消費者金融系TOP3
プロミス フリーキャッシング
モビット
アイフル

アコムの商品内容

無人で稼動する自動契約機は他社でも色々とあり今では当たり前になっていますが、それを一番初めて開発したのがアコムです。

また、呉服店が始めた質屋が前身で、とても歴史がある金融会社でもあります。
様々な紆余曲折を経て、現在のアコムは三菱UFJフィナンシャル・グループに属しています。

借入可能なのは、20歳以上で安定した収入があり、アコムが返済能力があると認めた方です。
もちろんパートやアルバイト、契約社員などでも申し込み可能です。

また、年齢の上限は特に定められていません。担保も保証人も不要で、必要なのは本人確認書類のみですが、借入上限額が50万円を超えたり、他社との借入額の合計が100万円を超える場合には収入証明等も必要になります。

平日・土日祝日ともに即日融資が可能

カード申込ならおよそ21時までの審査通過рェ必須

Web申込なら24時間受付していますが、カード申込による即日融資のリミットは21時までの審査通過рニ言えます。

アコムも他のカード会社と同じく電話連絡は21時までとなってるためです(それ以降は夜分のため原則行いません)。

審査に通過した場合の連絡が電話になるため、21時までに審査通過TELが来ればOKです。
ちなみに審査に落ちた場合はメール連絡になりますので、気まずい会話はありません。

その後は、自動契約機である「むじんくん」の営業時間帯が午前8時から22時まで(一部営業時間の異なるむじんくんもあり)ですので、その時間までにカードを受け取ることができれば当日中の借入が可能となります。

なお、審査時間は最短30分ほどですが、審査時間は延びる最も多い理由は、申込時の入力不備です
急ぎのときほど慎重に入力しましょう。

銀行振込のリミットは14時までに書類提出、一部の銀行は18時まで

銀行口座への振込融資を行ってほしいという方向けです。

まず最初に簡単な申込フローを紹介します

申込画面に入力し送信後、審査の通過ラインに達していれば、本人確認書類等の提出を求められます。

書類と申込内容を突合し、おかしなところがなければそのまま審査に通過し、その後の手続きの連絡が電話で来ます。
なお、通常は書類提出までに在籍確認も実施されています。

そのあとアコムから契約に関するメールが来ますので、「同意」をクリックすれば契約完了です。

書類提出を14時までに完了させること

書類提出が終われば、契約メールの確認・同意の送信後、振込依頼となります。

当日振込のそれぞれの銀行のリミットは次の時間までです。
通常の銀行なら14時30分まで受付しています。
ゆうちょ銀行なら14時までです。
楽天銀行のみ23時50分まで(ほぼ24時間!)受付しています。

アコム初めての方は振込受付が平日は18時まで!

上の3つを全て満たす方で、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座を持っているなら振込を18時まで受付しています。

但し、電話での振込依頼が条件となっており、インターネットでの振込依頼は他の銀行と同じ扱いとなり14時30分までの振込リミットとなっています。

あくまでも初めての契約の方のみです。

通常の銀行は15時で閉店し振込も15時以降のものは翌日扱いになりますが、上記3つの銀行であれば19時までに振込が可能になっています。

三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行の口座、あるいは楽天銀行の口座(楽天銀行はほぼ24時間受付)をどれも持っていない方は上述の14時30分がリミットになります。

郵送NO!必要書類もアップロードでOK!

契約時のカードや契約書はむじんくんまで出向くことができれば、郵送をストップすることができます。

また契約時の必要書類提出もアップロードまたはFAXでOKです。

カード利用中の利用明細書も、Webから依頼すれば郵送ストップできます。
家族に知られたくないという方の要望にも応えています。

アコム利用で家族にバレることを防ぐには

「むじんくん」と提携ATMは全国に多数あります

支店数は少ないですが、全国に39件あり窓口で直接申込することもできます。
しかし、窓口申込は審査に落ちた場合無駄足になるためおすすめできません。

さらに「むじんくん」は全国で1000ヵ所以上設置されており、駐車場付きや8:00〜22:00まで営業しています(一部店舗は営業時間が異なります)。

その上、提携ATMは都市銀行、コンビニ、ショッピングセンター内など多数あるので、アコムカードを持っていれば出先でも安心です。
アコムのステッカーを目印にすると良いです。

特にコンビニにある提携ATMは最大24時間利用可能なので便利です。
また、一部地方銀行やクレディセゾンのATMも利用出来ます。

但し、提携ATMを利用の際に1万円以下では108円、1万円を超えると216円の手数料がかかりますので、できればアコム自社ATMを利用したいところです。
さらにアコム自社ATMは大手消費者金融の中でも唯一24時間稼働です。

アコムのATM手数料

30日間金利0円サービスがあります

30日間の無利息期間はプロミスが有名ですが、アコムも無利息サービスを実施しています。

原則、初契約の方を対象としており、既に会員である方は対象外です。
金利18.0%で5万円を30日間借入した場合、本来は利息が739円発生しますが、これが0円になります。

アコムの無利息サービスとは

アコム申込に必要な書類

本人確認書類

運転免許証が第一候補です。運転免許証がない方は次の書類が可能です。アコムの場合は、顔写真のない証明書の場合は次の書類も追加で提出が必要です。パスポートや外国籍の方向けの在留カード、特別永住者証明書などの記載がありません。

他のカード会社では取り扱っていますので、アコムでも可能かもしれません。

コピーと写しの違い

収入証明書類

収入証明書類は希望借入額が50万円を超える方、または希望借入額と他社との現借入額の合計が100万円を超える方が用意する必要があります。

これは貸金業法で定められていることですので、アコム以外でも同じ基準です。
基準は同じですが、提出対象である収入証明書は各社違いがあります。他の大手消費者金融では確定申告書もOKでしたが、アコムにはありません。
自営業者の方は確定申告書の提出が多いと思いますが、その点ではアコムは申込にひとつ壁があると言えます。

便利なアプリ「アコムナビ」が使えます

申し込み方法やアコムに関しての情報、あらゆる疑問に対応出来るアプリです。
iphone版とAndroid版の両方あり、動画などで説明してくれるので大変わかりやくなっています。

何よりGPSを利用して店舗や提携ATMを探せるようになっています。
さらにローン計算機能も付いているので、返済回数や総返済金額なども計算できます。

アコムの詳細

↓↓公式ホームページへ↓↓
アコム

実質年率3.0%〜18.0%
遅延利率20.0%
利用可能額1万円〜800万円
申込み資格20歳〜69歳の安定した収入と返済能力を有する方
アコムの定める基準を満たす方
※一定の収入があればパート・アルバイトの方も利用可能。
即日審査最短30分
即日融資可能
自営業者の申込み可能
専業主婦の申込み不可
パート・アルバイト・派遣社員の申込み可能
勤務先への在籍確認有り(書類可)
総量規制対象(おまとめは対象外)
手数料無料のATMアコム自社ATM
保証人不要
一括以外の返済方式元利定率リボルビング方式(詳しくはこちら
企業名アコム株式会社

アコム

1位:アコム

・平日・土日祝日ともに即日融資が可能
・郵送NO!必要書類もアップロードでOK!
・「むじんくん」と提携ATMは全国に多数あります
・30日間金利0円サービスがあります
・アコム申込に必要な書類
・便利なアプリ「アコムナビ」が使えます

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
3.0%〜18.0%最短30分可能アコム株式会社

<<前のページへ   次のページへ>>