初めての方におすすめな消費者金融TOP3
プロミス フリーキャッシング
モビット
アコム

複数社同時に申し込むと不利?

いわゆる”ブラック状態”になる

カードローンに初めて申し込む人や何としても借入したい人の中には、審査に対する不安感や滑り止めのためから、同時に複数のカードローンに申込む人がいます。

しかし、結果的にはそれが返って仇となります。
それはいわゆる”ブラック状態”になるからです。

”ブラック状態”と言うのは正式な専門用語ではなく、複数のカードローンに同時に申込んだことによって、審査から除外されやすい状態になることを指します。

指定信用情報機関制度により、借入総額は筒抜けです

現在は貸金業法による指定信用情報機関制度によって、すべての貸金業者は指定信用情報機関への加入、及び、カードローン利用者の個人情報や信用情報の登録が義務付けられています。

この規定によって、全ての貸金業者は利用者の信用情報の把握が可能になり、かつ、利用者の年収制限額を超える額の貸出が防止できるようになりました。

現在、申込者の年収の3分の1までしか貸付けできない総量規制があります。
貸金業者がこのラインを超えて過剰貸付けを行った場合、罰則を受ける可能性があります。
そのため申込者のカードローンの全利用枠を知ることが必要なのです。

総量規制とは

つまり、現在使っているカードローンの借入額が年収制限額に達したからといって、他のカードローンから借りようとしても、指定信用情報機関に利用者の信用情報を照会すれば過剰借入がすぐに明らかになります。
そのため、まっとうなカードローン会社なら融資を許可することはありません。

なお、認識している人はほとんどいませんが、指定信用情報機関に登録される情報というのは利用者の名前だけではありません。などの本人情報が記録されています。
カードローンからの借入・返済などの利用履歴だけではありません。
カードローン会社が指定信用情報機関に照会した記録、つまり利用者のカードローンへの申込記録も登録されています。

指定信用情報機関とは

日本には現在、3つの指定信用情報機関が存在します。カードローンやクレジットカードを取り扱っているカード会社や銀行などが加盟しいます。
申込者から新規発行の申込があった場合、過去から現在の申込者の金融履歴を照会して、審査時に必ず参考にします。

信用情報機関とは

今まで申し込んだ記録も筒抜けです

そこで、審査において指定信用情報機関へ利用者の情報を照会した際に、1社や2社ならともかく、連続して3社以上のカードローンに申し込んだ記録が見つかると、業者は「利用者が困窮状況にある」、または「何か作為的なものがある」と疑い、回収不能のリスクを避けるために審査対象から外します。
これが、”ブラック状態”です。

全く別のカード会社に申し込んでいるのに、まるで示し合わせたかのように連続で審査に落ちる、これが”ブラック状態”と呼ばれるわけですが、これには指定信用情報機関の照会という共通の調査方法を行っているからです。

審査に落ちた記録は残りません

カードに申し込んだ記録は残りますが、審査に落ちた記録は残りません。
カード発行の記録は残ります。

それではどこで審査に落ちたのかがわかるかというと、申込記録があり、カード発行の記録がないというケースです。
申込記録があってカード発行の記録もあると、審査に通過し、カードが発行されたのだということがわかります。

申込記録だけがあり、カード発行の記録がないと、審査落ちしたということがわかるのです。

ちなみに、申込記録は照会日から6ヶ月が過ぎると消去されるため、どこかのカードローンに申込んだ場合は、半年間待てば新たな借入が行いやすくなります。

反映が追い付いていない間に、複数申し込むことはどうか

上述した指定信用情報機関ですが、申込の情報が反映される前に複数申込すれば、複数申込がばれないのではないかと考えたことはないでしょうか。

しかし総量規制を徹底するためには、このような方法にも対策されており、現在では申込は非常に素早く反映されています。
同日中の申込も随時反映をしていると言われていますので、システムの網をかいくぐろうとすることは不可能です。

「○秒診断」は信用情報機関に記録されません

ところで、審査に不安がある人のために、ほとんどの大手カードローン会社には「借入診断」や「3秒診断」という名の簡易的に申込の可否を判定するツールがあり、入力が終わると瞬時に判定が出ます。

借入診断では「年齢」や「年収」、「他社の借入状況」などしか入力しないために指定信用情報機関に照会されることが無く、どの業者の借入診断を利用したとしても”ブラック状態”になることはありません。
基本的にこれらの簡単診断は総量規制の3分の1に届いているかどうかのみ調べています。

入力項目が少ないだけに正確な判定が出るわけではなく、他社から高額な借入でもしていない限り、申込可となるケースが多くなっています。
当然、正式な審査における結果を保証するものでもありません。
しかし、借入診断で不可となった人が正式審査に通ることはまずないため、無駄な申込を省くことには役立ちます。

大手カードローン一覧

1位:プロミス フリーキャッシング

・平日はもちろん、土日祝日も即日融資が可能
・家族に知られたくない
・在籍確認について
・「フリーキャッシング」、「レディースキャッシング」がカードローン商品です
・初めて方にはプロミスがおすすめ
・プロミス申込に必要な書類
・一般的な申込みフロー

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
4.5%〜17.8%最短30分最短1時間融資も可能SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

2位:アイフル

・平日はもちろん、土日祝日も即日融資が可能
・家族に知られたくない
・アイフルにも無利息サービスがあります
・女性向けの「SuLaLi」もあります
・アイフル申込に必要な書類
・定期的な収入があればパート・アルバイト・派遣社員の方も借入可能です

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
4.5%〜18.0%最短30分可能アイフル株式会社

3位:アコム

・平日・土日祝日ともに即日融資が可能
・郵送NO!必要書類もアップロードでOK!
・「むじんくん」と提携ATMは全国に多数あります
・30日間金利0円サービスがあります
・アコム申込に必要な書類
・便利なアプリ「アコムナビ」が使えます

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
3.0%〜18.0%最短30分可能アコム株式会社

4位:プロミス レディースキャッシング

・平日はもちろん、土日祝日も即日融資が可能
・「フリーキャッシング」、「レディースキャッシング」がカードローン商品です
・初めて方にはプロミスがおすすめ
・プロミス申込に必要な書類
・一般的な申込みフロー

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
4.5%〜17.8%最短30分最短1時間融資も可能SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

5位:モビット

・19時までに申込完了、20時頃までに審査通過連絡をもらえれば即日融資可能。土日もOK
・在籍確認で勤務先への電話連絡がない「WEB完結」申込とは
・利用明細書の発行を会員専用サービス「Myモビ」からストップできます
・ATMを利用するなら、三井住友銀行がお得
・モビット申込に必要な書類
・借入れ金額は1万円から〜最大800万円まで可能です
・モビット公式のスマホアプリがダウンロード出来ます

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
3.0%〜18.0%最短30分可能
※1. 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※2. 14:50までの振込手続完了が必要です。
※3. 審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。
株式会社モビット

6位:オリコ クレスト

・個人向けのカードローンです
・即日融資は不可能、借入まで最短5営業日かかります
・オリコ クレスト申込に必要な書類
・選べる返済方法
・借入方法は銀行振込とATMの2つ
・所得証明書が必要なケースについて
・「eオリコサービス」により、明細書の送付も停止できます

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
4.5%〜18.0%可能(平日なら13時30分までの受付で即日審査)不可。最短5営業日。株式会社オリエントコーポレーション

7位:新生銀行カードローン レイク

・即日融資も可能
・ほとんどの借入・返済手段が手数料無料です
・レイクには無利息期間があります
・レイク申込に必要な書類
・レイクもカードレスが可能
・レイクを利用すれば、新生銀行での振込手数料が無料になる

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
4.5%〜18.0%審査結果をすぐに画面上で確認できます可能株式会社新生銀行

8位:オリコ事業主ローン「CREST for Biz」

・個人事業主専用のローンカードです
・審査は数日かかります
・利用中の銀行振込なら最短即日で対応できます
・”返済”時のATM手数料は無料
・明細書の送付も停止できる

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
6.0%〜18.0%不明不明株式会社オリエントコーポレーション

9位:ビジネクスト

ビジネクストはあまり聞きなれない名前ですが東京都にある2001年に設立された、 アイフル グループのビジネスローン専門会社です(三井住友信託銀行との合弁による)。 資金使途は事業用のみとなっていますので、 総量規制 の対象外です。 一般個人の方の申込は不可能となっています(自営業者はOK)。 つなぎ資金などの資金繰りに利用される方が多いです。 商品は多岐にわたりますが、代表的なものは無担保・有・・・

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
8.0%〜15.0%(利用限度額100万円以上)
13.0%〜18.0%(利用限度額100万円未満)
不明不可(3日程度(土日祝日を除く))ビジネクスト株式会社

<<前のページへ   次のページへ>>