初めての方におすすめな消費者金融TOP3
プロミス フリーキャッシング
モビット
アコム

自営業者がカードローンで借入するには

自営業者・個人事業主・フリーランスと呼ばれる方がカードローンに申し込む場合、審査通過がサラリーマンに比べて難しいと言われますが、これは本当です。

収入の不安定さや、本当に事業しているのか在籍確認を行っても不明確であることが原因です。

申込時の入力画面

申込時の入力画面も、申込者にサラリーマンが多いことから自営業の方は空白が多くなったり、どう入力すべきかわからない項目もあるでしょう。

勤務先

ここはサラリーマンであれば会社名を入力しますが、自営業者の場合困ったことがある方もいると思います。

屋号がある場合それを書くべきなのか、単に”自営”と書くべきか、これは自営業者と分かるように書くのが正解です。

店の屋号があるのなら、○○屋(自営業)、(自営業)○○屋、と自営業であることを前か後に付け加えましょう。

”自営業”ではなく、”屋号”という書き方もありますが、ベターなのは”自営業”です。

業種で”自営業”を選択したのに会社名でもう一度”自営業”を入力すべきかという疑問ですが、もう一度入力すべきです。

どう入力してよいかわからなかったり、特に何もない場合に未入力や”-(ハイフン)”を入力する方がいますが、あまりおすすめできません。

回答が2回目になっても適切な回答を入力して、本当に何も該当しなければ”特になし”と入力しましょう。

これは担当者の確認が直接入りますので、○○屋(自営業、ブログラマー)などよりわかりやすく入力することが大切です。

自営業の場合、固定電話は強い

携帯電話はほとんどの方が持っていると思いますが、固定電話があり、仕事用に使っているのなら是非入力しましょう。
やはり現代でも固定電話があるというのは一定の信用があるものです。

在籍確認時に屋号名を名乗って出れば、ちゃんと営業していることの証明にもなりますので、カードローン会社担当者から見ても安心感があります。

固定電話に在籍確認を行ってもよいなら、勤務先電話番号のところに固定電話の番号を入力しましょう。
原則、勤務先電話番号の入力欄にある番号に在籍確認を行います。
携帯電話はプライベート、固定電話は仕事用、という解釈はカードローン会社は行っていません。

固定電話がなく、プライベートも仕事用も共通の携帯電話を使っている方はその番号を個人欄、勤務先欄に入力しましょう。
この場合、在籍確認の電話がかかってこないケースがあります(申込後の本人確認はかかってきます)。

モビットの「WEB完結」は利用不可

モビットのWEB完結は在籍確認方法において、電話連絡をしないとなっています。
しかし自営業者は申込の対象外となっています。

それはモビットのWEB完結がサラリーマンが持っている社会保険証や組合保険証(公務員)の確認で行うことと決まっているためです。

自営業者はこれらの保険証を持ちませんので、高確率で電話による勤務実態の把握ということになります。

取引先に連絡する?

正直なところ、無職の方でも自営業者と名乗れてしまうところが自営業者の弱みです。
そのため、自営業者の在籍確認方法として取引先に連絡する方法があります。

しっかり営業されているかを確認するためですが、実際にこの方法で在籍確認が行われることは滅多にありません。

在籍確認はサラリーマンの方に対してもそうなのですが、カード会社であることがばれてしまってはいけないのです。
取引先に在籍確認を行った場合、もし相手が気付いた場合、申込者への信用不安にもなりかねません。

このように非常に手間がかかるため、この方法が検討される段階で審査は落ちてしまうでしょう。

もし取引先に在籍確認が行われるとするなら、本人確認時に在籍確認の説明を受けます。

勝手に取引先を調べられて電話されるということはなく、必ず申込者の了承を取りますし、取引先の番号もこの時に聞かれた番号へ行われます。

プロミス、モビット、アイフル、アコムの申込項目を比較

クレジットカードを問題なく利用していれば希望はあります

サラリーマンの方でも在籍確認がはっきりとれないことがあります。

電話を取った申込者以外の方との会話で在籍が確定できないときもありますし、現在は個人情報保護の観点から社員であっても、取引先からの電話ではないと分かった時点ではっきりしない受け答えをすることもあります。

このような場合は、申込時のデータと信用情報を見て問題なければ最低契約額あたりで審査を通過させます。
これが自営業者の場合でも行われることがあります。

連絡先が携帯電話のみである場合、在籍確認が行われないことがあります。
このような場合でも申込時のデータで問題なく、信用情報スーパーホワイトでなく適度に履歴がある、例えばクレジットカードが問題なく利用されていて社会生活を送っていることが読み取れる場合、最低契約額あたりで審査を可決することがあります。

自営業者が求められる書類

自営業者であれば、給与明細書等発行している方は少ないと思います。
そのため確定申告書を提出する方が多いです。

事業実態の証明には、収支内訳書や青色申告決算書、領収書や発注書のコピーなど求められることもあります。
事業主ローンなどの場合も同様の書類提出を求められます。

領収書や発注書などでも屋号が入っている必要はなく、明らかに事業で必要とされるものが記載してあればOKです。

一般的な難易度は、銀行カードローン>消費者金融系カードローン

自営業者でも銀行カードローンが申し込めないわけではありませんが、その場合は屋号と固定電話があり、電話を取った時には屋号名を名乗るということが望ましいです。

銀行カードローンは総量規制の対象外ですので、特に審査の正確性が求められています。
そのためカードローンの新規契約を強く希望するのなら、消費者金融系のカードローンをおすすめします。

銀行カードローンに申し込んで審査に落ちてしまった場合、審査に落ちたという事実が信用情報機関に記録されます。

その次に消費者金融系に申し込んだ場合、その「審査に落ちた」という記録が記載されているのは良い印象を与えません。

それが理由となって審査に落ちてしまう可能性を考えると、最初から消費者金融系に申し込んだ方が良いのではないかと考えられます。

大手カードローン一覧

1位:プロミス フリーキャッシング

・平日はもちろん、土日祝日も即日融資が可能
・家族に知られたくない
・在籍確認について
・「フリーキャッシング」、「レディースキャッシング」がカードローン商品です
・初めて方にはプロミスがおすすめ
・プロミス申込に必要な書類
・一般的な申込みフロー

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
4.5%〜17.8%最短30分最短1時間融資も可能SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

2位:アイフル

・平日はもちろん、土日祝日も即日融資が可能
・家族に知られたくない
・アイフルにも無利息サービスがあります
・女性向けの「SuLaLi」もあります
・アイフル申込に必要な書類
・定期的な収入があればパート・アルバイト・派遣社員の方も借入可能です

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
4.5%〜18.0%最短30分可能アイフル株式会社

3位:アコム

・平日・土日祝日ともに即日融資が可能
・郵送NO!必要書類もアップロードでOK!
・「むじんくん」と提携ATMは全国に多数あります
・30日間金利0円サービスがあります
・アコム申込に必要な書類
・便利なアプリ「アコムナビ」が使えます

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
3.0%〜18.0%最短30分可能アコム株式会社

4位:プロミス レディースキャッシング

・平日はもちろん、土日祝日も即日融資が可能
・「フリーキャッシング」、「レディースキャッシング」がカードローン商品です
・初めて方にはプロミスがおすすめ
・プロミス申込に必要な書類
・一般的な申込みフロー

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
4.5%〜17.8%最短30分最短1時間融資も可能SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

5位:モビット

・19時までに申込完了、20時頃までに審査通過連絡をもらえれば即日融資可能。土日もOK
・在籍確認で勤務先への電話連絡がない「WEB完結」申込とは
・利用明細書の発行を会員専用サービス「Myモビ」からストップできます
・ATMを利用するなら、三井住友銀行がお得
・モビット申込に必要な書類
・借入れ金額は1万円から〜最大800万円まで可能です
・モビット公式のスマホアプリがダウンロード出来ます

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
3.0%〜18.0%最短30分可能
※1. 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※2. 14:50までの振込手続完了が必要です。
※3. 審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。
株式会社モビット

6位:オリコ クレスト

・個人向けのカードローンです
・即日融資は不可能、借入まで最短5営業日かかります
・オリコ クレスト申込に必要な書類
・選べる返済方法
・借入方法は銀行振込とATMの2つ
・所得証明書が必要なケースについて
・「eオリコサービス」により、明細書の送付も停止できます

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
4.5%〜18.0%可能(平日なら13時30分までの受付で即日審査)不可。最短5営業日。株式会社オリエントコーポレーション

7位:新生銀行カードローン レイク

・即日融資も可能
・ほとんどの借入・返済手段が手数料無料です
・レイクには無利息期間があります
・レイク申込に必要な書類
・レイクもカードレスが可能
・レイクを利用すれば、新生銀行での振込手数料が無料になる

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
4.5%〜18.0%審査結果をすぐに画面上で確認できます可能株式会社新生銀行

8位:オリコ事業主ローン「CREST for Biz」

・個人事業主専用のローンカードです
・審査は数日かかります
・利用中の銀行振込なら最短即日で対応できます
・”返済”時のATM手数料は無料
・明細書の送付も停止できる

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
6.0%〜18.0%不明不明株式会社オリエントコーポレーション

9位:ビジネクスト

ビジネクストはあまり聞きなれない名前ですが東京都にある2001年に設立された、 アイフル グループのビジネスローン専門会社です(三井住友信託銀行との合弁による)。 資金使途は事業用のみとなっていますので、 総量規制 の対象外です。 一般個人の方の申込は不可能となっています(自営業者はOK)。 つなぎ資金などの資金繰りに利用される方が多いです。 商品は多岐にわたりますが、代表的なものは無担保・有・・・

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
8.0%〜15.0%(利用限度額100万円以上)
13.0%〜18.0%(利用限度額100万円未満)
不明不可(3日程度(土日祝日を除く))ビジネクスト株式会社

<<前のページへ   次のページへ>>