消費者金融系TOP3
プロミス フリーキャッシング
アイフル
アコム

急ぎなら「消費者金融系(サラ金系)」が吉

カードローンは大きく分けて2種類に分かれます。
「銀行系カードローン」と「消費者金融系カードローン」です。

カードローン初心者の方に人気なのは「銀行系カードローン」です。
「○○銀行カードローン」など、銀行名を冠した名前が安心感を与えます。

この比較対象であるのが「消費者金融系カードローン」です。
プロミスモビットに代表されますが、知名度という点では問題ありません。

しかし、カードローン初心者の方にとっては”消費者金融系”というだけで何となく不安を煽られます。
金利の高さや返済が遅れた時の対応など…。
ここではそれらが”杞憂”であることを説明していきます。

返済に遅れたら、家に来る・電凸されまくるなどは一切ありません

よくあるマンガやドラマで、返済が滞ったときに家に来て大声を出されたり、電話を取るまで何度もかけて来られたりなどというの一場面があります。
また一昔前なら武富士が債務者を自殺に追い込んだ事件もありました。
今現在はどうかというと、そのようなことは一切ありません。

まずは個人名で電話がかかってくる

返済に遅れた場合は、まず電話がかかってきます。
消費者金融系であっても銀行系であっても、カードローンに関しては家族に秘密にしている方も珍しくないため、最初は個人名でかかってきます。

「私、××(個人名)と申しますが、△△様の携帯でお間違いないでしょうか」
この問いかけに本人であることを話せば晴れて、
「○○(会社名)の××(個人名)と申しますが…」
という会話になります。
話し方も非常に丁寧です。

この後、返済期日を過ぎてしまっていることと、返済方法の案内があります。
いつも銀行引き落としで返済している方は、振込やATM返済の説明などです。
手数料を必要とする場合は、その説明もあります。

手持ちがないことを相談すればある程度は待ってもらえますが(最長で1か月ほど)、いつ返済できるか日付を尋ねられるでしょう。

「遅延損害金」が発生します

なお、返済期日の翌日から「遅延損害金」が発生しています。
例えば5日後まで待ってもらえるということになった場合、5日後まで通常の金利で計算されると思っている方がいますが、返済が待ってもらえただけで、遅延損害金として少し高めに設定された金利で計算されています。

下の表は、最高金利と遅延損害金です。
どちらの金利においても、やはり銀行系カードローンの方が低めです。
通常の金利遅延損害金
消費者金融系約18.0% が多い約20.0% が多い
銀行系15.0%弱 が多い約18.0% が多い

延滞時の電話連絡先は固定電話・勤務先にもあるかもしれません

一番最初にかかってくるのは通常は携帯電話です。
但し、携帯電話が何度かけてもつながらない場合は、もし申込時に固定電話の番号を記入したなら、固定電話にかかってくるでしょう。

カード加入時に固定電話の有無、勤務先への連絡の許可等、答える場合もあります。
この時拒否の回答をしていても、延滞時の判断はカード会社に委ねられます。

ただ、この場合も会社名を名乗ることは絶対にありません。
借金があることを第三者に教えるようなことは法律で禁止されているのです(偶然知られてしまった場合は状況にもよりますが、カード会社が罪に問われることはまずありません)。

もし固定電話に連絡されるのは大変困るという方は、申込時に携帯の番号のみ記入することをおすすめします。
固定電話があるのに記入しないことは、虚偽の申告に当たりませんので安心しましょう。

電話がつながらない場合は、郵便物がくる

何度電話してもつながらない場合は、郵便物が送られてきます。
通常は1週間ほどで郵便物という対応になります。
銀行系の場合は銀行名の入った封筒、消費者金融系の場合は会社名が書かれていません。

消費者金融系の差出人は次のような名前になっています。パッと見た感じはわかりませんが、ネットで検索されるとたどり着く可能性もあります。
また、開封されるとさすがにばれてしまいますので、同居している家族がいる方は注意しましょう。

カード会社の担当者が家に来るということは、大手の会社ではまずあり得ません。
ですので、この”郵便物送付”が実質最終手段となります。

信用情報に記載される

延滞の状態が2〜3か月ほどに達すると、信用情報機関に延滞の事故記録が掲載されます。
事故の内容により掲載期間が異なりますが、延滞の場合は”延滞解消から”最大5年です。

よく、延滞を開始した期間から5年という誤解をしている方がいますが、延滞中はずっと掲載されます。
ちゃんと返済して延滞を解消した場合、そこから最大5年掲載されるのです。

この事故記録が掲載されていると、新規のカードローン作成や銀行での住宅ローン計画などが非常に難しくなります(実質無理だと思います。

延滞があると限度額アップが難しくなります

返済期日を忘れて電話の督促のたびに思い出したように返済を行うということを繰り返した場合、限度額のアップは非常に難しくなります。
遅れても数日で返済しているなら、信用情報機関に事故記録として載ることはありません。

しかし、限度額のアップに応じてもらうのは非常に難しくなります。
それは自身の職業や年収など、属性が良かったとしてもです。

カード会社はカードを発行してからは、属性よりも利用実績を重視します。
将来的な限度額のアップを希望しているなら返済日にはしっかり返済を行い、もし遅れる場合は事前に連絡するという使い方が必須です。

返済が苦しいときは事前に連絡をしましょう

次の返済が苦しいときは、2つの策があります。もちろんどちらもカード会社に相談し、了解をとることが必要です。

消費者金融系のメリット

消費者金融系をおすすめしたい方は次のような方です。これはどちらも審査の難易度のことです。

急ぎである

融資を急いでいる方は断然、消費者金融系が良いです。

審査の難易度で言うと、銀行系>消費者金融系、であり審査に落ちるとその後別のカード会社で通ったとしても数日借入が遅れることになります。
また、1社目で審査落ちすると、2社目以降の審査が通りにくくなります。
これは1社目で審査落ちしたという記録が残るためです。

絶対に借入できるという保証はありませんが、審査に通る確率を高い方を選ぶなら1社目に「消費者金融系」です。
基本的に「消費者金融系」に落ちて、「銀行系」に通るということはあまり考えられません。

総量規制

消費者金融系と銀行系の大きな違いは「総量規制」の対象であるかどうかです。
総量規制とは、ざっくり言うと年収の3分の1までしか借金できないという決まりですが、銀行系は総量規制の対象”外”です。

対象外というと審査が易しいのでないかと一瞬思われる方もいますが、銀行は審査が慎重、ようするに厳しいために元から対象外となっています。
だからと言って消費者金融系が易しいというわけではないですが、比較した場合銀行系は厳しいということになります。

なお、カードローンのHPで○秒診断といって、生年月日、年収、現在の借入高を入力するサービスがありますが、これは総量規制に年収3分の1に達しているかのみを調べているのです。

自身の属性にあまり自信がない

これも審査における話です。
属性とは職業、年収、住宅事情など申込者自身のあらゆる内容のことです。

カードローンの審査方法について

職業であれば最も良いとされるのは「公務員」です。
その対極とされるのは、パートやアルバイトの方でしょう。
年収は高ければ高いほど良いですし、住まいも持ち家であればさらに印象は良いです。

ただ審査上、最も参考にされるのは過去の事故歴です。
公務員で高年収、持ち家であっても延滞の事故が掲載されていれば、さすがに敬遠されます。

このような様々な項目の中で何か気にかかる部分があるがどうしてもお金が入用だというなら、「消費者金融系」に申し込むことが最善です。
借入できないならそれでも構わないというなら「銀行系」が良いと思います。

1位:プロミス フリーキャッシング

・平日はもちろん、土日祝日も即日融資が可能
・家族に知られたくない
・在籍確認について
・「フリーキャッシング」、「レディースキャッシング」がカードローン商品です
・初めて方にはプロミスがおすすめ
・プロミス申込に必要な書類
・一般的な申込みフロー

>>詳細ページへ<<

即日融資利用可能額即日審査企業名
最短1時間融資も可能1万円〜500万円最短30分SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

2位:アイフル

・平日はもちろん、土日祝日も即日融資が可能
・家族に知られたくない
・アイフルにも無利息サービスがあります
・女性向けの「SuLaLi」もあります
・アイフル申込に必要な書類
・定期的な収入があればパート・アルバイト・派遣社員の方も借入可能です

>>詳細ページへ<<

即日融資利用可能額即日審査企業名
可能500万円最短30分アイフル株式会社

3位:アコム

・平日・土日祝日ともに即日融資が可能
・郵送NO!必要書類もアップロードでOK!
・「むじんくん」と提携ATMは全国に多数あります
・30日間金利0円サービスがあります
・アコム申込に必要な書類
・便利なアプリ「アコムナビ」が使えます

>>詳細ページへ<<

即日融資利用可能額即日審査企業名
可能1万円〜800万円最短30分アコム株式会社

4位:モビット

・19時までに申込完了、20時頃までに審査通過連絡をもらえれば即日融資可能。土日もOK
・在籍確認で勤務先への電話連絡がない「WEB完結」申込とは
・利用明細書の発行を会員専用サービス「Myモビ」からストップできます
・ATMを利用するなら、三井住友銀行がお得
・モビット申込に必要な書類
・借入れ金額は1万円から〜最大800万円まで可能です
・モビット公式のスマホアプリがダウンロード出来ます

>>詳細ページへ<<

即日融資利用可能額即日審査企業名
可能
※1. 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※2. 14:50までの振込手続完了が必要です。
※3. 審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。
1万円〜800万円最短30分株式会社モビット

5位:プロミス レディースキャッシング

・平日はもちろん、土日祝日も即日融資が可能
・「フリーキャッシング」、「レディースキャッシング」がカードローン商品です
・初めて方にはプロミスがおすすめ
・プロミス申込に必要な書類
・一般的な申込みフロー

>>詳細ページへ<<

即日融資利用可能額即日審査企業名
最短1時間融資も可能1万円〜500万円最短30分SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

6位:オリコ クレスト

・個人向けのカードローンです
・即日融資は不可能、借入まで最短5営業日かかります
・オリコ クレスト申込に必要な書類
・選べる返済方法
・借入方法は銀行振込とATMの2つ
・所得証明書が必要なケースについて
・「eオリコサービス」により、明細書の送付も停止できます

>>詳細ページへ<<

即日融資利用可能額即日審査企業名
不可。最短5営業日。10万円〜500万円可能(平日なら13時30分までの受付で即日審査)株式会社オリエントコーポレーション

7位:楽天銀行カードローン

・最短で即日融資も一応可能ですが、ほとんどの場合、審査が数日かかります
・300万円までなら収入証明書が原則不要です
・消費者金融系よりも低い金利が特徴です
・楽天銀行カードローン申込に必要な書類
・借入方法は口座振込とATMの2つです
・返済は手数料のかからないこまめなATM返済がおすすめです
・入会で楽天ポイントがもれなく1,000ポイントはもらえます
・専業主婦でもOK、楽天会員ならさらにお得に利用可能です
・おまとめや借り換えにも使えます

>>詳細ページへ<<

即日融資利用可能額即日審査企業名
可能(カード受け取り前に振り込みで可能)10万円〜500万円最短即日楽天銀行株式会社

8位:じぶん銀行カードローン

・即日融資の方法
・借り換えとして利用することもできます
・じぶん銀行カードローン申込に必要な書類
・借入・返済方法
・利用明細書は発行されません
・消費者金融各社の即日融資における締切時間の一例

>>詳細ページへ<<

即日融資利用可能額即日審査企業名
可能10万円以上800万円以内(10万円単位)
※借り換えコースの場合、100万円以上800万円以内(10万円単位)
可能株式会社じぶん銀行

9位:新生銀行カードローン レイク

・即日融資も可能
・ほとんどの借入・返済手段が手数料無料です
・レイクには無利息期間があります
・レイク申込に必要な書類
・レイクもカードレスが可能
・レイクを利用すれば、新生銀行での振込手数料が無料になる

>>詳細ページへ<<

即日融資利用可能額即日審査企業名
可能1万円〜500万円審査結果をすぐに画面上で確認できます株式会社新生銀行

10位:オリコ事業主ローン「CREST for Biz」

・個人事業主専用のローンカードです
・審査は数日かかります
・利用中の銀行振込なら最短即日で対応できます
・”返済”時のATM手数料は無料
・明細書の送付も停止できる

>>詳細ページへ<<

即日融資利用可能額即日審査企業名
不明10万円〜300万円不明株式会社オリエントコーポレーション

11位:ビジネクスト

・無担保・有担保、それぞれのローン商品があります
・申込から契約までの流れ
・無担保ローン
・有担保ローン
・利用可能ATMはセブン銀行もあります

>>詳細ページへ<<

即日融資利用可能額即日審査企業名
不可(3日程度(土日祝日を除く))1万円〜1,000万円 ※新規取引時は上限500万円-ビジネクスト株式会社

12位:中央リテール株式会社

・一本化することで返済額が軽減されます。
・素早い審査で、最短では翌日に借り入れ可能です。
・おまとめローンのメリットについて
・困ったら…まずは相談からが基本です。

>>詳細ページへ<<

即日融資利用可能額即日審査企業名
不可(翌日なら可能)最高500万円可能中央リテール株式会社

13位:ビジネスパートナー「個人事業主向けビジネスローン」

・スモールビジネスローン
・不動産担保ローン
・ファイナンスリース
・割賦
・アイフルなら即日融資可能

>>詳細ページへ<<

即日融資利用可能額即日審査企業名
不可50万円〜500万円不可株式会社 ビジネスパートナー

-

<<前のページへ   次のページへ>>