初めての方におすすめな消費者金融TOP3
プロミス フリーキャッシング
モビット
アコム

カードローンの無利息期間を比較してみる

今では銀行でもカードローンを発行するため、従来から個人向けの貸金業を営んでいた消費者金融も銀行と闘わなければいけなくなりました。
銀行カードローンは金利面でも平均的に低く、さらにネームバリューと安心感では圧倒的なため、消費者金融側も利用者に対するセールスポイントとして様々なサービスを提供しています。

そのサービスの一つが「無利息期間」です。
プロミスアコムでは早くからこの無利息期間を設けていましたが、アイフルも平成28年より開始しました。
銀行系では元々は消費者金融系であったレイクが実施しています。
無利息期間というのはその名の通り、利息が発生しない期間ということです。
その期間内に返済すれば借入元金だけの返済で済みます。

プロミスアコムアイフルレイクの無利息サービスを比較することでその違いを見ていきます。
プロミスアコム
契約後の無利息期間30日間
無利息期間の開始”借入”翌日から契約翌日から
無利息期間の適用時期・契約後の初回
・ポイント使用毎に随時開始できる
契約後の初回のみ
無利息期間の適用条件プロミスが初めての方は初回の無利息期間あり。
初回でなくてもポイントサービスにより随時再開あり。
アコムの利用が初めて
・返済期日を「35日ごと」で契約した方
アイフルレイク
契約後の無利息期間30日間30日間 or 180日間
無利息期間の開始契約翌日から
無利息期間の適用時期契約後の初回のみ
無利息期間の適用条件アイフルの申込が初めての方レイクとの契約が初めての方

プロミスの無利息期間が一歩リード

最も優れた無利息サービスを行っているのがこのプロミスです。
無利息期間は通常、新規申込者の初回の利用時のみに与えられるものと思われがちですが、プロミスポイントサービスによりこの無利息期間を復活させることができます。

実はアコムアイフルの無利息サービスはほぼ同じと言えます。
アコムのみ返済期日の指定がありますが、その違いだけです。

プロミスの無利息開始は”借入”の翌日から

さらに”無利息期間の開始”において、プロミスのみ”借入”翌日から、となっています。
これはどういうことかというと、契約した日と借入した日が別の場合を想定しているのです。

アコムアイフルが契約日翌日から無利息開始ですが、例えば契約日から5日後に借入を行った場合、無利息期間は25日間になってしまいます。
契約したらすぐ借入しないともったいない気がします。

しかしプロミスは借入の翌日から無利息期間開始ですので、あらかじめカードを作っておいて数日後に借入を行っても無利息期間はちゃんと30日間です。

無利息期間でも返済日はやってくる

これは注意すべきことですが、無利息期間中でも返済日はちゃんとやってきます。

無利息ですので元金だけの返済になるわけですが、返済を忘れるとその時点で利息が発生する可能性があります。
無利息期間が残っていたとしてもです。

あるいは、無利息期間自体なかったことになり(取消になり)、借入後から利息を計算されることもあります。

レイクの無利息期間の内容もアコム、アイフルとほぼ変わらず

レイクは以前は消費者金融として営業していました。
その時は”社名”でしたが、新生銀行に買収されてからは”ブランド名”として営業しており、現在は消費者金融系ではなく銀行カードローンのカテゴリになりました。

”契約後の無利息期間”以外はアコムアイフルとほぼ同じです。

レイクの場合、2種類の無利息期間日数を選択できます。少額を頻繁に借入・返済を繰り返す予定なら前者がおすすめです。
契約から180日以内であれば、5万円を何度も借りたり返したりしても、利息は発生しません。
もし8万円を借入した場合は、差額の3万円分のみ利息が発生します。

一方後者は借入額がいくらかは関係なく、30日間無利息となっています。
少し高い買い物をローンを組んだ時などには、こちらが最適でしょう。

どちらにしてもレイクも無利息サービスは契約初期のみとなっております。

無利息期間以外の内容も加味しましょう

例えばほんの数か月だけカードローンの利用を考えているのなら、プロミスのサービスである無利息期間の復活は魅力的ではないでしょう。

それよりも、近所に手数料無料であるプロミス自社ATMや三井住友銀行ATMがあるかの方が優先すべきことになります。

自身の借入方法や返済方法、またはどこの銀行口座を持っているかなどを配慮して申し込むカードローンを決めることも大切です。

プロミスの無利息サービスとは
アイフルの無利息サービスとは
アコムの無利息サービスとは
レイクの無利息サービスとは

大手カードローン一覧

1位:プロミス フリーキャッシング

・平日はもちろん、土日祝日も即日融資が可能
・家族に知られたくない
・在籍確認について
・「フリーキャッシング」、「レディースキャッシング」がカードローン商品です
・初めて方にはプロミスがおすすめ
・プロミス申込に必要な書類
・一般的な申込みフロー

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
4.5%〜17.8%最短30分最短1時間融資も可能SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

2位:アイフル

・平日はもちろん、土日祝日も即日融資が可能
・家族に知られたくない
・アイフルにも無利息サービスがあります
・女性向けの「SuLaLi」もあります
・アイフル申込に必要な書類
・定期的な収入があればパート・アルバイト・派遣社員の方も借入可能です

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
4.5%〜18.0%最短30分可能アイフル株式会社

3位:アコム

・平日・土日祝日ともに即日融資が可能
・郵送NO!必要書類もアップロードでOK!
・「むじんくん」と提携ATMは全国に多数あります
・30日間金利0円サービスがあります
・アコム申込に必要な書類
・便利なアプリ「アコムナビ」が使えます

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
3.0%〜18.0%最短30分可能アコム株式会社

4位:プロミス レディースキャッシング

・平日はもちろん、土日祝日も即日融資が可能
・「フリーキャッシング」、「レディースキャッシング」がカードローン商品です
・初めて方にはプロミスがおすすめ
・プロミス申込に必要な書類
・一般的な申込みフロー

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
4.5%〜17.8%最短30分最短1時間融資も可能SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

5位:モビット

・19時までに申込完了、20時頃までに審査通過連絡をもらえれば即日融資可能。土日もOK
・在籍確認で勤務先への電話連絡がない「WEB完結」申込とは
・利用明細書の発行を会員専用サービス「Myモビ」からストップできます
・ATMを利用するなら、三井住友銀行がお得
・モビット申込に必要な書類
・借入れ金額は1万円から〜最大800万円まで可能です
・モビット公式のスマホアプリがダウンロード出来ます

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
3.0%〜18.0%最短30分可能
※1. 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※2. 14:50までの振込手続完了が必要です。
※3. 審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。
株式会社モビット

6位:オリコ クレスト

・個人向けのカードローンです
・即日融資は不可能、借入まで最短5営業日かかります
・オリコ クレスト申込に必要な書類
・選べる返済方法
・借入方法は銀行振込とATMの2つ
・所得証明書が必要なケースについて
・「eオリコサービス」により、明細書の送付も停止できます

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
4.5%〜18.0%可能(平日なら13時30分までの受付で即日審査)不可。最短5営業日。株式会社オリエントコーポレーション

7位:新生銀行カードローン レイク

・即日融資も可能
・ほとんどの借入・返済手段が手数料無料です
・レイクには無利息期間があります
・レイク申込に必要な書類
・レイクもカードレスが可能
・レイクを利用すれば、新生銀行での振込手数料が無料になる

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
4.5%〜18.0%審査結果をすぐに画面上で確認できます可能株式会社新生銀行

8位:オリコ事業主ローン「CREST for Biz」

・個人事業主専用のローンカードです
・審査は数日かかります
・利用中の銀行振込なら最短即日で対応できます
・”返済”時のATM手数料は無料
・明細書の送付も停止できる

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
6.0%〜18.0%不明不明株式会社オリエントコーポレーション

9位:ビジネクスト

ビジネクストはあまり聞きなれない名前ですが東京都にある2001年に設立された、 アイフル グループのビジネスローン専門会社です(三井住友信託銀行との合弁による)。 資金使途は事業用のみとなっていますので、 総量規制 の対象外です。 一般個人の方の申込は不可能となっています(自営業者はOK)。 つなぎ資金などの資金繰りに利用される方が多いです。 商品は多岐にわたりますが、代表的なものは無担保・有・・・

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
8.0%〜15.0%(利用限度額100万円以上)
13.0%〜18.0%(利用限度額100万円未満)
不明不可(3日程度(土日祝日を除く))ビジネクスト株式会社

<<前のページへ   次のページへ>>