初めての方におすすめな消費者金融TOP3
プロミス フリーキャッシング
モビット
アコム

プロミスの即日融資 in 平日

借入方法の最も多い需要は「即日融資」です。
カードによる借入、銀行振込による借入どちらも可能ですが、プロミスでの即日融資の手続きの流れは次のようになっています。申込から借入までは4ステップありますが、即日融資を希望するならそれぞれの段階で締切の時間があります。
なお、ここで紹介する借入方法は最も遅い時間まで借入できる方法です。

土日祝日に即日融資を希望する方は下記を参照してください。

プロミスの即日融資 in 土日祝

1.カード受け取りによる即日融資の締切時間

@申込の締切時間

インターネット申込なら24時間受け付けしていますが、即日融資を希望するなら
最も遅くても20時くらいまでには申込を行っておきたいところです。

”20時くらいまで”という表現の理由は、申込の明確な締切時間は決まっておらず、21時までに審査通過の連絡を聞くことが即日融資の条件となっています。

そのため入力不備(審査が遅れる最も多い原因)など一切なく、スムーズに審査が進めば申込から最短30分で審査は完了し、審査結果の連絡があります。

しかし難航すれば、午前中の早い時間に申し込んだとしても翌日以降の審査結果ということも考えられます。

また、審査は在籍確認も含まれますので、申し込んだ時間に会社と連絡がつかない場合はその日の在籍確認はできないことになります(在籍確認が行われないケースもあります)。

申込が早ければ早いほど即日で借入できる可能性が大きいと考えてください(理想は午前中)。
最も遅くても少し余裕をもって19時くらいまで、ギリギリで20時くらいまでには申込を完了させておきましょう。

なお、在籍確認ができないとわかっている場合はプロミスに申込後、フリーコールから電話して相談してください。
これはプロミスHPでも推奨されている方法で、なんらかの対応策を練ってもらえます。

プロミスの在籍確認

A審査の締切時間

審査自体は随時行っています。
その日の借入を希望する場合、21時までに審査通過の連絡を聞かなければいけません。

プロミスが審査通過の電話連絡を行っているのは21時までです。
これ以降は時間が遅いため翌日扱いになるのです(フリーコールでの相談内容によっては21時過ぎでも対応可能な場合あり)。

この”21時まで”ということを考慮すると、申込自体のリミットは遅くても20時までにということになります。
在籍確認を考慮した場合は、会社の営業時間中にかけてもらえるよう、早めの申込を行いましょう。

B契約手続きの締切時間

審査通過の連絡を受けた場合、最も遅く契約手続きが可能なのは、自動契約機による契約です。

自動契約機は通常は22時まで(一部店舗は時間が異なります)稼働していますので、その時間までに到着して手続きが完了すればその場でカード発行となります。

提出書類などは忘れずに持っていきましょう。

C借入の締切時間

借入自体はATMが稼働していれば可能です。
コンビニATMなら24時間利用することができますし、銀行ATMも時間内なら利用できます。

ここで気になるのはATM手数料です。
プロミスカードの利用手数料が無料なのは、プロミス自社ATMと三井住友銀行ATMです。

これ以外のコンビニ・銀行ATMは利用手数料が発生します(取引額1万円以下:108円、1万円以上:216円)。

通常、自社ATMのみ手数料無料というところが多いのですが、プロミスの場合は三井住友銀行ATMも無料となっています。

なお、プロミス自社ATMは24時まで(一部店舗は時間が異なります)稼働しています。

プロミスのATMについて

2.銀行振込による即日融資の締切時間【三井住友銀行またはジャパンネット銀行の口座を持っている方】

上述のカード受け取りによる借入と並び、三井住友銀行またはジャパンネット銀行の口座(以下、A銀行と略す)を持っている方も24時間振込対応が可能になります。

このA銀行の口座があれば、カード借入と同じ締切になります。

もしこのA銀行の口座を持っていなければ、平日14時までに契約完了しておかなければいけません。
まずはA銀行の口座を持っている場合を説明していきます。

@申込の締切時間

申込自体は24時間可能です。
また、A銀行の口座がある方は、土日祝日関係なく24時間振込手続き可能で、最短10秒で振込が実行されます。

A銀行口座がある場合、カード受け取りによる借入と同じ締切になります。

21時までに審査通過の連絡を聞くことができればよいので、遅くても20時くらいまでには申込を行っておきましょう。

A審査の締切時間

審査の締切は21時です。
申込だけで考えるなら遅くても20時までがリミットですが、審査は在籍確認も含みます。

在籍確認は基本的に勤務先に連絡があるわけですが、会社の営業時間が日中でありそれ以降は電話をとらないなどの理由がある場合は、もっと早く申込を行いたいところです。

なお、在籍確認が難しい場合は申込後にプロミスへフリーコールを行うことで対応策を練ってもらえることがあります。

B契約手続きの締切時間

カード受け取りの場合はここで無人契約機に向かいますが、振込融資の場合はネット上でのメールやアプリでのやりとりで契約手続きが可能です。

必要書類の提出も画像の送信で完了できます。
契約手続きはおよそ22時まで可能です。

C借入の締切時間

契約手続きが無事終了すれば、インターネット会員画面から振込手続きを行うことで融資が実行されます。

A銀行への振込なら土日祝日関係なく、24時間振込依頼が可能となっており、最短10秒で振込が完了します。

振込手数料はどこの銀行の口座でも無料です。
しかし時間帯によっては口座からの出金手数料が必要になりますので注意しましょう。

3.銀行振込による即日融資の締切時間【三井住友銀行またはジャパンネット銀行の口座を”持っていない”方】

A銀行の口座も持っていない方の振込融資の方法です。
この場合は平日14時までの契約完了がリミットになります。

@申込の締切時間

こちらも申込自体は24時間受付しています。

しかしA銀行以外の銀行振込を希望するなら、平日14時までに契約完了が必須です。
ということで平日13時までには申込を完了しておきたいところです。

A審査の締切時間

最も遅い時間まで借入可能な、カード受け取りによる借入なら審査締切時間を考慮しなければいけませんでした。
しかし前段階でおよそ13時までの申込を前提とすると、日中は通常通り業務しているため、審査締切時間は考える必要はありません。

B契約手続きの締切時間

契約手続きを平日14時までに完了させることが即日融資の条件です。

C借入の締切時間

ここからがA銀行の銀行口座所持者と異なるところです。
A銀行口座所持者は24時間振込受付可能ですが、A銀行以外の口座所持者は14時50分が当日の銀行振込のリミットとなります。

インターネット会員画面から、あるいはプロミスコール(電話)から振込依頼を行うわけですが、この時刻を過ぎると銀行の翌営業日の振込になってしまいます。

プロミス

1位:プロミス フリーキャッシング

・平日はもちろん、土日祝日も即日融資が可能
・家族に知られたくない
・在籍確認について
・「フリーキャッシング」、「レディースキャッシング」がカードローン商品です
・初めて方にはプロミスがおすすめ
・プロミス申込に必要な書類
・一般的な申込みフロー

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
4.5%〜17.8%最短30分最短1時間融資も可能SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

2位:プロミス レディースキャッシング

・平日はもちろん、土日祝日も即日融資が可能
・「フリーキャッシング」、「レディースキャッシング」がカードローン商品です
・初めて方にはプロミスがおすすめ
・プロミス申込に必要な書類
・一般的な申込みフロー

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
4.5%〜17.8%最短30分最短1時間融資も可能SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

<<前のページへ   次のページへ>>