消費者金融系TOP3
プロミス フリーキャッシング
アイフル
アコム

じぶん銀行カードローンの商品内容

「じぶん銀行」はauでおなじみのKDDIと三菱東京UFJ銀行が共同出資してできたインターネット専業銀行です。

「じぶん銀行カードローン」は銀行発行ながら最短で即日融資も可能となっており、インターネット専業銀行であるため手続きも全てオンラインで済ませることができます。

auユーザーでない方やじぶん銀行口座をもっていない方ももちろん申込み可能です。
auユーザーであれば金利が若干優遇されます。

銀行カードローンですが、安定収入があればアルバイトやパート、派遣社員の方でも申込みは可能です。

ATMの利用手数料も全て無料ですので、大変便利です。

即日融資の方法

締切時間などは明らかにされていませんが、他社のカードローン会社は21時まで審査通過の連絡を行っています。
よって「じぶん銀行」も同じくらいの時間まで電話連絡を行っていると考えられます。

21時までに審査通過の電話連絡をもらうことを目標にするなら、19時30分くらいまでには申込を終えておきましょう。

申し込んだその日の借入を目指すならじぶん銀行に口座を持っていることが必須条件になります。
じぶん銀行口座を持っていれば本人確認等の手間を省くことができるため、契約までの道のりが最短になるのです。

審査結果は最短で当日にメール連絡があります。
審査が遅れる最も多い原因は入力不備ですので、申込時は慎重に入力していきましょう。

即日融資のためカードは後日送付されることになり、まずは口座振込によって借入することになります。

借り換えとして利用することもできます

「じぶん銀行カードローン」の金利(年率)は次のようになっています。
通常2.2%〜17.5%
auユーザーの方2.1%〜17.4%
auユーザーで
借り換え用の方
1.7%〜12.5%
銀行カードローンですが、通常の金利は消費者金融系とそれほど変わらない水準です。

最大0.5%優遇とHPにはありますがそれは借り換え時のみで、通常のカードローンは0.1%優遇となります。

借り換えとは、今あるローンをさらに低金利のローンに別の金融会社へ借り換えること、または複数のローンをまとめることです。
借入額の把握や返済日をひとつにできる、金利が下げることがあるなどメリットがあります。

ただ実際のところ借り換えの審査は非常に厳しいので、期待を持ちすぎないようにしましょう。

じぶん銀行カードローン申込に必要な書類

本人確認書類

じぶん銀行に口座を持っていない方のみ必要です。
口座を持っている方は既に本人確認は済んでいますので、収入証明書類のみ必要です。

次のいずれかのうち1点を用意します。外国籍の方は次のどちらかを追加で用意します。

収入証明書類

銀行カードローンであるため総量規制の対象外です。

次の中からいずれか1点を用意します。上のどれも用意できない場合は、給与明細書が必要です。個人事業主の方は確定申告書も追加で必要です。収入証明書類を必要とする借入希望額のラインが記載されていません。
そのため申込時には借入希望額関係なく、収入証明書を求められる可能性があります。

サラリーマンの方は源泉徴収票や給与明細書、自営業者の方なら確定申告書が多いです。

借入・返済方法

借入と返済の方法は次のようになっています。

ATM手数料は無料、セブン銀行ATMでも使える

「じぶん銀行」というと、どこのATMが使えるんだろうと思った方もいると思います。
使えるATMは次の一覧です。
どこを使っても借入・返済に手数料はかかりません。
ATM種別手数料
三菱東京UFJ銀行ATM借入・返済ともに 0円
セブン銀行ATM
(イトーヨーカドー、セブンイレブンにあり)
E.net
(ファミリーマート、スリーエフなどにあり)
ローソンATM
(ローソン、ナチュラルローソンにあり)
ゆうちょ銀行ATM
銀行は三菱東京UFJ銀行とゆうちょ銀行しか使えないことになりますが、大手コンビニATMはほとんどの店舗で使えます。

借入は銀行振込でも可能です

インターネットまたは電話での振込依頼で、こちらの銀行口座に振り込んでもらうことが可能です。
なお、じぶん銀行の口座でなくても振込可能ですし、手数料もかかりません。
口座に振り込んでもらって出金するので、カードローンではなくその銀行のキャッシュカードを使うことになります。

何時までなら当日振込、等記載がありませんので詳しい締切時間はわかりません。
しかし「じぶん銀行」の口座なら休日関係なく、当日か”翌日”に振り込まれます。
じぶん銀行”以外”であれば、当日か”翌営業日”になります。
翌日と翌営業日の違いに注意してください。

返済は「じぶん銀行」の口座のみ引き落としが可能です

「じぶん銀行」の口座のみ引き落としの設定が可能で.す。
なお契約時か、契約後であれば新たに設定する必要があります。

日にちは好きな日を設定することができ、もちろん手数料は必要としません。

じぶん銀行を被振込先として、手数料無料で他行からお金を振込させるサービスもあります。

定額自動入金サービスとは

「じぶん銀行」には「定額自動入金サービス」があります。
このサービスは毎月一定額を、他の銀行口座から「じぶん銀行」口座へ入金するサービスです。
これは銀行が異なるため正確には”振込”になるのですが、なんと手数料はかかりません。

「じぶん銀行」でカードローンの引き落とし返済や公共料金の支払いなどを設定している場合、他の銀行からお金を移さなければいけないため面倒なことです。
しかしこのサービスを利用することでその手間を省くことができます。

他行の方の引き落とし日は6日か26日のどちらかを選択できます。
引き落とし日の4営業日後には「じぶん銀行」口座に入金されることになります。
引き落とし口座と金額は5件まで登録が可能です。

引き落としの設定は引き落とし希望日の8営業日前まで可能です(火曜に引き落としがかかる場合、前週の火曜まで引き落とし手続きが可能です[その日も含めるため水曜ではない])。

引き落とし先の銀行は、都市銀行やゆうちょ銀行など、多くの銀行が可能です。利用可能な金融機関一覧(pdfですのでスマホからは閲覧できません)

利用明細書は発行されません

他社の消費者金融系・銀行系カードローンなら利用明細書が発行されるATM、されないATMがあります。
その場で発行されない場合は自宅に利用明細が送られてくることになります。

なぜ郵送で送られてくるかというと、利用明細書は必ず発行しなければならないと法律で決まっているためです。
しかし「じぶん銀行」カードローンは全ATMで利用明細書が発行されますので、郵送はありません。

カードローンというと家族に秘密にしたい方がかなり多くいますが、このような方にも安心です。

消費者金融各社の即日融資における締切時間の一例

最も遅い締切時間の申込方法を挙げました。
振込依頼による契約を考えているなら、締切時間はさらに前倒しになることもあります。

プロミスの締切時間

プロミス即日融資を希望する場合の締切時間を説明します。

逆から説明していきますが、まずプロミス自社ATMは24時まで(時間帯は店舗により一部変わります)稼働しています。
ATMで借入するには契約完了後になるわけですが、最も遅くまで契約手続きができる自動契約機は22時まで(時間帯は店舗により一部変わります)稼働しています。

契約手続きを行うには審査に通過しなければいけません。
審査通過のрヘ原則21時までプロミス側は行っています。
21時以降は夜分になるため原則行っていません。

21時までに審査通過р受けなければいけないとなると、どれだけ遅くても20時までに申込手続きを終えなければいけません。
19時くらいから申込事項に入力を行い送信・本人確認書類の送信という手続きを行いたいものです。

モビットの締切時間

モビットプロミスと比べて締切が少し早いです。

これも逆に説明します。
まずモビット自社ATMはありません(自動契約機はあります)。
コンビニや他の銀行の提携ATMを利用することになりますが、コンビニATMなら24時間利用することができます。

ATMで借入するには契約を完了させておかなければいけませんが、自動契約機が21時まで稼働(時間帯は店舗により一部変わります)、審査結果の連絡も21時までとなっています。
この2つを21時までにこなさなければいけません。

となると、申込は19時台までには行っておきたいところです。

アコムの締切時間

アコムで最も遅い時間まで契約手続きができる「むじんくん」なら22時まで稼働しています(一部店舗は営業時間が異なります)。

「むじんくん」で契約手続きを行うには、アコムも他のカード会社と同様に21時までに審査通過の連絡を受けておかなければいけません。
審査手続きなどを考えると20時までには申込を終えておきたいところです。

なお、アコムの自社ATMは手数料無料であることはもちろんですが、消費者金融系で唯一24時間稼働しています。
利用時間が夜遅い方や朝早い方ならアコムへの申込が最もおすすめです。

アイフルの締切時間

まずはカード受け取りによる借入方法です。
アイフルの無人契約機は「契約ルーム」といいますが、ここは22時まで(一部営業時間の異なる店舗あり)稼働しています。

審査結果の連絡も他のカード会社と同様に21時まで行っていますので、この電話連絡が受けられるように申込を行います。
となると、19時くらいまでには申込をしておきたいところです。

銀行振込による即日融資は、土日祝日はできません。
アイフルには、プロミスアコムのように、インターネットバンキングで提携している銀行がないのです。
平日のみ対応可能でかつ、14時10分までに振込手続きを完了しなければいけません。

在籍確認を考慮すること

ここまで述べてきた流れはスムーズに進んだ場合です。
例えば申込者の職場へ電話を行う「在籍確認」は、申込者、カード会社ではない、勤務先という第三者へのアクションになります。
そうなるとその日中に終わるかは全く分かりません。

例えば夕方遅くに申込を行った場合、会社の営業時間が終わっていることもあるでしょう。
そうなると電話をとることができません。

申込時の入力不備にも当てはまりますが、早い時間に申込手続きを行うほど対応できる時間がたくさんあることになります。

しかしどうしてもギリギリに申し込んだ場合は、申込終了直後にカード会社に急ぎであることを電話で伝えることも有効です。
在籍確認の方法などを考慮してもらえることもありますので、即日融資が希望なら是非行ってみましょう。

じぶん銀行カードローンの詳細

↓↓公式ホームページへ↓↓
じぶん銀行カードローン

実質年率金利(通常):2.2%〜17.5%
金利(au割):2.1%〜17.4%
金利(au割/借換え):1.7%〜12.5%
遅延利率18.0%
利用可能額10万円以上800万円以内(10万円単位)
※借り換えコースの場合、100万円以上800万円以内(10万円単位)
必要な書類本人確認書類のコピー、収入を証明できる書類(借入可能上限額が300万円超の場合)
申込み資格・契約時の年齢が満20歳以上70歳未満の方
・安定継続した収入のある方(自営、学生、主婦、パート、アルバイト、年金受給者を含みます)
・保証会社であるアコム(株)の保証を受けられる方
※外国籍のお客さまは永住許可を受けている場合に対象となります。
即日審査可能
即日融資可能
自営業者の申込み可能
専業主婦の申込み可能
パート・アルバイト・派遣社員の申込み可能
在籍確認有り(ない場合も)
資金使途原則自由(事業性資金は不可)
総量規制-
手数料無料のATMATMは全て無料です
保証人不要
借入方法口座振込
CD・ATM
返済方法自動支払い(じぶん銀行口座をお持ちの方のみ)
CD・ATM
返済方式残高スライドリボルビング
企業名株式会社じぶん銀行
登録No.-

1位:プロミス フリーキャッシング

・平日はもちろん、土日祝日も即日融資が可能
・家族に知られたくない
・在籍確認について
・「フリーキャッシング」、「レディースキャッシング」がカードローン商品です
・初めて方にはプロミスがおすすめ
・プロミス申込に必要な書類
・一般的な申込みフロー

>>詳細ページへ<<

即日融資利用可能額即日審査企業名
最短1時間融資も可能1万円〜500万円最短30分SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

2位:アイフル

・平日はもちろん、土日祝日も即日融資が可能
・家族に知られたくない
・アイフルにも無利息サービスがあります
・女性向けの「SuLaLi」もあります
・アイフル申込に必要な書類
・定期的な収入があればパート・アルバイト・派遣社員の方も借入可能です

>>詳細ページへ<<

即日融資利用可能額即日審査企業名
可能500万円最短30分アイフル株式会社

3位:アコム

・平日・土日祝日ともに即日融資が可能
・郵送NO!必要書類もアップロードでOK!
・「むじんくん」と提携ATMは全国に多数あります
・30日間金利0円サービスがあります
・アコム申込に必要な書類
・便利なアプリ「アコムナビ」が使えます

>>詳細ページへ<<

即日融資利用可能額即日審査企業名
可能1万円〜800万円最短30分アコム株式会社

4位:モビット

・19時までに申込完了、20時頃までに審査通過連絡をもらえれば即日融資可能。土日もOK
・在籍確認で勤務先への電話連絡がない「WEB完結」申込とは
・利用明細書の発行を会員専用サービス「Myモビ」からストップできます
・ATMを利用するなら、三井住友銀行がお得
・モビット申込に必要な書類
・借入れ金額は1万円から〜最大800万円まで可能です
・モビット公式のスマホアプリがダウンロード出来ます

>>詳細ページへ<<

即日融資利用可能額即日審査企業名
可能
※1. 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※2. 14:50までの振込手続完了が必要です。
※3. 審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。
1万円〜800万円最短30分株式会社モビット

5位:プロミス レディースキャッシング

・平日はもちろん、土日祝日も即日融資が可能
・「フリーキャッシング」、「レディースキャッシング」がカードローン商品です
・初めて方にはプロミスがおすすめ
・プロミス申込に必要な書類
・一般的な申込みフロー

>>詳細ページへ<<

即日融資利用可能額即日審査企業名
最短1時間融資も可能1万円〜500万円最短30分SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

6位:オリコ クレスト

・個人向けのカードローンです
・即日融資は不可能、借入まで最短5営業日かかります
・オリコ クレスト申込に必要な書類
・選べる返済方法
・借入方法は銀行振込とATMの2つ
・所得証明書が必要なケースについて
・「eオリコサービス」により、明細書の送付も停止できます

>>詳細ページへ<<

即日融資利用可能額即日審査企業名
不可。最短5営業日。10万円〜500万円可能(平日なら13時30分までの受付で即日審査)株式会社オリエントコーポレーション

7位:楽天銀行カードローン

・最短で即日融資も一応可能ですが、ほとんどの場合、審査が数日かかります
・300万円までなら収入証明書が原則不要です
・消費者金融系よりも低い金利が特徴です
・楽天銀行カードローン申込に必要な書類
・借入方法は口座振込とATMの2つです
・返済は手数料のかからないこまめなATM返済がおすすめです
・入会で楽天ポイントがもれなく1,000ポイントはもらえます
・専業主婦でもOK、楽天会員ならさらにお得に利用可能です
・おまとめや借り換えにも使えます

>>詳細ページへ<<

即日融資利用可能額即日審査企業名
可能(カード受け取り前に振り込みで可能)10万円〜500万円最短即日楽天銀行株式会社

8位:じぶん銀行カードローン

・即日融資の方法
・借り換えとして利用することもできます
・じぶん銀行カードローン申込に必要な書類
・借入・返済方法
・利用明細書は発行されません
・消費者金融各社の即日融資における締切時間の一例

>>詳細ページへ<<

即日融資利用可能額即日審査企業名
可能10万円以上800万円以内(10万円単位)
※借り換えコースの場合、100万円以上800万円以内(10万円単位)
可能株式会社じぶん銀行

9位:新生銀行カードローン レイク

・即日融資も可能
・ほとんどの借入・返済手段が手数料無料です
・レイクには無利息期間があります
・レイク申込に必要な書類
・レイクもカードレスが可能
・レイクを利用すれば、新生銀行での振込手数料が無料になる

>>詳細ページへ<<

即日融資利用可能額即日審査企業名
可能1万円〜500万円審査結果をすぐに画面上で確認できます株式会社新生銀行

10位:オリコ事業主ローン「CREST for Biz」

・個人事業主専用のローンカードです
・審査は数日かかります
・利用中の銀行振込なら最短即日で対応できます
・”返済”時のATM手数料は無料
・明細書の送付も停止できる

>>詳細ページへ<<

即日融資利用可能額即日審査企業名
不明10万円〜300万円不明株式会社オリエントコーポレーション

11位:ビジネクスト

・無担保・有担保、それぞれのローン商品があります
・申込から契約までの流れ
・無担保ローン
・有担保ローン
・利用可能ATMはセブン銀行もあります

>>詳細ページへ<<

即日融資利用可能額即日審査企業名
不可(3日程度(土日祝日を除く))1万円〜1,000万円 ※新規取引時は上限500万円-ビジネクスト株式会社

12位:中央リテール株式会社

・一本化することで返済額が軽減されます。
・素早い審査で、最短では翌日に借り入れ可能です。
・おまとめローンのメリットについて
・困ったら…まずは相談からが基本です。

>>詳細ページへ<<

即日融資利用可能額即日審査企業名
不可(翌日なら可能)最高500万円可能中央リテール株式会社

13位:ビジネスパートナー「個人事業主向けビジネスローン」

・スモールビジネスローン
・不動産担保ローン
・ファイナンスリース
・割賦
・アイフルなら即日融資可能

>>詳細ページへ<<

即日融資利用可能額即日審査企業名
不可50万円〜500万円不可株式会社 ビジネスパートナー

-

<<前のページへ   次のページへ>>