消費者金融系TOP3
プロミス フリーキャッシング
アイフル
アコム

アイフルの借入・返済方法

ATMでの取引の場合、アイフル自社ATMのみ手数料完全無料となっています。
手数料は払いたくないものですが、ATM操作以外で手数料を必要としない取引もあります。

ここではATM以外の借入・返済方法を紹介します。
ATM取引については下記を参照してください。

アイフルのATMについて

アイフルの様々な借入方法

アイフルは店頭での貸付を行っていません。
返済のみ可能です。

銀行振込による借入

手数料無料です。

近隣にアイフル自社ATMがないなら銀行振込がおすすめです。

インターネット会員画面、またはフリーダイヤルから申込が可能ですが、14時までに振込依頼が完了すればこちらの口座へ振込融資を行ってもらえます。
これは銀行振込ですので、土日祝日は利用できません。

振込元の名義ですが、アイフル社名と個人名を選択できますので、家族に通帳を見られてしまった場合にも対応できます。

アイフルの様々な返済方法

口座引き落としによる返済

手数料無料です。

指定日に自身の口座から引き落としで返済すれば、手数料はかかりません。
引き落としの設定はインターネット会員画面または店舗などでの手続きが必要になります。
他にもアイフル店舗で直接返済するか、アイフル自社ATMでの返済が手数料無料となっています。

返済手段はほかにも、アイフル指定の口座への振込と、提携ATMを使っての返済がありますが、このどちらの方法も手数料を必要とします。

ギリギリでの返済となると、どうしても手数料がかかっても仕方ないという風になりがちですので、できれば口座振替の設定を行っておくことをおすすめします。

コンビニメディア端末での返済

手数料がかかります。

プロミスモビットは、コンビニメディア端末での返済は手数料がかかりませんが、アイフルは手数料を必要とします。

詳しくはこちらをどうぞ。

店頭窓口での返済

手数料無料です。

ATMの方が気が楽だという方が多いと思いますが、店頭での返済も可能です。
しかし店頭での借入は取り扱っていません。
あくまで返済のみとなります。

銀行振込での返済

手数料がかかります。

アイフルが指定する口座へ振込を行うことで返済できます。
ただし手数料を必要とします。

延滞時の急ぎの返済など向きであり、通常は利用することはないでしょう。

こまめな返済が向いていないアイフル

毎月の返済日に引き落としによって返済という方法なら、どこの消費者金融でもカード会社でも手数料はかかりません。
クレジットカードであれば1回払いなら利息が発生しませんので、引き落としでも何の問題もありません。

しかしカードローンとなると初回から利息がかかりますので、こまめに返済を行うことで利息を圧縮できます。

アイフルは自社ATMしか手数料無料の返済ができません。
手数料を全く払わないということを前提にすると、近所にアイフル自社ATMアイフル店舗がなければこまめな返済ができません(アイフル店頭での返済も手数料無料です)。

こまめな返済ができる消費者金融はどこがあるのでしょうか。

三井住友銀行ATMが使えるプロミスとモビット

プロミスモビットは三井住友銀行ATMを借入・返済ともに手数料無料で利用できます。
プロミスモビットの自社ATMの数はやはり少ないのですが、三井住友銀行ATMなら全国各地で展開しているためこまめな返済が可能であると言えます。

コンビニ内のメディア端末を利用すると手数料が無料です

プロミスモビットは、メディア端末を使ってレジで返済すれば手数料が無料です。
並ぶ手間などがありますが、コンビニはどこにでもあるのでこまめな返済が可能であると言えます。

このメディア端末による返済はアイフルは有料となっており、アコムはそもそも取り扱っていません。

1位:アイフル

・平日はもちろん、土日祝日も即日融資が可能
・家族に知られたくない
・アイフルにも無利息サービスがあります
・女性向けの「SuLaLi」もあります
・アイフル申込に必要な書類
・定期的な収入があればパート・アルバイト・派遣社員の方も借入可能です

>>詳細ページへ<<

即日融資利用可能額即日審査企業名
可能500万円最短30分アイフル株式会社

-

<<前のページへ   次のページへ>>