初めての方におすすめな消費者金融TOP3
プロミス フリーキャッシング
モビット
アコム

新生銀行カードローン レイク

「レイク」は以前は消費者金融であり会社名でしたが、現在は新生銀行のカードローン商品であり、ブランド名となっています。
銀行カードローンとなったため、同時に総量規制の対象外にもなりました。

即日融資も可能

即日融資の時間締切は?

最も遅い時間まで即日融資が可能な方法は、レイク自動契約機にカードを受け取りに行く方法です。
レイクの自動契約機の稼働時間は次のようになっています。
平日・土曜日8時45分〜24時
日曜日・祝日8時45分〜22時
毎月第3日曜日8時45分〜19時
この時間内に行けばいいかと思いきや、初めての契約の方は21時までが借入可能となっています。
21時以降の時間帯で契約しても、借入は翌日になってしまいます。

では契約締結までに行うべきことは何かというと次の流れになります。
自宅や外出先にてスマホまたはPCから申込
審査が遅れる最も多い原因は入力不備です。慎重に行いましょう)
審査結果を確認します(審査結果はメールで伝えられます)
自動契約機にて本人確認書類の提出後、契約手続き。
カードの受け取り
併設のレイクATMがあれば借入、なければコンビニか銀行の提携ATMで借入
以上を21時までに終えなければいけないことを考えると、申込は19時には始めておきたいところです。

銀行振込による即日融資を希望するとき

申込者の銀行口座へ直接振込を行うことでの即日融資も可能となっています。

振込での即日融資の条件は、当日14時までに必要書類の提出を完了し、14時45分までに会員ページから振込手続きを行うことで可能です。

申込の手順

自宅や外出先にて
スマホまたはPCから申込
審査が遅れる最も多い原因は入力不備です。慎重に行いましょう)
審査結果を確認します(審査結果はメールで伝えられます)
契約手続きフォームに入力、契約内容の確認
本人確認書類の提出(専用アプリやメールでの契約完了が可能です)
即日融資希望の場合は、振込
カードや契約書が自宅に郵送されます(本人限定郵便であるため転送設定をしていても転送されません)
銀行振込ですので、自動契約機に出向く必要はありません。

銀行振込希望であっても自動契約機にて契約手続きを行い、その後振込依頼を行うことも可能です。
この方法なら郵便物はありません。

ほとんどの借入・返済手段が手数料無料です

レイクは元々は消費者金融の株式会社レイクであったため、新生銀行のATMではなくカードローン専用ATMが残っています。
コンビニや銀行など提携ATMも豊富で、利用手数料も全て無料です。
ATM種別手数料
レイクATM借入・返済ともに 0円
セブン銀行ATM
(イトーヨーカドー、セブンイレブンにあり)
E.net
(ファミリーマート、スリーエフなどにあり)
ローソンATM
(ローソン、ナチュラルローソンにあり)
イオン銀行ATM
ゆうちょ銀行ATM

銀行振込だけが有料

借入手段はATMと銀行振込です。
借入についてはレイクATM、提携ATMともに手数料無料です。
振込依頼による借入も手数料はかかりません。

返済手段はATMと口座引き落とし、Web返済、銀行振込となっています。
Web返済とはインターネットバンキングによる返済です。
インターネットバンキングは次の銀行が対応しています。これらのうちどれかのインターネットバンキングを開設していれば、ネット上の手続きだけで返済ができます。

手数料が有料であるのは、銀行振込による返済だけです。
この方法は近隣に利用可能なATMがない場合などになりますが、通常は行うことはまずないでしょう。

レイクには無利息期間があります

レイクの無利息サービスは2パターンあります。
少額を長期間無利息で利用できるタイプと、限度額いっぱいを短期間無利息で利用できるタイプです。

@5万円まで180日間無利息

契約の翌日から無利息が適用されます。
5万円までという少額になりますが、無利息期間は180日間適用されます。
適用される契約額は200万円までです。

A30日間無利息

契約の翌日から無利息が適用されます。
契約した限度額の利用が、30日間無利息となります。
適用される契約額は500万円までです。

どちらのタイプを選択すべきか

どちらも無利息は”契約の翌日から”となっていますが、そもそも利息は借入の翌日から発生するためです。
ですので、契約日に借りてその日のうちに返せば、無利息期間がなくても利息は発生しません。

この2つの無利息サービスは併用することができません。
また、契約額が200万円超の方はAのタイプしか選択できません。

少額を借入・返済する使い方を多いなら、@が適しています。
契約後、どういう使い方をするか考えてから選択しましょう。

無利息期間の内容を重視するならプロミス

無利息期間を期待してカードローンを利用するなら断然プロミスがおすすめです。
消費者金融系ではほかにもアコムアイフルが無利息サービスを実施していますが、プロミスは頭一つ抜き出ています。
プロミスレイク
契約後の無利息期間30日間30日間 or 180日間
無利息期間の開始”借入”翌日から契約翌日から
無利息期間の適用時期・契約後の初回
・ポイント使用毎に随時開始できる
契約後の初回のみ
無利息期間の適用条件プロミスが初めての方は初回の無利息期間あり。
初回でなくてもポイントサービスにより随時再開あり。
レイクの利用が初めて
例えばレイクで無利息期間30日を選択したとします。
契約の3日後に借入を行った場合、無利息期間は27日間になります。

これは無利息期間の適用が”契約翌日から”であるためです。
よってレイクは契約したらすぐに借入を行わなければ、無利息期間が減少していくということです。

一方でプロミスは借入の翌日からとなっていますので、契約から数日経ってから借入を行ってもそこから30日無利息がスタートします。

またポイントサービスにより無利息期間を再度復活させることができます。
無利息期間を行っているカード会社はプロミス以外全て契約時のみとなっています。

レイク申込に必要な書類

本人確認書類

次の中からいずれか1点を用意します。外国籍の方は次のどちらかを追加で用意します。本人確認書類記載の住所と現住所が異なる場合は、現住所が確認できる次の書類を用意します。コピーと写しの違い

収入証明書類

レイクの場合、収入証明書類が必要となるのは契約額が100万円超の時です。

消費者金融を利用していた方は信じられないかもしれませんが、レイクは銀行カードローンであるため総量規制の対象外となっています。

そのため各銀行で基準が異なるのです。

まず収入証明の第一候補は次のどちらかです。
どちらか1点を用意してください。上のどちらも用意できない場合は、給与明細書が必要です。自営業の方に多い確定申告書は不可能なようです。

レイクもカードレスが可能

プロミスモビットでカードなしによる契約が可能ですが、レイクでも可能です。
カードがないため借入・返済でATMを利用することはできません。

借入方法は銀行振込のみ、返済方法は口座引き落としのみとなります。
借入・返済方法が少なくなってしまう点を理解の上、申込を行いましょう。

なお、やっぱりカードを発行したいとなったときは、自動契約機などで即時発行が可能です。

レイクを利用すれば、新生銀行での振込手数料が無料になる

毎月20日時点で以下の条件をどちらも条件を満たせば、新生銀行のインターネットバンキングからの振込手数料が月5回まで0円になります。
通常、他行宛の振込は約200円かかるので大変お得です。自動引き落としの設定は日数がかかるため、20日直前に設定した場合は間に合わない可能性があることに注意しましょう。

なお振込手数料無料はインターネットバンキングのみで、ATMからの振込は対象外です。
元々、新生銀行のキャッシュカードはセブン銀行ATMやコンビニATM手数料がかかりません。

これを機会に口座を作ってみてはいかがでしょうか。
レイク契約後の新生銀行口座作成でも、20日時点で上述の条件を満たしていれば振込手数料は無料になります。

新生銀行カードローン レイクの詳細

↓↓公式ホームページへ↓↓
新生銀行カードローン レイク

実質年率4.5%〜18.0%
遅延利率-
利用可能額1万円〜500万円
申込み資格レイクのご利用がはじめての方
満20歳以上70歳以下の国内に居住する方
ご自分のメールアドレスをお持ちの方
即日審査審査結果をすぐに画面上で確認できます
即日融資可能
自営業者の申込み可能
専業主婦の申込み可能
パート・アルバイト・派遣社員の申込み可能
勤務先への在籍確認有り
総量規制対象外
手数料無料のATMATMは全て無料です
保証人不要
一括以外の返済方式元利定額リボルビング
残高スライドリボルビング
企業名株式会社新生銀行

大手カードローン一覧

1位:プロミス フリーキャッシング

・平日はもちろん、土日祝日も即日融資が可能
・家族に知られたくない
・在籍確認について
・「フリーキャッシング」、「レディースキャッシング」がカードローン商品です
・初めて方にはプロミスがおすすめ
・プロミス申込に必要な書類
・一般的な申込みフロー

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
4.5%〜17.8%最短30分最短1時間融資も可能SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

2位:アイフル

・平日はもちろん、土日祝日も即日融資が可能
・家族に知られたくない
・アイフルにも無利息サービスがあります
・女性向けの「SuLaLi」もあります
・アイフル申込に必要な書類
・定期的な収入があればパート・アルバイト・派遣社員の方も借入可能です

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
4.5%〜18.0%最短30分可能アイフル株式会社

3位:アコム

・平日・土日祝日ともに即日融資が可能
・郵送NO!必要書類もアップロードでOK!
・「むじんくん」と提携ATMは全国に多数あります
・30日間金利0円サービスがあります
・アコム申込に必要な書類
・便利なアプリ「アコムナビ」が使えます

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
3.0%〜18.0%最短30分可能アコム株式会社

4位:プロミス レディースキャッシング

・平日はもちろん、土日祝日も即日融資が可能
・「フリーキャッシング」、「レディースキャッシング」がカードローン商品です
・初めて方にはプロミスがおすすめ
・プロミス申込に必要な書類
・一般的な申込みフロー

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
4.5%〜17.8%最短30分最短1時間融資も可能SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

5位:モビット

・19時までに申込完了、20時頃までに審査通過連絡をもらえれば即日融資可能。土日もOK
・在籍確認で勤務先への電話連絡がない「WEB完結」申込とは
・利用明細書の発行を会員専用サービス「Myモビ」からストップできます
・ATMを利用するなら、三井住友銀行がお得
・モビット申込に必要な書類
・借入れ金額は1万円から〜最大800万円まで可能です
・モビット公式のスマホアプリがダウンロード出来ます

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
3.0%〜18.0%最短30分可能
※1. 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※2. 14:50までの振込手続完了が必要です。
※3. 審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。
株式会社モビット

6位:オリコ クレスト

・個人向けのカードローンです
・即日融資は不可能、借入まで最短5営業日かかります
・オリコ クレスト申込に必要な書類
・選べる返済方法
・借入方法は銀行振込とATMの2つ
・所得証明書が必要なケースについて
・「eオリコサービス」により、明細書の送付も停止できます

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
4.5%〜18.0%可能(平日なら13時30分までの受付で即日審査)不可。最短5営業日。株式会社オリエントコーポレーション

7位:新生銀行カードローン レイク

・即日融資も可能
・ほとんどの借入・返済手段が手数料無料です
・レイクには無利息期間があります
・レイク申込に必要な書類
・レイクもカードレスが可能
・レイクを利用すれば、新生銀行での振込手数料が無料になる

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
4.5%〜18.0%審査結果をすぐに画面上で確認できます可能株式会社新生銀行

8位:オリコ事業主ローン「CREST for Biz」

・個人事業主専用のローンカードです
・審査は数日かかります
・利用中の銀行振込なら最短即日で対応できます
・”返済”時のATM手数料は無料
・明細書の送付も停止できる

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
6.0%〜18.0%不明不明株式会社オリエントコーポレーション

9位:ビジネクスト

ビジネクストはあまり聞きなれない名前ですが東京都にある2001年に設立された、 アイフル グループのビジネスローン専門会社です(三井住友信託銀行との合弁による)。 資金使途は事業用のみとなっていますので、 総量規制 の対象外です。 一般個人の方の申込は不可能となっています(自営業者はOK)。 つなぎ資金などの資金繰りに利用される方が多いです。 商品は多岐にわたりますが、代表的なものは無担保・有・・・

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
8.0%〜15.0%(利用限度額100万円以上)
13.0%〜18.0%(利用限度額100万円未満)
不明不可(3日程度(土日祝日を除く))ビジネクスト株式会社

<<前のページへ   次のページへ>>