターネットからが簡単

スマホやPCから申し込む方法が最も簡単です。
申込においては平日も休日も方法は同じです。

次は審査になりますが、入力不備は審査が遅れる最も多い原因ですのでミスなく行いましょう。

審査結果を待つ

審査は次の内容を総合的に判断して行われます。土日祝日となると、会社が休日であるため在籍確認ができないという方もいると思います。

プロミスはこの場合、フリーコールで相談可能であるとしています。
会社が休日で在籍確認ができない旨を話してみましょう。

モビットは、「WEB完結」(カードレスです)の場合は書類による在籍確認が可能ですが、カード発行による借入でも可能になることもあるようです。

アイフルアコムも書類による在籍確認が可能なようです。

なお、書類による在籍確認はカード会社側の判断で実施するか決まります。
こちらが希望して確実に実施されるわけではありません。

書類による在籍確認を実施するかの判断は、主に申込時の入力情報信用情報の内容が問題なければ行われる傾向があります。

よって既に借入先が数件あったり、過去に延滞などの事故を起こした記載あると大変難しくなります。

契約手続きを行う

契約手続きの方法は一つではなく、次のような方法があります。平日であれば店頭での契約手続きも可能ですが、土日祝日は全社閉店しています。

カード受け取りによる借入であれば無人契約機に出向く方が、同時にカードを発行・受取も行われるため簡単です。

振込融資を希望であればカードの即日発行は関係ないため、インターネット上での契約手続きをおすすめします(カードは後ほど郵送されます)。

それぞれの手続きに時間の締切があります

土日祝日ですが、全社ほぼ平日と同様に営業しています。
審査結果の連絡はほぼ21時まで行っているため、在籍確認などがスムーズに終えられることと仮定すれば、遅くても19時過ぎくらいまでには申込手続きを終えたいところです。

またATMや自動契約機は稼働時間が設けられているため、そちらの確認もしておきましょう。

各社の店頭・自社ATM・自動契約機の営業時間を比較

有人店舗はどこも閉店しています

これは有人店舗の営業時間一覧です。
土日祝日はどこも営業しておりませんし、平日もほぼ全社で18時までとなっています。
モビットは有人店舗自体持たないことに注意しましょう。
店頭窓口土日祝日平日
プロミス
(お客様サービスプラザ)
休み10:00〜18:00
(店舗により営業時間、休日が異なります)
モビット店舗はありません
アイフル休み10:00〜18:00
アコム休み9:30〜18:00
(一部19時まで)

自動契約機も平日休日関係ありません

契約手続きを行ってくれる自動契約機ですが、こちらも平日休日関係なく同じ稼働時間となっています。
といっても機械を介してカード会社の担当者が受付していますので、21時あるいは22時までの受付となっています。
自動契約機土日祝日平日
プロミス9:00〜22:00
(一部21時までもあります)
モビット8:00〜21:00
アイフル8:00〜22:00
アコム8:00〜22:00

自社ATMは平日休日関係ありません

利用手数料が借入・返済ともに無料である自社ATMですが、平日休日関係なく稼働しています。

モビットは自社ATM自体を持っておらず、手数料無料のATMは三井住友銀行ATMだけとなっております。
アコムは唯一24時間稼働しています。
自社ATM土日祝日平日
プロミス7:00〜24:00
(ATMにより営業時間、休日が異なります)
モビット自社ATMはありません
アイフル7:00〜23:00
アコム24時間・年中無休

手数料は往復でかかる

提携ATMを利用して借入と返済を行った場合、片道どちらにも手数料がかかります。
借入時の手数料は請求されず返済時にまとめて請求されるようになっています。

現在、多くのカードローンは取引額1万円以下で108円(税込)、1万円超で216円(税込)の手数料がかかります。

5,000円借入して、返済時は利息を含めて5,100円返済しなければならないとします。

借入時に108円手数料がかかるはずですが、借入時は請求されません。
返済時も108円かかりますが、ここで手数料がまとめて請求されて合計216円となり、5,316円返済することになります。

この例では5,000円ですが、取引金額が1万円を超えると手数料は倍の216円になり、これが往復でかかるわけです。

さらに複数回返済の場合に手数料のかかるATMを利用した場合、毎回手数料を徴収されるわけです。
例えば10万円借入して毎月2万円と利息ずつ返済していく場合は5回返済するわけですが、5回すべてに手数料がかかってくるわけです。

ですので、多くのカード会社で手数料が無料の自社ATMを利用するか、借入するときは銀行振込、返済するときは口座引き落としなど、手数料のかからない取引方法を利用したいものです。

各社の銀行振込対応状況

振込対応土日祝日
プロミス三井住友銀行あるいはジャパンネット銀行の口座があるなら対応可能
モビット不可
アイフル不可
アコム楽天銀行の口座があるなら対応可能
プロミスなら上表のA銀行のいずれかの口座を持っているなら、土日祝日でも振込による借入が可能です。
アコムなら楽天銀行口座を持っているなら、同様に可能です

いずれも振込依頼から数秒で融資が実行されます。
この指定の銀行口座がなければ、銀行の翌営業日での振込となります。

モビットアイフルはそのような提携銀行を持っていませんので、土日祝日の振込依頼は銀行の翌営業日に融資実行されます。

銀行振込による融資を希望するなら、審査通過の連絡を確認後、自動契約機には向かわずインターネット上での契約手続きがおすすめです。

銀行振込による融資ならスマホ・PCがあればどこでも契約が可能

カード受け取りによる借入の場合、審査通過の連絡を受けた後に無人契約機に出向く必要がありました。

しかし銀行振込による融資ならその必要はなく、自宅で契約手続きまでが可能です(借入に関しては上述の通りカード会社により可・不可あり)。

振込による融資ですので、カードは郵送ということになります。

ネット上での手続きは、契約手続きと振込手続きの2つが必要になります。
契約手続きは、提出書類をメールやアプリで送信することが可能です。
振込手続きは、会員画面から手続きするか、電話依頼も可能です。

各、消費者金融の対応状況については下のリンク先から参照してください。

プロミスの土日対応について
モビットの土日対応について
アイフルの土日対応について
アコムの土日対応について

大手カードローン一覧

1位:プロミス フリーキャッシング

・平日はもちろん、土日祝日も即日融資が可能
・家族に知られたくない
・在籍確認について
・「フリーキャッシング」、「レディースキャッシング」がカードローン商品です
・初めて方にはプロミスがおすすめ
・プロミス申込に必要な書類
・一般的な申込みフロー

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
4.5%〜17.8%最短30分最短1時間融資も可能SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

2位:アイフル

・平日はもちろん、土日祝日も即日融資が可能
・家族に知られたくない
・アイフルにも無利息サービスがあります
・女性向けの「SuLaLi」もあります
・アイフル申込に必要な書類
・定期的な収入があればパート・アルバイト・派遣社員の方も借入可能です

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
4.5%〜18.0%最短30分可能アイフル株式会社

3位:アコム

・平日・土日祝日ともに即日融資が可能
・郵送NO!必要書類もアップロードでOK!
・「むじんくん」と提携ATMは全国に多数あります
・30日間金利0円サービスがあります
・アコム申込に必要な書類
・便利なアプリ「アコムナビ」が使えます

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
3.0%〜18.0%最短30分可能アコム株式会社

4位:プロミス レディースキャッシング

・平日はもちろん、土日祝日も即日融資が可能
・「フリーキャッシング」、「レディースキャッシング」がカードローン商品です
・初めて方にはプロミスがおすすめ
・プロミス申込に必要な書類
・一般的な申込みフロー

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
4.5%〜17.8%最短30分最短1時間融資も可能SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

5位:モビット

・19時までに申込完了、20時頃までに審査通過連絡をもらえれば即日融資可能。土日もOK
・在籍確認で勤務先への電話連絡がない「WEB完結」申込とは
・利用明細書の発行を会員専用サービス「Myモビ」からストップできます
・ATMを利用するなら、三井住友銀行がお得
・モビット申込に必要な書類
・借入れ金額は1万円から〜最大800万円まで可能です
・モビット公式のスマホアプリがダウンロード出来ます

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
3.0%〜18.0%最短30分可能
※1. 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※2. 14:50までの振込手続完了が必要です。
※3. 審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。
株式会社モビット

6位:オリコ クレスト

・個人向けのカードローンです
・即日融資は不可能、借入まで最短5営業日かかります
・オリコ クレスト申込に必要な書類
・選べる返済方法
・借入方法は銀行振込とATMの2つ
・所得証明書が必要なケースについて
・「eオリコサービス」により、明細書の送付も停止できます

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
4.5%〜18.0%可能(平日なら13時30分までの受付で即日審査)不可。最短5営業日。株式会社オリエントコーポレーション

7位:新生銀行カードローン レイク

・即日融資も可能
・ほとんどの借入・返済手段が手数料無料です
・レイクには無利息期間があります
・レイク申込に必要な書類
・レイクもカードレスが可能
・レイクを利用すれば、新生銀行での振込手数料が無料になる

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
4.5%〜18.0%審査結果をすぐに画面上で確認できます可能株式会社新生銀行

8位:オリコ事業主ローン「CREST for Biz」

・個人事業主専用のローンカードです
・審査は数日かかります
・利用中の銀行振込なら最短即日で対応できます
・”返済”時のATM手数料は無料
・明細書の送付も停止できる

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
6.0%〜18.0%不明不明株式会社オリエントコーポレーション

9位:ビジネクスト

ビジネクストはあまり聞きなれない名前ですが東京都にある2001年に設立された、 アイフル グループのビジネスローン専門会社です(三井住友信託銀行との合弁による)。 資金使途は事業用のみとなっていますので、 総量規制 の対象外です。 一般個人の方の申込は不可能となっています(自営業者はOK)。 つなぎ資金などの資金繰りに利用される方が多いです。 商品は多岐にわたりますが、代表的なものは無担保・有・・・

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
8.0%〜15.0%(利用限度額100万円以上)
13.0%〜18.0%(利用限度額100万円未満)
不明不可(3日程度(土日祝日を除く))ビジネクスト株式会社

<<前のページへ   次のページへ>>