消費者金融系TOP3
プロミス フリーキャッシング
モビット
アイフル

プロミス レディースキャッシングの商品内容

SMBCコンシューマーファイナンス株式会社は、三井住友フィナンシャルグループの傘下にある消費者金融です。
他の銀行の保証業務なども手広く行っています。

以前は社名自体が「プロミス」だったのですが、現在ではブランドとしてのみ名前が活用されています。
プロミスとしての歴史があり、CMなどでかなり周知度が高かった事がその理由です。

なおここでは「フリーキャッシング」と「レディースキャッシング」の商品内容を説明します。
商品内容は全く同じカードローンなのですが、「レディースキャッシング」は女性利用者向けに女性担当者による応対になります。

平日はもちろん、土日祝日も即日融資が可能

申込は平日・土日祝日関わらず24時間可能です。
実際の借入も、審査がスムーズにいった場合に限りますが、かなり遅い時間まで対応可能となっています。
申込の締切は大体次のような時間になっています。

即日融資を希望する場合の申込締切時間

借入方法平日土日祝日
カード借入遅くても20時くらいまで遅くても20時くらいまで
銀行振込三井住友銀行
or
ジャパンネット銀行
遅くても20時くらいまで遅くても20時くらいまで
それ以外の銀行遅くても13時くらいまで不可能
”遅くても○時まで”という表現である理由は、申込の締切に明確な基準はないためです。
ですが、およそ21時までプロミス担当者は審査通過の連絡を行っているため、この連絡を受けることが即日融資の必須条件となります。
そうなると逆算して20時くらいには申込を終えておきたいのです。

なお、自動契約機は22時まで、プロミス自社ATMは24時まで稼働しています(自動契約機・自社ATMそれぞれ、一部は営業時間の異なる店舗もあります)。

プロミスのATMについて

土日祝日でも対応可能です

プロミスは土日祝日でも即日融資可能です。

特に急ぎでお金が必要な方は、申込後プロミスのフリーコールへ電話してそのことを相談してみましょう(プロミスHPでも推奨されている方法です)。
審査の順番が繰り上がります。

無事に契約が完了しカードを自動契約機で受け取れば、そのカードを使って土日でも借入することができます。
三井住友銀行あるいはジャパンネット銀行の口座があれば、休日でも振込融資が可能です。

プロミスの土日対応について

三井住友銀行あるいはジャパンネット銀行の口座があれば土日祝日でも24時間振込対応が可能

銀行振込による融資は、インターネットとお客様サービスプラザ(店頭)から依頼が可能で、手数料はプロミスが負担するので無料です。

もし三井住友銀行あるいはジャパンネット銀行の口座をもっているのなら、土日祝日でも平日と同じように振込依頼・実行が可能です(瞬フリといいます)。
インターネットバンキングで提携しているためです。

もし持っていなければ、銀行の平日営業時間内(9:00〜14:50まで)なら、受付完了後およそ最短10秒で振込融資が完了します。
この時間を過ぎると、銀行の翌営業日に振込されることになります。

他社の土日祝対応の状況

家族に知られたくない

電話連絡と郵送物が家族に知られる主なきっかけですが、これらをストップする手続きの説明です。
インターネット会員画面から郵送ストップの手続きを行うことで、自宅への送付をなしにすることができます。
カードローン利用者に多い要望であるため、プロミスもきっちり対応できているのです。

プロミス利用を家族に知られたくない

在籍確認について

普段電話がかかってくることのない職場、申込日が勤務先の休日で在籍確認ができないのではないかと心配する方など、プロミスは相談可能です。

プロミスの在籍確認

「フリーキャッシング」、「レディースキャッシング」がカードローン商品です

プロミスの扱う商品には「フリーキャッシング」、「レディースキャッシング」、「おまとめローン」、「自営者カードローン」、「目的ローン」があります。

ちなみに「フリーキャッシング」と「レディースキャッシング」が通常のカードローン商品となり商品の内容は全く同じですが、「レディースキャッシング」は女性のオペレータが担当してくれますので、女性で利用検討中の方はこちらがおすすめです。
個人事業主の場合には、生計費に加えて事業費にも充当可能です。

上限は500万円で最終借入後、原則最長6年9ヶ月・1〜80回までの返済が可能です。
申し込む際に担保や保証人は必要ありません。
申込み可能な年齢は満20歳〜69歳以下で、アルバイトや派遣社員の方の申込も可能ですが、毎月安定した収入がある事が条件です。

申込に必要な書類は運転免許証ですが、持っていない場合にはパスポートでもOKです。
なお、健康保険証の場合は他にもう一点(例えば住民票など)必要になります(顔写真がない証明書単独では申込ができません)。
しかし希望金額が50万円を超える場合には、収入証明になる書類も提出しなければなりません(これは他社でも同じです)。

利用枠は審査で決定され、その枠内なら何度でも利用する事が出来ます。
実質年率は4.5%〜17.8%となっており、借入した翌日から適用されるので、借りた当日中に返済できれば利息はかかりません。

カードレスにも対応

プロミスはカードなしでも契約が可能になっています。
財布の中に入れておくことに抵抗がある方や、家族にばれたくないという方がカードレスを選択するようです。

プロミスをカードレスで利用する

ただカードありと比べると、借入方法が銀行振込のみ、返済方法が口座引き落としとATM返済のみとなり、カードありと比べると使い勝手では劣ります。
カードレスで即日融資を希望なら、「瞬フリ」利用がおすすめです。

初めて方にはプロミスがおすすめ

カードローンは各社違いがあまりないのですが、プロミスには他社にない様々なサービスがあります。
そのサービスを紹介していきます。

初めて申込する方なら30日間の無利息期間があります

プロミスには無利息サービスがあります。
30日間無利息でキャッシングする為には、以下2つの条件を満たすことが必須です。Web明細とは紙の明細ではなく、会員画面にて確認できる明細のことです。
初めての契約時にこの2つを登録・設定しなければいけませんが、30日間無利息が適用されるのは初回借入時からとなります。

この30日間であれば追加で借り入れしてもその分は無利息の対象になります。
ただし、追加借入時に無利息期間が延びたりすることはありませんので、注意しましょう。

30日経たずに完済しても、そのまま経過し続けます。
30日間のカウントダウンが始まるとストップすることも延長することもありません。

この無利息サービスは初回だけではなく、ポイントを貯めることによって再度利用できるようになります。

プロミスの無利息サービスをもっと詳しく

ポイントサービスを利用すれば無利息期間が復活します

プロミスには他社のカードローンにはないポイントサービスというものがあります。
ポイントを貯めて使うことで、ATM手数用が無料になったり、無利息期間が復活したりします。
中長期でのカードローン利用を考えているなら、プロミスのポイントサービスは是非知っておきたいです。

プロミスのポイントサービスとは

プロミスの「おとくらぶ」とは

プロミスカードを発行後、会員画面から「おとくらぶ」の新規会員登録を行うだけで利用できる優待施設です。
プロミス会員であれば優待を受けられる施設が利用できます。

新規契約者なら6か月間は借入がなくても利用できます。

「おとくらぶ」についてもっと詳しく

プロミスの「プリペイド」とは

プロミスからの借入をそのまま三井住友VISAプリペイドカードへチャージできるサービスです。
三井住友VISAプリペイドカードは単体で発行すると発行手数料がかかりますが、プロミス新規契約時に同時契約すると、発行手数料無料となります。

さらに2,000円チャージ済のプリペイドカードを受け取ることができます。

プロミスの「プリペイド」についてもっと詳しく

土日祝の銀行振込や女性対応もカバー

先に紹介した土日祝日の銀行振込や女性申込による女性の担当者対応(レディースキャッシング)など、他社にあるサービスを抜け目なく用意していることもプロミスの強みです。

消費者金融ではありますが三井住友フィナンシャルグループの傘下ですので、安心感があることもおすすめできる理由の一つです。

さらにプロミスの良いところをピックアップ

プロミス申込に必要な書類

本人確認書類

運転免許証が第一候補です。運転免許証がない方は次の書類を用意してください。web契約・店頭窓口・無人契約機の場合はスマホや携帯端末での撮影により、画像を送信します。
その場合は運転免許証がない場合は健康保険証だけでは足りず、他にもう1点用意しなければいけません。
例えば住民票です。

郵送契約の場合は健康保険証のみでOKです。
郵送の場合はコピーを申込用紙とともに送付します。

外国籍の方は次の書類も追加で用意してください。プロミスだけに限らず、顔写真付きの身分証明書を第一候補にしているカード会社は多いです。
健康保険証も可能ですが、プロミスは健康保険証だけでなく住民票などの他の書類が1点追加で必要です。

HPを参照した限りでは、健康保険証の場合に他1点を必要とするのはプロミスだけのようです。

外国籍の方は上記の書類にさらに追加して、在留カードまたは特別永住者証明書も必要です。

これらの書類に記載の住所と現住所が異なる場合は、さらに次の書類のコピーが必要です。
なお、いずれも発行6か月以内のものが条件です。コピーと写しの違い

収入証明書類

収入証明書類は希望借入額が50万円を超える方、または希望借入額と他社との現借入額の合計が100万円を超える方が用意する必要があります。

これは貸金業法で定められていることですので、プロミス以外でも同じ基準です。
基準は同じですが、提出対象である収入証明書は各社違いがあります。サラリーマンの方は源泉徴収票または給与明細書となるのではないでしょうか。
自営業の方は確定申告書になると思います。

一般的な申込みフロー

カンタン入力
急ぎの方や、電話で相談しながらを希望の方向け
フル入力


この時点で簡単な一次審査があり、審査完了後は電話にて残りの必要な項目を答えます
Web契約が希望の方は、本人確認書類などを送信します。

来店契約が希望の方は、後ほど店舗へ本人確認書類などを持参します。
〜申込み手続き終了〜
審査通過の場合、契約可能額がメールか電話で連絡されます。
ここまでで最短30分です。
(審査に落ちてもメールによる連絡はあります)
返済方法を選択します。
・ATM返済
・口座振替
Web完結を希望の方は「口座振替」となります。
Webの場合来店の場合


口座振替ATM返済
カードの郵送希望の有無を選択します。
来店でカードを受け取る場合は「カード郵送希望なし」を選択します。
契約書類・カードが自宅に簡易書留郵便で送付されます(差出人名は「事務センター」です)。
これにて終了。
必要書類持参で受け渡し後、契約書類とカード受け取り。
これにて終了
カード郵送の希望
なし
カード郵送の希望
あり
これが「Web完結」です(カードレス)。
郵送物はありません。
借り入れや契約内容の確認はインターネットで行います。
これにて終了。
カードが自宅に簡易書留郵便で送付されます(差出人名は「事務センター」です)。
契約内容の確認はインターネットで行います。
これにて終了。

プロミス レディースキャッシングの詳細

↓↓公式ホームページへ↓↓
プロミス レディースキャッシング

実質年率4.5%〜17.8%
遅延利率20.0%(実質年率)
利用可能額1万円〜500万円
申込み資格20歳以上69歳以下の安定した収入のある方
※パート・アルバイトの方も利用可能。
即日審査最短30分
即日融資最短1時間融資も可能
自営業者の申込み可能
専業主婦の申込み不可
パート・アルバイト・派遣社員の申込み可能
勤務先への在籍確認有り(電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐに相談してください)
総量規制対象(おまとめは対象外)
手数料無料のATMプロミス自社ATM、三井住友銀行ATM
他はこちら参照
保証人不要
一括以外の返済方式残高スライド元利定額返済方式
企業名SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

プロミス

1位:プロミス フリーキャッシング

・平日はもちろん、土日祝日も即日融資が可能
・家族に知られたくない
・在籍確認について
・「フリーキャッシング」、「レディースキャッシング」がカードローン商品です
・初めて方にはプロミスがおすすめ
・プロミス申込に必要な書類
・一般的な申込みフロー

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
4.5%〜17.8%最短30分最短1時間融資も可能SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

2位:プロミス レディースキャッシング

・平日はもちろん、土日祝日も即日融資が可能
・「フリーキャッシング」、「レディースキャッシング」がカードローン商品です
・初めて方にはプロミスがおすすめ
・プロミス申込に必要な書類
・一般的な申込みフロー

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
4.5%〜17.8%最短30分最短1時間融資も可能SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

<<前のページへ   次のページへ>>