初めての方におすすめな消費者金融TOP3
プロミス フリーキャッシング
モビット
アコム

モビットの借入・返済方法

モビットは自社ATMを持たないものの、三井住友銀行ATMを手数料無料で利用できます。
また有人店舗もありません。

ここではATM以外の借入・返済手段を紹介します。
ATMについては下記リンクを参照してください。

モビットのATMについて

モビットの様々な借入方法

銀行振込による借入

手数料無料です。

webまたは電話による依頼で、こちらの銀行口座に振込融資を行ってもらいます。

この借入方法は銀行営業日である平日のみ可能です。
土日祝日は翌営業日の振込となってしまうので、土日祝日に借入する予定があるのなら、カードでATMからキャッシングするしかありません。

モビットの様々な返済方法

毎月の返済日は5日、15日、25日、末日の中から選択することができます。

口座引き落としなら設定した日に引き落としされます。
ATM返済を行う場合は、返済日より前の日に返済することも可能です。

また、インターネットバンキングやペイジーによる返済もできません。

口座引き落としによる返済

手数料無料です。

口座振替による返済なら指定日に自動で引き落としされますので、返済忘れもありませんし何より手数料がかかりません。
但し、三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行の口座でしか設定できませんので、注意しましょう。

途中から口座振替に設定した場合、手続き完了まで2か月ほどかかります(いつから切り替わるか案内があります)。
この間はそれまで行っていた返済方法を続けて行う必要がありますので、返済忘れには十分気を付けましょう。

コンビニメディア端末での返済

手数料無料です。

詳しくはこちら

銀行振込

手数料がかかります。

基本的に延滞後に、急ぎで返済する場合などに利用する方法です。
問題なく利用していれば使うことのない返済手段です。

モビットの持つ口座にこちらから直接、振込を行うことで返済となります。
モビットの口座が三井住友銀行と三菱東京UFJ銀行のどちらかになります。
よって、こちらがどの銀行から、どちらの口座に振込を行うかによって振込手数料が変わります。

インターネットバンキングを持っているなら、自宅から返済手続きができます(手続き上は引き落としではなく、振込になります)ので手間がかかりません。

モビット

1位:モビット

・19時までに申込完了、20時頃までに審査通過連絡をもらえれば即日融資可能。土日もOK
・在籍確認で勤務先への電話連絡がない「WEB完結」申込とは
・利用明細書の発行を会員専用サービス「Myモビ」からストップできます
・ATMを利用するなら、三井住友銀行がお得
・モビット申込に必要な書類
・借入れ金額は1万円から〜最大800万円まで可能です
・モビット公式のスマホアプリがダウンロード出来ます

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
3.0%〜18.0%最短30分可能
※1. 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※2. 14:50までの振込手続完了が必要です。
※3. 審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。
株式会社モビット

<<前のページへ   次のページへ>>