消費者金融系TOP3
プロミス フリーキャッシング
アイフル
アコム

土日祝日もOK、家族にもばれません

カードローンを申し込む方で多い要望が、「即日融資」と「秘密で」という方です。

現在のカードローンは、夕方以降の遅い時間でも即日融資が可能となっています。
また、申込者本人とカード会社だけの間でやりとりできて、家族にばれない仕組みがしっかり用意されてます。
それだけ秘密でカードを作りたいという要望が多いのです。

また、土日が会社の休日である方が多いですが、土日祝日でもその日に借入できるような仕組みも完成されています。
会社が休みであっても在籍確認をクリアできる方法も確立されているのです。

今のカード会社に、昔のドラマであるような怖い取り立てなどは一切ありませんので、初めての方でも安心してカードローンを作成しています。

1位:プロミス フリーキャッシング

・平日はもちろん、土日祝日も即日融資が可能
・家族に知られたくない
・在籍確認について
・「フリーキャッシング」、「レディースキャッシング」がカードローン商品です
・初めて方にはプロミスがおすすめ
・プロミス申込に必要な書類
・一般的な申込みフロー

>>詳細ページへ<<

即日融資利用可能額即日審査企業名
最短1時間融資も可能1万円〜500万円最短30分SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

2位:アイフル

・平日はもちろん、土日祝日も即日融資が可能
・家族に知られたくない
・アイフルにも無利息サービスがあります
・女性向けの「SuLaLi」もあります
・アイフル申込に必要な書類
・定期的な収入があればパート・アルバイト・派遣社員の方も借入可能です

>>詳細ページへ<<

即日融資利用可能額即日審査企業名
可能500万円最短30分アイフル株式会社

3位:アコム

・平日・土日祝日ともに即日融資が可能
・郵送NO!必要書類もアップロードでOK!
・「むじんくん」と提携ATMは全国に多数あります
・30日間金利0円サービスがあります
・アコム申込に必要な書類
・便利なアプリ「アコムナビ」が使えます

>>詳細ページへ<<

即日融資利用可能額即日審査企業名
可能1万円〜800万円最短30分アコム株式会社

4位:モビット

・19時までに申込完了、20時頃までに審査通過連絡をもらえれば即日融資可能。土日もOK
・在籍確認で勤務先への電話連絡がない「WEB完結」申込とは
・利用明細書の発行を会員専用サービス「Myモビ」からストップできます
・ATMを利用するなら、三井住友銀行がお得
・モビット申込に必要な書類
・借入れ金額は1万円から〜最大800万円まで可能です
・モビット公式のスマホアプリがダウンロード出来ます

>>詳細ページへ<<

即日融資利用可能額即日審査企業名
可能
※1. 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※2. 14:50までの振込手続完了が必要です。
※3. 審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。
1万円〜800万円最短30分株式会社モビット

5位:プロミス レディースキャッシング

・平日はもちろん、土日祝日も即日融資が可能
・「フリーキャッシング」、「レディースキャッシング」がカードローン商品です
・初めて方にはプロミスがおすすめ
・プロミス申込に必要な書類
・一般的な申込みフロー

>>詳細ページへ<<

即日融資利用可能額即日審査企業名
最短1時間融資も可能1万円〜500万円最短30分SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

6位:オリコ クレスト

・個人向けのカードローンです
・即日融資は不可能、借入まで最短5営業日かかります
・オリコ クレスト申込に必要な書類
・選べる返済方法
・借入方法は銀行振込とATMの2つ
・所得証明書が必要なケースについて
・「eオリコサービス」により、明細書の送付も停止できます

>>詳細ページへ<<

即日融資利用可能額即日審査企業名
不可。最短5営業日。10万円〜500万円可能(平日なら13時30分までの受付で即日審査)株式会社オリエントコーポレーション

7位:楽天銀行カードローン

・最短で即日融資も一応可能ですが、ほとんどの場合、審査が数日かかります
・300万円までなら収入証明書が原則不要です
・消費者金融系よりも低い金利が特徴です
・楽天銀行カードローン申込に必要な書類
・借入方法は口座振込とATMの2つです
・返済は手数料のかからないこまめなATM返済がおすすめです
・入会で楽天ポイントがもれなく1,000ポイントはもらえます
・専業主婦でもOK、楽天会員ならさらにお得に利用可能です
・おまとめや借り換えにも使えます

>>詳細ページへ<<

即日融資利用可能額即日審査企業名
可能(カード受け取り前に振り込みで可能)10万円〜500万円最短即日楽天銀行株式会社

8位:じぶん銀行カードローン

・即日融資の方法
・借り換えとして利用することもできます
・じぶん銀行カードローン申込に必要な書類
・借入・返済方法
・利用明細書は発行されません
・消費者金融各社の即日融資における締切時間の一例

>>詳細ページへ<<

即日融資利用可能額即日審査企業名
可能10万円以上800万円以内(10万円単位)
※借り換えコースの場合、100万円以上800万円以内(10万円単位)
可能株式会社じぶん銀行

9位:新生銀行カードローン レイク

・即日融資も可能
・ほとんどの借入・返済手段が手数料無料です
・レイクには無利息期間があります
・レイク申込に必要な書類
・レイクもカードレスが可能
・レイクを利用すれば、新生銀行での振込手数料が無料になる

>>詳細ページへ<<

即日融資利用可能額即日審査企業名
可能1万円〜500万円審査結果をすぐに画面上で確認できます株式会社新生銀行

10位:オリコ事業主ローン「CREST for Biz」

・個人事業主専用のローンカードです
・審査は数日かかります
・利用中の銀行振込なら最短即日で対応できます
・”返済”時のATM手数料は無料
・明細書の送付も停止できる

>>詳細ページへ<<

即日融資利用可能額即日審査企業名
不明10万円〜300万円不明株式会社オリエントコーポレーション

11位:ビジネクスト

・無担保・有担保、それぞれのローン商品があります
・申込から契約までの流れ
・無担保ローン
・有担保ローン
・利用可能ATMはセブン銀行もあります

>>詳細ページへ<<

即日融資利用可能額即日審査企業名
不可(3日程度(土日祝日を除く))1万円〜1,000万円 ※新規取引時は上限500万円-ビジネクスト株式会社

12位:中央リテール株式会社

・一本化することで返済額が軽減されます。
・素早い審査で、最短では翌日に借り入れ可能です。
・おまとめローンのメリットについて
・困ったら…まずは相談からが基本です。

>>詳細ページへ<<

即日融資利用可能額即日審査企業名
不可(翌日なら可能)最高500万円可能中央リテール株式会社

13位:ビジネスパートナー「個人事業主向けビジネスローン」

・スモールビジネスローン
・不動産担保ローン
・ファイナンスリース
・割賦
・アイフルなら即日融資可能

>>詳細ページへ<<

即日融資利用可能額即日審査企業名
不可50万円〜500万円不可株式会社 ビジネスパートナー

-

プロミスは即日融資が可能

プロミスなら平日はもちろん、土日祝日も即日借入が可能です。
即日となると郵送でのカード受け取りは除外されるため、次の2つのどちらかの方法となります。プロミス三井住友銀行とジャパンネット銀行のインターネットバンキングで提携しているため、この2銀行の口座のどちらかをもっていれば24時間振込対応が可能です。
これは平日も土日祝日もどちらも対応しています。

即日借入を行う上での注意点

即日借入で最も注意すべき点は、申込画面で落ち着いて入力を行うことです。
審査が遅くなる最も多い原因は入力ミスによるものです。

もう一つはできるだけ早い時間に申し込むことです(午前中がベスト)。
いくら機械化が進んだといっても審査や契約手続きは人が関わることになりますの。
早い時間に申し込むことで入力ミスの対応もできますし、審査の過程の一つである在籍確認もクリアしやすくなります。

これはカードでの借り入れでも銀行振込による借入でも、どちらでも注意すべき点です。

無人契約機でカードを受け取る借入方法

これから説明する無人契約機でカードを受け取る借入方法なら、平日も土日祝日も流れは同じとなります。
受付・審査の時間帯や、無人契約機の稼働時間に平日も休日も違いはないためです。

違いが出るのは銀行振込による借入方法ですので、カードを受け取る方法なら平日か休日かで注意することは特にありません。

まずは申し込む

申込方法はいろいろありますが、最もおすすめなものはスマホかPCから申し込む方法です。
即日借入を希望するなら、およそ20時が申込の締切といえるでしょう。

申込の締切時間ではっきりしたものは決まっていません。
しかしプロミスからの審査結果の通知が電話連絡になりますが、これが21時までしか行われていないため、逆算しておよそ20時までに申込となるわけです。
これは審査がスムーズにクリアできると仮定した時間ですので、早く申し込むほど即日借入できる可能性は高いと考えてください。

ちなみに審査に落ちてしまった場合は、メールで連絡が来ます。

審査段階

申込からしばらくして審査が始まります。
審査は次の情報を総合的に判断して行われます。ひとつひとつ詳しく見ていきましょう。

申込時の入力情報

申込時に送信した内容です。
特に難しい項目はなかったはずですが、この画面は落ち着いて入力を行うことが大切です。
入力項目の不備は審査の遅れの原因となります。

信用情報

クレジットカードやカードローン、銀行からの借入などを行うと、その残高や返済の履歴を記録する専門の機関があります。
指定信用情報機関といいますが、ここに記録されている申込者の記録を照会し調べます。

ここに延滞や未返済の借入金の記録があれば、ほぼ審査に通ることはできないでしょう。

何度か遅れたことがある程度ならおそらく大丈夫です。

在籍確認

申込者の勤務先に電話をかけて本当に在籍しているかを確認します。
在籍確認は行わなければいけないことが法律で決まっているため回避することはできません。

カード会社の担当者が苗字だけを名乗って電話をかけてきますが、このときプロミス名は名乗りません。
これも名乗ってはいけないと法律で決まっています。

大体非通知でかけてくるか在籍確認用ですぐ変更される電話番号でかけてくるため、後で番号を調べられてばれるということは原則ありません。

在籍確認は職場の環境によっては大変厄介に感じる方もいると思います。
どうしても何か問題あるのなら、申込後にかかってくる電話で相談してみることもできます。

そもそも休日で在籍確認ができないことや、職場に自分宛にかかってくるような環境ではないことなど、在籍確認に影響がないと判断される範囲で対応はしてもらえます。

契約手続き

全てがプロミス判断でクリアできた場合、審査通過となります。
審査通過の場合はほぼ電話でかかってきます。
落ちた場合はメールによる連絡が多いです。

カードによる即日借入の場合は、無人契約機に出向くことになります。
カード郵送ですと日数がかかるため、即日借入ができないためです。

この際、無人契約機で契約手続きも同時に行うことになります。
手続きの内容や必要書類は審査通過時に教えてもらえますので、忘れずに持っていきましょう。

審査通過後はその場でカードが発行されます。

借入する

ATMで借入する場合、気になるのは手数料です。
プロミスカードの利用でATM手数料が完全無料であるのは、プロミス自社ATMと三井住友銀行ATMだけです。

使えるATMは都市銀行やコンビニなども含まれますので24時間利用することはできますが、これらのATMは手数料がかかります。

プロミスは自社ATMのほかに三井住友銀行のATMも無料なので、大変便利です。

三井住友銀行またはジャパンネット銀行の口座振込による借入方法

プロミスの銀行振込は、三井住友銀行またはジャパンネット銀行(以下、2銀行)の口座があれば、土日祝日でも対応可能になります。
まずは2銀行の口座を持っている場合の手順を説明していきます。

まずは申し込む

申込ですが、2銀行口座があればカードによる借入と全く同様になります。
スマホかPCによる申込が便利です。

銀行振込が24時間対応可能であったとしても審査は人が行うため、申込はカード借入の場合と同じく、最も遅くておよそ20時が締切となります。

審査段階

審査についてはどの申込方法でも変わる事項はありません。
カード申込と同様に21時までに審査結果の連絡がなければ、翌日以降に連絡が来ることになります。

契約手続き

銀行振込による即日借入なら、無人契約機に出向く必要はありません。
契約手続きはメールやアプリを介して行うことができます。

カード発行を希望する場合は郵送が可能ですし、プロミスならカード発行自体なしを選択することもできます。

カード発行なしは申込が家族に秘密である方などに人気ですが、借入・返済方法が限られますので注意が必要です。
詳しくはこちらを参照してください。

借入する

三井住友銀行またはジャパンネット銀行の口座であれば24時間、平日休日関係なく振込が可能です。
手続きは会員画面から行うことができます。

銀行振込自体は手数料がかかりませんが、銀行から出金するときに時間帯によっては手数料がかかる可能性がありますので、その点は注意しましょう。

三井住友銀行またはジャパンネット銀行以外の口座振込による借入方法

もちろん上述の2銀行以外の口座にも振込可能ですが、平日のみ可能であり、振込依頼にも時間制限があります。
土日祝日では申込から契約手続きまで可能ですが、振込自体は銀行の翌営業日となります。

2銀行”以外”かつ平日の即日借入となると、締切時間は最も早くなります。
14時までの契約手続き完了と14時50分までの振込手続き完了が必須です。

まずは申し込む

審査がスムーズに進むことを仮定するなら13時までに申込を完了することがギリギリのリミットになるでしょう。
理想は前日の夜から当日午前中の間に申し込んでおくことです。

審査段階

審査方法は同じですが在籍確認もクリアする必要があるため、申込は早ければ早いほど当日中に借入できる可能性は大きくなります。

契約手続き

14時までに契約手続きを終える必要があるため、13時30分くらいまでには審査通過の連絡を聞きたいところです。

銀行振込を希望していますので、無人契約機に行く必要はありません。
メールやアプリを利用して契約手続きを行います。
これを14時までに完了させなければいけません。

借入する

2銀行以外であれば14時50分までに振込手続きを完了させなければいけません。
振込手続きは会員サービスにログインし時間内に行えば、数秒で振込が実行されます。
この時間を過ぎると、翌営業日での振込になります。

およそ13時までに申込完了、14時までの契約完了、14時50分までに振込手続き完了とそれぞれ締切時間があるわけですが、どこかの段階で締切を過ぎてしまっても、カードを受け取る借入方法に変更すれば即日借入はまだチャンスがあります。

  次のページへ>>